相互リンク先の更新情報!

【友達】露出癖 4【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


この街の人はハダカに慣れている。

秋には子ども神輿と言うのがあってハダカで担ぐのだ。

12歳までの男女が基本だ。

文字どうりハダカで担ぐ。

だから子どものハダカは風景の一つなのだ。

ミチはデパートに入り服を探す。

買うのでなく見たいのだ。

ウロウロ動き回る。

大人達はミチに逢うと男の子だと勘違いする。

しかし割れ目を見て女だと気づく。

二時間後帰りのバスの中に居た。

9月、学校が始まった。

ミチの露出癖がエスカレートした。

室内ではほぼ全裸。

アパートなので部屋にトイレはない。




なので全裸で行く。

僕のとこへもハダカで来る。

ミチのお父さんの仕事は出張が多い。

そんな時僕の部屋でご飯を済ませ自分の部屋に帰り裸で過ごす。

クラスでノーパンがばれた。

彼との約束があってノーパンなのだとミチは言った。

そして僕の名を出した。

ミチは僕の彼女として認められた。

全校行事ではミチは何時も僕の隣に居た。

翌年僕は中学へ。

ミチは五年生に進級。

間もなくミチのお父さんが仕事中の事故で死亡。

ミチは僕の親が引き取り新たな街へ移り住む事になった。


告白体験談関連タグ

|||||

【友達】露出癖 4【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月14日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ