相互リンク先の更新情報!

【友達】ゆっこ【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


台風が来てるけど大丈夫ですか?

きのうの夜、こんな日だからきっと誰も歩いてないと思って、全裸で外に出ました。そしてそのまま門から外の道に出ました。

思ったとおり人がいなかったので、20メートルくらい歩いてみました。

裸で道を歩いてるなんて、それも雨に濡れながらで、胸をかくしてた手に当たってた乳首がツンツンになってて、自分で触りながら歩いてました。

勢いで歩いているうちはよかったけど、気がついたらこわくなって、そうしたら寒くなってきてあわてて家に戻りました。

もし後ろから見られてたとしたら、きっと見てた人はびっくりしたと思います。

朝、勝手口がぬれてて、親になにか言われるかと思ったけどなにも言われませんでした。雨の日は気をつけないとダメだと思いました。



寒くなってきたので、夜の外の露出はちょっときびしいです。

それで、野外じゃないんだけど、きのう学校の用具室で露出してきました。

全裸じゃなくて胸と下半身を出しただけだけど、マットの匂いとかで「こんなところで悪いことしてる」って感じました。

時間がなくてそれだけで終わりにしたけど、家に帰ってから、あそこで裸になってマットに寝ころんだりしたら、もっとすごいことになってたかも、なんて思いました。

少しずつ違う自分になっていっちゃってるのがわかって、怖いのとドキドキが両方です。



今日、部活のあと忘れ物をしたことにして学校に戻って、体育館のカギがかかってないことを確かめて用具室にいきました。




そして誰もいないのをもう一度チェックしてから深呼吸して、服を脱いでマットに寝ころびました。冷たくて、思わずぶるぶるっとしてしまいました。

もう暗くなっている学校の中で裸になってるなんて、すごいことしちゃったと思いました。でもせっかくのチャンスだからと考えて足を立てて開いたり、いやらしいポーズをしていたら興奮してきて、バレーの支柱におしりを押しつけたりしながらオナニーをしてしまいました。

誰かきたら隠せない状態でした。でも止められなくてすごく気持ちよかったです。

そのあとはあわてて服を着て家に帰りました。でも、なにか忘れ物をしてきたんじゃないかと今心配になってます。

あしたまた早く行って確認するつもりです。

今月にも載せてもらってありがとうございます。

他の人のもすごいなぁと思いながら読みました。

それと、露出オトメ2のサンプルも見ました。人に見せるための露出じゃなさそうなのが私に近いと思います。

ムリだと思うけど、買って全部見てみたいです。

それに刺激されたわけじゃないけど、今日は学校からの帰りに公園のトイレでソックスだけ残して全裸になってみました。大きめの公園なのであまり暗くなくて、だけど雨が降っていたから人もいそうになかったので、思い切ってしてみました。

本当はそのまま外に出たりすれば野外露出になるのに、勇気がなくてこっそりドアをあけてみるだけでほとんど個室の中だけでした。でもいつ人が入ってくるかと思うと、それだけでどきどきしてしまいました。

帰りはノーブラノーパンでした。

でも身障者用や洋式のトイレじゃなかったので、できればちゃんとした棚やフックが欲しかったです。



「後一歩のところまで来ているみたい」って言われたけど、後一歩ってどこなんだろうって考えてしまいました。

やっぱり人がいるところでの露出なのかな。でもまだ勇気が出ません。

インフルエンザで部活が休みになっちゃって、でも今日は夕方も暖かかったので家に帰ってから自主練習でランニングをしました。

でも本当は露出がしたくて、ウィンドジャケットとジャージの下は何も着ないで行きました。

川沿いの堤防までゆっくり走って、そのまま川の方に下りてススキの中に入って行きました。絶対に一度はここで露出しようと思っていたところです。

暗くなっていて堤防のほうからも見えないはずなので、そこでジャケットを脱いでジャージも膝まで下ろしてみました。

最初は中腰になっていたのに、そのうちに大胆になってジャージも脱いでススキの中を裸で移動してみました。ちょっと離れただけなのに、ずっと裸でいるような気がしてどきどきしました。

乳首も立っちゃってて、このままじゃ帰れないと思ったのでオナニーしてしまいました。

ボーッとしていたら暗くなりすぎて、ジャケットやジャージのある場所がわからなくなってものすごくあせりました。

あのまま見つからなかった時のことを想像すると、家に帰ってきたあとも

ちょっとドキッとしてしまいます。



ススキの中で裸になった人いるんですね。私だけじゃなくて良かった。

服が見つからなかったら家まで全裸なんて、想像してすごいなあと思うけど、実際にはムリです。本気であせりながら探しました。

今日は友だちとそのカレとその友だちで映画を見に行って、そこでパンツの横紐をほどいてみました。ごそごそしてて変に思われたかもしれないけど、映画よりそっちに集中してました。

でも黒タイツはいてたし、ほどいただけだからノーパンじゃないけど、そのままお茶したり電車に乗ったりですごく変な感じでした。

帰りは雨が降っていたので、またこの前裸になった公園のトイレに行って、そこでタイツも脱いでノーブラになって家に帰ってきました。

次は全裸コートとかもしてみたいです。



こんばんは。

伝言板にベンジーさんからの返事がのるたびに、次の露出とかを考えちゃいます。

それで、さっき庭に出て全裸コートの練習みたいに露出してきました。

日曜日に庭の木にちょっとしたイルミネーションを飾って、クリスマスの雰囲気になっているので、裸の上にコート着て外に出て、木のかげでイルミネーションと反対を向いて、前をパッと開いてみました。

すごく寒くてブルっとしたけれど我慢して、それからその格好のまま今度は明るい方を向いてみました。

青や黄色のライトに胸やおなかが照らされて、なんだかステージにあがってるような気持ちになりました。

ほんのちょっとの時間しか耐えきれなくて家に入りましたが、まだ震えてます。

なんだか見せる露出にも目覚めたかも。やばすぎです。



広げる練習っていうか、週刊露出の写真みたいにしたほうがいいかなと思ってしました。

見せたいのか、偶然で見られたいのか、まだわかりません。

でも少しは、人がいるところでもしてみたいかなぁと思います。

今は部屋をあったかくして、裸になってます。

今日は学校から帰る途中で、この前の河原に行きました。もうまっ暗で、でも人に見つからないようにススキの中に入って、そこでタイツとパンツを一緒に膝の下まで下ろしました。

上はコートと制服の上着とブラウスの前をあけました。ブラは学校から外してきてました。

風が吹いて寒いのに体が熱くて、露出してるって感じてました。

河原から家まではコートの前だけ留めて、タイツもスカートのちょっと上まで上げただけでおしりは出したまま帰りました。

少し勇気が出たので、週末は全裸にコートかロングパーカーにチャレンジしてみたいです。



こんにちは。今、家に帰ってきました。

全裸でロングパーカーとブーツだけでTUTAYAに行ってきました。

パーカーは厚めで膝上10センチくらいの長さがあったから、絶対裸だってわからないと信じて行きました。でも、歩き出したら自分が一枚しか着てないことが心細くなってしまいました。それに歩道橋を渡るところもあって、最初は遠回りして信号のあるところを渡りました。

で本を探してるときも、後ろに人が立ったりするとどきどきしました。

そして一番緊張したのは、レジの前に並んでいたとき、カードを落としてしまったことでした。屈んでもおしりが出ないことはちゃんと確かめていったのに、息を止めながらものすごく変な格好で拾ってしまって、もう顔が真っ赤になりました。

外に出たときは、思わずため息をついてしまいました。

帰りは公園に寄るつもりだったので、すごく早足で歩いて、歩道橋も思い切って渡りました。後ろから来る人もいなくて良かったです。

でも下りるときは前から人が来たので、買った本の袋を前にしてガードしながら下りちゃいました。

公園ではまたトイレに入って、パーカーをめくって確かめてみたら、知らないうちに感じてたのか濡れてました。

そこでまたしちゃって、ボーッとした感じで家に帰ってきました。

ばれなかったけれど、すごいことをしちゃった気持ちです。



クリスマスに露出したいと思ってたのに、寒くてできませんでした。

それで今日は午後、親が出かけてるときに、家の中で裸になっていました。

廊下で服を脱いでわざとその場に置いて、階段を下りてから南側の陽のあたる廊下に行ったり、リビングに行ったりして、また廊下に出たとき、玄関に人影が見えてチャイムが鳴りました。

そこでカギをかけてないことに気がついて、すぐキッチンの方に飛び込みました。

宅急便の配達でしたが、玄関は勝手にあけないはずなので、手で胸と前を隠しながらそっとまた廊下に出ました。なにかあればキッチンに戻るつもりでした。

不在の用紙が入れられたときは、そのガサガサって音でもすごく緊張しちゃいました。配達の人には悪いとおもったけれど、ドアを隔てて裸で向かい合ってたと思うとドキドキしてきます。

それと、庭でしてたパーって全部見せるようなのより、手で隠してたほうがなんとなくエッチな感じがしました。


告白体験談関連タグ

||||||||||||

【友達】ゆっこ【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月13日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ