相互リンク先の更新情報!

【フェラチオ】ゆか姉と。【告白体験談】

カテゴリー:フェラチオ告白体験談
tag:


これは、僕が小学四年生の時の話です。

ある時、僕は従姉の家族と一所に旅行することになりました。

従姉は僕の二歳上で小学六年生でした。

僕は従姉と仲が良く、旅行中もいつも一緒でした。



ある時、旅行中に急に海に行くことになりました。

海に着くと、僕は海パンを持ってなかったので、買ってもらい着替えました。

従姉も水着に着替え終わっていたので、一緒に遊びに行こうとしたとき、従姉が急に僕の手を取り、

従姉の母親に「人が多いから人気のないところに行ってくる」と伝え、従姉と僕は人気のないところに向けて走りました。

僕は従姉に引っ張られながらも走りました。

人気のないところについたとたん、従姉はピタッと止まりました。

そして「ここなら大丈夫かな」と言って水着を脱ぎ出したのです。

僕は従姉に「ゆか姉、なんで水着脱いでるの?」と聞くと

従姉、ゆか姉は「はだかで泳ぐと気持ちいいよ?」と言い、僕の海パンもスルッと脱がしてしまいました。

こうして、はだかになった僕たちはそのまま海へ入りました。




海は冷たくて気持ちよかったです。ゆか姉もはしゃいでいました。

10分位はだかで海に入っていて、僕は急におしっこがしたくなりました。

それをゆか姉に話すと、ゆか姉は僕と浜辺に上がりました。

なんでゆか姉も上がる必要があるのかなぁと、考えていたその時、

ゆか姉はあろうことか僕のペニスをくわえたのです。

ゆか姉はいじわるそうに「おしっこ、していいよ?早く、ほら。」と言いました。

僕はおしっこを長い間我慢していたので、その言葉を聞いた瞬間、ゆか姉の口の中に出してしまいました。

ゆか姉はそれを吐き出すことなく、ごくごくと飲んでいきます。

おしっこを出し終わると、ゆか姉は尿道に残ったおしっこまで、丁寧に吸出しました。

ペニスから口を離し、「おしっこ、美味しかったよ!」とゆか姉は言いました。

だけど、ゆか姉はそれだけでは終わらせなかったのです。

「あらら、おしっこでおちんちん、汚くなっちゃったね。舐めてキレイにしてあげるね♪」

と、ゆか姉は言うと、また僕のペニスをくわえました。

ペニスはだんだん勃起していきました。ゆか姉は気にせず、ペニスを舐め続けます。

ゆか姉のフェラはとても気持ちよくて、すぐに射精してしまいました。

ゆか姉は、僕の精液を飲み始めます。ゆか姉はちゅうちゅうと、さっきと同じく尿道に残った精液を吸出しました。

ゆか姉は精液を飲み終わると、「精液って、こんな味なんだ。もう一回味わいたいなぁ…。ね?出してもいい?」

と、言うと再びフェラを始めました。

こうして、僕は、何回も射精させられました。

ゆか姉は精液を飲んだり、終いには自分の身体に塗りたくっていました。

今では良い思い出です。


告白体験談関連タグ

||||||||

【フェラチオ】ゆか姉と。【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月16日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

このページの先頭へ