相互リンク先の更新情報!

【友達】千恵子の事【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


千恵子、36才。163cm.B.86.W56.H96

お尻の大きな日本女性離れした、ボン、キュ、ボン体型。

独身で男性経験は少ないが従順で献身的、清楚で真面目な雰囲気ではあるが、男日照は間違いない。

背が高く、ウエストがキュッと括れ、それと不釣り合いなくらいボンと突き出したヒップ、タイトスカートの

後姿はもう、むっちむっちで下着のラインもはっきりと分るくらいだ。

顔はちょっと佐藤寛子に似ている気がするが、私だけって感じもする?

まだ、調教中だが私の性欲と性癖を満足させてくれる、最高の雌豚性処理奴隷だ。

当時、禁煙と分煙とか言われ始めてた頃で、うちの課の男子は8割がた喫煙者、

女子社員は逆に喫煙者は少なく、喫煙が少々社内問題化していた。

そんな中、彼女から男子営業社員の事務所内禁煙を進言して欲しいと相談された。

彼女の相談を受け、私は上司に進言、事務所内は禁煙となり、

喫煙は休憩時間に喫煙コーナーで吸う事になっていた。

彼女には、遠まわしに誘うよりは単刀直入に取引を申し込んだ

上司に進言し、認められた場合は成功報酬として私に一晩抱かれる事。

彼女は少しの間、下を向いて考え「良いですよ、それから課長もタバコを止めて下さい」




私は快く「あぁ良いだろう」一発やったら、また吸えば良いだろうくらいに考えていたからだ。

私はその後、タバコを止めた。

なぜなら、成功報酬を受け取った後も彼女との関係は深くなっているからだ。

その後の性行為は次第にエスカレートして行き、回数を重ねるごとに彼女の会社での清楚さとベッドの上での淫乱さのギャップがたまらず、更なる性欲を掻き立てるの存在となっていった。

奴隷契約書・・・

「スゴイ・・なに?この契約書」

「この間話した、プレイの一つだよ、お互いに成りきるんだ。いいね」

彼女は奴隷契約書を何の質問もせずに、ただ読みふけっていた。

A4の紙にwordで3枚、細かく書いてある

私を御主人様と言う事、自らは雌豚と呼ばれる事、その他、身体に傷つけない事や他人に晒さない等

彼女のプライバシーには配慮した内容だが、基本的には2人だけの時にはなんでもありの内容だ。

「う~ん 分ったわ」

「それじゃ、署名捺印して。今からスタートだ」

「早速、梯毛するよ」

「ハイ」

バスルームで十分に温めて軟らかくした陰毛を備え付けの髭剃りで「ジョリジョリ」

傷付けないように気をつけながら、梯毛していると透明の液が・・・

「ヌルヌルだよ、滑ってよく剃れるね」

「ぁぁあぁんぁんあぁぁぁ 言わないでぇ 恥ずかしいわぁ」

剃りながら、指を割れ目に挿し入れると「あぅん」上気した顔を仰け反らせる

「もう、綺麗になったよ」

いやらしいマンコが露になっている、もう何度も如意棒を突っ込んだマンコだが

綺麗に梯毛され、何の隠しようもない無防備なマンコをじっくりと見ていると、なんとは無しに

美味そうに見えてくる。

「バスタブに手を付いて尻をこっちに向けてご覧よ」

「こうですか?」

「そう、脚を少し開くんだ」

黙って肩幅程度に脚を開いてゆく、股の間から恥ずかしそうな彼女の顔が良く見える。

「あぁぁはずかしぃ あんまり見ないでぇ」

私は彼女の大きな尻を両手で掴むと割れ目に如意棒を突き刺した。

「もう、ガマンできんよ この、エロ尻を見ているだけでパンパンだよ」

「あぅぅぅ すごい・・・すごい・・・いいぃぃ・・いいぃぃわぁぁ・・」

「トロトロだな、この雌豚がぁ スケベなんだな!」

「はぁはぁぁぁはぁうぅぅぅ スケベだなんてぇ言わないでぇぇぇぇあぁぁぁぁぁぁぅうぅ」

彼女を立バックで突上げながら、ある衝動に駆られた・・・この尻、叩いてみたい

真っ白な大きく丸い尻の一番肉の付いている部分を3割程度の力で「パシッ」と叩いた。

「あぁ~~~」と大きな声を上げてマンコがキュッとしまるのが分った。

「痛かったかい?」

「大丈夫、痛くないからもっと叩いて下さい」

私は大きな音を出すように「パ~ン、パ~ン」バスルームに響き渡る、彼女のあえぎ声。

「ああああぁぁぁぁぁぁ~いいいいぃぃぃ~あああぁあああぁぁぁ~うっうっあっあっ」

尻肉が赤くなってくる、私の動きも一層激しくなり

「イクッイクッ逝くのぉ~」

まるで普段の彼女からは想像すら付かない声を出して、膝から崩れ落ちてゆく、

私の如意棒も尻の割れ目を滑るようにマンコから抜ける。

崩れ落ちた彼女の前へ、ヌルヌルベトベトの如意棒を突き付け

「咥えろ!扱け!」矢継ぎ早に命令する

如意棒を咥えると首を振りながら「ジュッコジュッコ」といやらしい音を立てしゃぶってくれる

射精感を覚えた私は彼女の頭を左手で掴むと如意棒を口から離し、

「雌豚!出すぞ!」

そう言って彼女の顔に射精した。

「あぅっ んぅ~ はぁはぁはぁぁぁぁ す・ご・かったわ」

「すごいです。御主人様だろ!敬語を使え雌豚!」

「はい。凄かったです御主人様」

白濁した精液に塗れた顔で見上げられると、今度はどんなプレイで調教してやろうか楽しみになってきます。

性欲と性癖を満足させてくれる、最高の玩具だ。

【野外活動】

雌豚奴隷へ

待ち合わせはいつもの所で、服装はノーパンノーブラで来るように、到着したら即フェラで奉仕の事。

早く、雌豚を調教してやりたいよ、雌豚のツルマンコをトロトロに舐めまわしたいよ。

私のメールに・・・

御主人様へ

分りました。

出来る限り御主人様のご希望に添えるように致します。

私も御主人様のチンポ君が早く欲しいです。

奴隷契約書を交わしてから、セックスの嗜好がややSMっぽくはなっていった、

メールではお互いを御主人様、私は彼女を思いつく限りの侮蔑言葉で呼んでいた。

たとえば、御主人様専用淫乱雌豚性処理奴隷とか性玩具とか性処理便器etc.

待ち合わせの駐車場、夕闇の中1人で立っている。

車を横付けして、フレアータイプのワンピース姿の彼女は少し笑みを浮かべながら車に乗り込んでくる。

車を出すと直ぐに

「まくって見せて」雌豚は黙ってスカートの裾を捲り上げる、そこにはツルツルになったマンコが直接

視界に入ってきた。

胸元に手を入れると、張りのある乳房とコリコリに起った乳首が直接触れた。

「舐めてくれる?」

彼女はハンドルを握る私の股間に手を伸ばし、如意棒を引き出すし辛そうな体制でそれを咥え舌を絡ませる。

体勢の悪い彼女はシートの上に両膝を乗せ、正座して前屈みで私の横から如意棒を咥える格好だ。

尻を助手席の窓に向かって持ち上げるような感じなっている、ワンボックスタイプの車高が高い車なので

乗用車からは車内は見えない、左側の車線を走っているので簡単には車内を見られる事はないが、

大型トラックなどからは見える可能性はあるだろう。

「外から見えない?」

「大丈夫だ、お前、周りの車の車内は見えるか?」

私は彼女のスカートを捲り上げる、真っ白な大きな尻が車の計器の薄明かりに浮かび上がる。

彼女はフェラチオを止めない、と言うか止めさせない。

信号で止まると左隣に乗用車が止まった。

彼女の尻越しに隣の車内が見える、若い男が前を向いて信号待ちをしている。

尻を叩いてやる「パシッ!」「あんっ」隣の車がこっち見てるよ、意地悪を言って見る。

慌てる彼女、「大丈夫、気付いてないから、でも、今動くと分っちゃうからじっとしてて」

また、私は彼女の白くて大きな尻を叩く「パシッ」「あんっ、うぅぅん」車が動き出すと

安心したように、座りなおす。

彼女を個人的に虐めるのは、たまらない快感だが、他人に晒すのは気が引ける。

彼女は右手で如意棒を擦り続けている、私は左手で彼女の股間に手を伸ばし潤みの割れ目を数回なぞってみた。

「あっ良いよぉ~」

「ワンピ脱げ、脚を開いて見せろ」彼女は助手席を倒しで全裸になり、脚を広げ指でマンコを左右に広げて見せ、

「あぁぁ、は、はずかしぃよぉ」

私は用意していたデジカメでパシャ!っと何枚か写真を撮り、

最近はデジカメでハメ撮りするのはプレイのひとつになっている。

そのままの格好で車を走らせ近くの浜辺へ車を乗り入れ、波打ち際で車を止めた。

野外活動の始まり。

全裸のまま彼女を外へ連れ出し、月明かりの下、野外で彼女を撮り捲る。

整備された駐車場や自動販売機の前、遊泳禁止の看板に脚を掛けマンコを潮風に晒しながらや

テトラポットに登り付いての開脚ポーズ。

彼女もなれたもんで、私の要求したポーズを取りながら、マンコに濡らしている。

立ったままテトラポットに手を付かせ尻を突き出させると、デカイ尻の割れ目に舌を這わせる。

「あぁぁ~、いいぃぃぃ~、きもちぃぃぃぃぃ~」私は指でクリトリスを擦りあげると同時に

月明かりに浮かび上がる真っ白なデカイ尻を予告無しに「パシッ!パシッ!」と叩いてやる。

「あっ!うっ!あっはぁぁぁぁぁ~ん、ダメダメ、いきそぅぅですぅ」そう言って膝を折ってしゃがみ込んだ。

「逝った?」

「はぁはぁはぁ、逝きました」

私はそのまま彼女に如意棒を咥えさせ「じゅっこ、じゅっこ、じゅる、じゅる」音を立てながら、

根元まで呑み込んで行く、と亀頭が感じた事のない感触に襲われた、もう一段階咥えこまれた感じだ。

これがディープ・スロートか、喉の奥で締め付けられ、もうひとつ挿入感が感じられる。

「うぐぅ、うぐぅふぅぅ」どうですか?

「すごいよ、気持ちいよ

十分に大きくなったところで、前屈みにテトラポットに手を付かせバックの姿勢で如意棒を突き挿した。

肉と肉がぶつかり、白い尻肉が波打つ、腰骨を掴んで突上げると「ぃ、ぃ、ぃぃぃよぉぉぉぅ~」

絞り出すような声で「はぁはぁはぁぅ、はぁ~ん」激しさを増し、グリグリとローリング、ズンズンと

ピストン、如意棒の根元を支点に8の字にマンコを掻き回す。

やがて、「あぁはぁあはぁぁぁぁ~いったぁ~そごぃ~」野外でのセックスと言う事もあって、快感は

2倍増しのようだ。

膝を合わせて突き出された尻の両臀部を、親指で割りながら、更に深く如意棒を突き刺してゆくと

私にも射精感が小波のように押し寄せてくる。

「出るよ、どこに出す?」

「口にお願いします」そう言って彼女は私の前に膝間付いてヌメヌメの如意棒を扱き上げる。

間も無く、「どっぴゅっ、どっぴゅっ、どっぴゅっ、どくどくどくどくん」彼女の口元を中心に吐き出された。

彼女は滴る精液をものともせずに、如意棒を綺麗に舐め上げお掃除してくれる。

全裸の彼女の上半身は私の精液でダラダラになったままで、しばし放心状態。

一連の行為は勿論だが、そのいやらしい姿はしっかり私のデジカメに記録されている。

その後は近くのラブホでシャワーを浴び、野外の思わぬ汚れを落としてベッドで延長戦に入るのが

一連のコースになっている。

ベッドでは大の字に寝た私の身体を隅々まで丁寧に舐め、股間の如意棒をジュルジュルと口で扱きあげると

私の身体を跨ぎ、こちらに尻を向けての騎乗位で如意棒を飲み込んでいくヌメッっと容易に滑り込む

「あぅあぁぁいぃぃ~」

腰の括れたデカイ尻はスパンキングでピンク色に染まり、私の手形が分る痕さえある。

ピンク色に染まった尻を上下前後左右に巧みに動かし私を快楽へと導いて行く、

と同時に自らも絶頂へと上り詰めて行く。

「あぁっはぁぁぁ~逝ったぁ~」

丸見えの結合部がヒクヒク微妙な動きを見せたかと思うと、おもむろに腰を上げ如意棒を咥え込んで吸い上げる

私はたちまち彼女の顔へ2度目の射精液をぶちまけた。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||

【友達】千恵子の事【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月14日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ