相互リンク先の更新情報!

【友達】漫喫【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


「生理前で少しえっちな気分なので、胸を中心に気持ち良くしてもらいたいです」

 ある掲示板の投稿にそう書かれていたので返信し、会うことになりました。

 仕事を済ませ、横浜に向かいました。 待ち合わせのお店は僕が前もって決めていたお店で。

 僕がお店に着く頃に、店内の入り口のDVDコナーで待ち合わせ。

 27歳の彼女は160cmくらいの少しぽっちゃりな感じで胸の大きい女性でした。

「お待たせしました!」

「いえ…」

「カップルシートに移りましょう。」

 カウンターで手続きを済ませ、2人だけのシートに移動です。 まずはお互いの事を中心にしばらく雑談。

 自然に会話も出来るようになってきた頃、そっと彼女の肩を抱き寄せました。

 彼女の胸に手を当て、大きくゆっくり胸を揉んでみます。

「胸大きいね^^」

「Eカップです。。」

 僕は彼女のカットソーを捲くり上げ、ブラのホックを外してあげました。

 彼女の大きな胸が露になり、僕の目の前に現れました。既に乳首が軽く起っているように思えます。




 僕は自分指に唾を少しだけ付けて、彼女の乳首に触れてみました。

「うっ」

 彼女は待っていましたと言わんばかりに身体を震わせ、声を漏らしました。

 今度は指を彼女の口元へ添えると、彼女は無言で僕の指をおしゃぶり。彼女の唾液で十分に濡れた指で彼女の勃起した乳首を刺激します。

 乳房で大きく円を書くように指を這わせた後、少しずつピンクの中心部に向かって円を小さくしていきます。

 僕の指が彼女の乳首に触れる度に、彼女は声を漏らします。

「舐めて下さい」

 僕は大きな2つの乳房を鷲掴みにして、ゆっくりと揉んだ後、乳首にキスをします。

「ちゅ。」

「あっ…あん」

 僕は彼女の固くなった乳首の先端に、硬く尖らせた舌を少しだけ当て、ゆっくり舌を動かしました。ビックっ!彼女の身体が小刻みに震えます。

「うぅ…はぁ…はぁ……気持ち、イイです」

 僕は優しく乳首を口に含み、口の中で舌を動かしながらもう片方の乳首も同時に刺激します。

「あっ! あぁ…イイ!」

 彼女は僕の耳元でそっと囁きます。

 漫画喫茶っという場所である為、大きな声を出す事が出来ず、必死に声を我慢しながら感じてる彼女の表情はどこか苦しそうに、そして気持ちよさそうでした。

 今回は胸だけという約束だったので、1時間半程度の出来事でした。

 彼女は火照った身体を落ち着かせる為にお茶を飲んで、少しお話しをしてからお別れしました。


告白体験談関連タグ

||||||||

【友達】漫喫【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月16日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ