相互リンク先の更新情報!

【露出】岩だらけの海岸で裸で泳いでみたい【告白体験談】

カテゴリー:露出告白体験談
tag:


あまり人のいない、岩場だらけの海岸で泳いだ。

岩かげで、海パンを脱いで、裸で寝てた。

気がつくと、女の子供が二人横にいた。

 「こんちわ」  

あいさつしたら返事してくれた。

 「近くに住んでるの?」  

 「学校は、いつまで休み?」

いろいろ話した。 

二人は、おれの勃起チンポをにやにや見てた。 

どうせ子供だと思って、おれはふざけて、

 「さわってみてる?」

と聞いたら、「うん」といって、ほんとにさわりはじめた。 

まず、背の低い子が勃起ペニスをつかんだ。  

口でくわえて、上手になめはじめた。

すぐ口を離して、もうひとりの背の高い子に「交代だよ」といった。 




背の高い子は、にぎったまま「どうするの?」と聞いてた。

背の低い子が

 「右手でこう握って、しごいて、ゆっくりね。

  袋の底を、左の手のひらで、さするんだよ」

とおしえた。そして二人がかりで、おれの勃起ペニスにさわった。

小学生だよね?何年生?ときいたら二人とも5年生。

背の低い子供に「きみ上手だね?」ときいたら

 「いつもお風呂で、父さんにしてあげるの」

と言った。

おれは、背の高い子に後ろから抱きついて、

子供ショーツに手をいれてみた。

われめはヌルヌルだった。

 「じゃ、エッチしようか」

そう言ったら、耳まで真っ赤になった。

名前をきいたら、「ミチカちゃん」。

おれは、ミチカちゃんの子供ショーツを、

くるくる巻きにして、下までおろした。

裸になったミチカちゃんを岩にすわらせて、 

太腿をおれの両肩に乗せて、子供まんこを口で吸った。 

腰をかかえて、ミチカちゃんの狭いわれめに、

ゆっくり挿入した。

やっと先のほうが入ったけど、それ以上は無理だった。

背が低くて上手な子は、「セッちゃん」だった。 

 「じゃ、今度はセッちゃん」

そう言ったら、セッちゃんは自分で素っ裸になった。

おれは岩に座った。裸のセッちゃんは岩にとび乗って、

裸で、正面からおれにぴったり抱きついてきた。 

おれは、ぺたんこの胸に顔をつけた。

セッちゃんは、ゆっくり勃起ペニスに腰をおろした。

われめの奥までぬるっと挿入できた。

おれはセッちゃんの腰をつかんで、ふったり、おれに押付けたりした。

射精しそうになったので、自分でチンポをしごいて、

「見てて」といって、精液を2〜3回飛ばしてみせた。 

誰かが、おれたちをのぞいて見てた、そんな気がした。

この岩場の海岸では、裸で泳ぎたくて、遠くから来る客がよくいるらしい。

男性だけでなく、女性客も裸になる、と。

地元の人はそれを知ってて、のぞきに来る。 

その日も二人の子供は、男の陰毛や性器が見たくて来たらしい。 


告白体験談関連タグ

|||||||

【露出】岩だらけの海岸で裸で泳いでみたい【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月15日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

このページの先頭へ