相互リンク先の更新情報!

【フェラチオ】私の体験談【告白体験談】

カテゴリー:フェラチオ告白体験談
tag:


先日、このデータベースをたまたま見つけて

ちょこちょこ読んでいたら…

たまらなくHがしたくなっていました。

昨日、今日あった出来事を書かせてもらいます。

私には週に1.2回会うパートナーが居て、

会った時は大体Hをしています。

私も相手も30歳付近なので、何度も何度も…というHはしませんが

いつも、前戯合わせて1時間半位はしてると思います。

私の体ですが、まだ相手との関係が浅い時には、興奮し過ぎるのか

触られてもいないのにキスするだけで濡れてしまい、

彼のモノを入れる時には、太腿にまでたれてくる程濡れてしまいます。

付き合いが長くなるにつれて、慣れもあるのか…触られないと

濡れなかったりするのですが、ここを読んで会ったら

彼の体に触れるだけで、キュンとしてしまい

キスをしただけで、自分が濡れているのがわかる位、感じてしまったのです。




普段自分からは、Hしたいなんて言わないのですが、

早く彼のおちんちんを入れて欲しくてたまらなくて、

昨日は自分から言ってしまいました。

私から責めました。

唇から首、肩、胸…と唾液たっぷりに舐めながら段々下がっていきます。

彼の口からも「あ…」という声が漏れてきて、私はますます興奮…。

おちんちんに触れてみると、かなり大きくなってました。

パジャマの上から、おちんちんの形状を覚えるかのように

手でゆっくりさすって…

お口でも先っちょをくすぐるかのように、なぞりました。

パジャマとパンツを脱がすと

大きくパンパンになった彼のおちんちんが…。

触りたくて舐めたくて、待ち焦がれたおちんちんです。

かりの辺りから先っちょをチュパチュパくわえたり、

筋にそって下から舐めたり、

お口に入るところまで入れて、味わいました。

彼の感じている時の、おちんちんがググッと反り返る感じがたまらなく

いくらでもお口でしたい位でした。

もう無理…ということで

今度は彼にしてもらいます。

勿論、既に私のパンツは前戯なんて要らない位にビショビショに濡れています。

でも、彼は私の胸の先端を指で挟みキスをしてきます。

もう、それだけで「あぁぁ…」と声が出てしまいます。

待ち焦がれていたこの感覚。

早く彼のおちんちんで突いて欲しい。グチャグチャにしてほしい。

そんな風にずっと考えていました。

彼がお口で私の濡れている部分を吸ってきます。

そして、指を穴に入れてお腹側の壁をゆっくりさすりながら、クリちゃんを吸ってきます。

もう…それだけでもイってしまいそう…。

「どんどん溢れてくるよ」なんて言われて、恥ずかしさでますます感じます。

「私もお口でしたいの…」そう言うと、彼は「いいよ。でも俺もするよ」と

お互いのモノをピチャピチャ…。

彼との69は初めて…

今までの人とのHでは大抵してたのですが、彼とはしたことなくて

嫌なのかなぁ?なんて思ってました。

私が上にのる感じで、口と手を使って、彼のおちんちんを舐めます。

なんでしょう、愛おしくて愛おしくて…。ずっと舐めていたい。

本当にそう思いました。

すっごい硬くて張っていてエロいんです。

かりのちょっと下がぷくっと太くなっていて最高。

彼も私のクリちゃんを舐めながら、穴に指をいれて出し入れしてます。

イってしまいそう…。

頭がもうろうとなって、恥ずかしいを通り越して…。

多分、凄い声だったと思います。

気持ち良くて我を忘れてる感じの…。

それから、私がもう限界になってしまったので、

腰を引くと、彼もわかったのか口を離しました。

そして、私が彼の上に…。

恋い焦がれていた彼のおちんちんなので、入れた瞬間に

自然と「あぁぁ……」と声が漏れました。

彼も感じているみたいです。

両手で私の胸のさきっちょを摘まんできます。

もう、気持ちよ過ぎて最高…。

彼のおちんちんが私の中に入っている…そう考えると

ますます興奮してきて、腰が動いてしまいます。

その都度、クチュックチュッとエッチな音がします。

かなり声をだしちゃいました。「あぁん…あっあっ……ダメっ…」

気持ちよ過ぎてダメ…ってことなんですが、

私の口癖だったりします。(みんなそうかな?)

彼のおちんちんが中でこすれ、

私のふくれた敏感なクリちゃんが彼の下腹にあたり

何度も何度もイきそうに…。

我慢して我慢して、彼の腰使いでいきたいと思っていたのですが、

彼の親指が私のクリちゃんを触ってきて、

もう片方の手は胸の先端をクリクリ…。

私の奥まで入る様に腰を上げてきたので、

もう耐えられなくなって、

「イクっ…イクっ…あ…あ…ダメ…あぁぁ…あぁ… あ、あ、あああぁぁぁん」

とイってしまいました。

その後、彼が「バックでしたい」というので、

胸をベッドに押し付ける感じで、彼の方にお尻を突き出しました。

「どこかな…ここかな…?」って彼はお尻に入れようとします。

「だめぇ…そっちじゃないぃ」なんて朦朧としつつ答えていたら、

ズズッ!!っと彼の太いおちんちんが、私のお◯んこに入ってきました。

「うはぁっ!あぁ!」つい声が出てしまいます。

彼は激しく突くというより、奥の方を味わいながら突いてくるのです。

その痺れる感覚に、私もかなり感じて、穴がキュンキュンしてしまいました。

円を描くように、彼は私の奥をおちんちんでかき回します。

「凄い…ぐちょぐちょだよ…」

「あぁ…だって、だって…気持ちいいんだもん…」

今、クリちゃんを刺激されたら、またイっちゃうな…と思っていた時、

彼の親指が、お尻の穴の付近に!

「だめぇー…お尻だめぇ。入っちゃう…入っちゃうよぅ…」

と抵抗していましたが、指をどけてくれません。

「あぁ…入っちゃいそうだ…あぁ…あぁ…」と

彼もかなり興奮してる様子。

お尻の穴を触られると、入らないようにキュッと締めてしまうので、

必然的に、お◯んこの方も締まるみたいなので、

彼がかなりキツイって言ってました。

本当は、もっと突いて欲しい。めちゃくちゃにして欲しい。

と思っていたのですが、流石に恥ずかしくて

そこまで言えませんでした…。

一度おちんちんを抜いて、

正常位に体勢を変えて、再度IN。

この入る感覚…最高です。

彼のおちんちんと、私の中の壁がこすれてズズズ…と…。

正確には、濡れ過ぎていて摩擦は殆どなく、いやらしい音がするだけですが…笑

そのうち、彼は私の伸ばした足を上に持ち上げて、ガンガン突いてきます。

彼のおちんちんが、私のお腹側の壁にあたって、ジンジンします。

「あぁ、それだめ…何かが漏れてしまいそうになる…あぁ…」

私がそう言うと、彼は

「いいよ…出しちゃえよ…」と言います。

流石にそれは怖いので、我慢しますが、いつかそれを通り越したら、

潮をふくのでしょうか?

おしっこが漏れてしまいそうで、その先に行けていません。

そして彼が「俺もイっていい…?つかまえてね…」と言って

お◯んこの入り口付近で激しく出し入れした後、

私のお腹の上に彼の精子を

ドッドッドッ…と出しました。

「汗かいちゃったね」と一緒にシャワーを浴びて、

私は彼のおちんちんを口でキレイにしてあげました。

タバコを吸って一服している間も、私は彼にくっついていて

また私のパンツが濡れていくのがわかりました。

流石に、短時間で彼は2回も出来ないので

「明日の夜もHしようね」っと言って寝ました。



そして今日の朝、2人とも早めに目が覚めて、またHしてしまいました♪

彼は日曜日ですが仕事なので、20分くらいで済ませましたが、

それでも2人共いきました。

私は彼の家でお留守番。

今日の夜、どんなHをするのか今からワクワクしています。


告白体験談関連タグ

|||||||||

【フェラチオ】私の体験談【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月14日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

このページの先頭へ