相互リンク先の更新情報!

【友達】JC【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


深夜勤務を終え車で帰宅中、交差点で信号待ちをしてると左手から人影が近

づいてきた。

時間は午前4時を過ぎていたので早起きして散歩する老人かと思い、「元気

だよなぁ。」などとぼんやりと考えていると、街灯に照らし出されたのはシ

ョートカットの女の子であった。

ライトブルーのパーカーに黒っぽいTシャツ、デニムスカートにスニーカー

という服装。キャリングバッグを引きながら、角を曲がり僕の進行方向へと

歩いていく。確かにこの先には駅はあるが始発が来るまでは1時間以上あ

り、ましてや平日のこの時間に私服の少女が一人で向かうのは不自然な状況

だ。何か理由があるのかもしれない、そう思い少女を追いかけた。

少女の近くで速度を落とし助手席の窓を開けて声をかける。

「こんな時間にどこ行くの?」ビクっとこちらを向く。しかし、すぐに立ち

去ろうとする。当然の反応かもしれない。

「送ってあげるから乗っていきなよ。警察に見つかったら補導されるよ。」

足が止まった。こんな時間だ。もちろん補導され親に連絡がいく。普通の親




が送り出す時間じゃないから親バレは嫌なはずだ。

「駅まで行くんですけど・・・。」顔に緊張感を漂わせ答える。「じゃあ、送っ

てあげるよ。今の時間じゃ始発まで時間あるし待ってるうちに捕まるかもし

れないし。一緒に車で待てばいいよ。まだ寒いだろ?」

少女の軽装では明け方の冷え込みは堪えていたのだろう、ゆっくりと車に近

づいてきた。

駅には直接向かわず近くの大きめの公園の駐車場に車を停める。(駅には定

期巡回が来るからと理由をつけた。)

少女はめぐみ。JC1だった。

車中の暖かさがめぐみの口も軽くしたのかもしれない。少しづつ自分のこと

を話してくれた。

学校でイジメにあい不登校になりかけている時に大学生とネットで知り合

い、今日から無理に学校に行かされそうなのでそいつのトコに家出するつも

りだったらしい。うまく口説いた奴もいたもんだ。しかしここからだと、そ

いつの街までは結構な距離である。

「めぐみちゃん、電車でずっと行くの?結構料金かかるよね。」「うん。で

も急だったから足りないかもしれなくて・・・。」俯き加減で話すめぐみは買っ

てあげた缶紅茶を見つめ不安に押し潰されそうな表情をしている。

「もし着いてもギリギリだと不安だろ?めぐみちゃん次第ではお金は渡して

あげられるんだけど。」あくまで選択権を残した言い方をしながら様子をみ

る。「・・・あの、それってどうしたらいいんですか?」顔を上げこちらを見

る。「少しの時間、僕を助けてほしいんだ。それで旅費は出してあげるか

ら。」「本当ですか!?」「ああ、本当だよ。」めぐみの少し安堵した顔を見

つめつつ鼓動が高鳴り始めるのを感じていた。

めぐみはごく普通の感じの子だが、華奢な身体つきにふっくらした頬がたま

らなく愛らしい。背も145くらいだろうか。

「何をしたらいいんですか?」後部シートに移動し向い合って座っためぐみ

が尋ねてくる。

「めぐみちゃん、男の人は精子を作るって知ってる?」「!?・・・保健の授業で

聞いたことはありますけど・・・。」いきなりの質問に恥ずかしそうに答える。

「精子って定期的に出さないと身体によくないんだけど、僕は出難い体質な

んだ。だからめぐみちゃんに助けてほしくて。」照れたりいやらしさを出さ

ず、あくまで医療的な行為と思わせる。

「・・・でも、どうしたらいいか分からないし、そんなこと私がしてもいいの

か・・・。」迷ってるが拒絶していない。

「大丈夫。言う通りにしてくれたらいいから。」そう言って抱き寄せると見

えない位置でジーンズとパンツを降ろし、そのまま手を導いて勃起したモノ

を握らせた。「!?」一瞬戸惑いが伝わってくる。手を重ねたまま少し動か

し、「そのまま手を動かして。」と続けさせる。少しひんやりとした柔らか

く小さな手に擦られる感覚は一層モノを硬くそそり立たせた。左手を背中に

回したまま右手で愛撫しながら徐々に下ろしていく。デニムに包まれた尻は

小さく張りのある硬さを持っていた。

「まだ出そうにないな。口で吸い出してくれないかな。」しばらく少女の尻

を堪能した後そう切り出した。「口で、ですか。」「そう、手よりも早く出

せるんだよ。お願い。」「は、はい。」すべてが未知の領域の少女にとって

は戸惑いだけでどう判断していいのか分からないのだろう。

「こんな感じで。」そういうと小さな手をとり、中指を口に含んだ。先端を

舌でほじり、全体に絡ませ、唇すぼめて前後にしごいてみせた。

膝立ちになり顔の前にモノを出すと少し怖がったが、促すと目を閉じて咥え

てくれた。舌を使おうとしているがうまく動かせないらしく、荒くなった鼻

息が太腿をくすぐってくる。

目を移すとめぐみのスカートはめくれ白いパンツがすっかり露わになってい

た。そっと股間に手を伸ばし恥丘を覆うように優しく揉むと「んっ!」と小

さく声を上げたが、口を離さずゆっくりと頭を前後させている。

「女の子に触れている方が出易いんだ。」と言ってはみたものの少女の耳に

はすでに届いていなかったかもしれない。ゆっくり頭を前後させつつぎこち

なく舌をまとわりつかせてくる。ランダムに襲ってくる快感に気を抜くとす

ぐイキそうだ。

優しく円を書くように動かしながら中指をピンポイントでクリに当て刺激し

てやると、「うぅぅ、ん、ん」と声が漏れ出す。だんだんと声には甘さが交

ざり始めていた。

それなら、とパンツの前上部より手を入れて触れてみると、同時にめぐみの

動きがピタリと止まってしまった。咥えたままジッとしている。「早かった

か?」と思ったが、一気に奥まで侵入させ中指の先は膣に達していた。

予想に反し濡れてはいなかったものの僅かに接している粘膜が吸い付いてく

るようだ。中指を割れ目全体に添わせ動かしてやる。すると、開いた割れ目

から液が溢れ指を濡らし始めた。少女が固まったのはこれがバレることへの

緊張だったのかもしれない。

滑りのよくなった指が小さな性器を擦っていく。初めは感じ取れなかったク

リがはっきりと感じ取れ、車内にクチュクチュと湿り気を帯びた音が響き出

す。

刺激に反応したように固まっていためぐみが先ほどよりも大きなストローク

でモノを擦ってきた。

「ん、ん、ん」と小さく声を出しながら懸命に頭を動かし、指が敏感な部分

に触れると腰がピクッと跳ね上がる。

たっぷり液を湛えた穴に指先が潜らろうとした瞬間だった。めぐみがグッを

吸い付き舌が先端を舐め上げた。ふいの刺激に堪え切れず怒張したモノから

少女の口内に白濁液が放たれる。突然撃ちこまれむせて口を離しためぐみの

顔に次々と粘液が容赦なくこびりついた。

放心したように跪いた少女の口から白濁液がポタポタと落ちていく光景は背

徳心を呼び起こすと同時に例えようのない悦楽をもたらした。「ハァ、ハ

ァ、ハァ・・・。」まだぼんやりしているのか目を閉じじっと座ったままのめぐ

み。「大丈夫?」と声をかけつつティッシュで顔を拭ってやる。「ありがと

う。これで楽になったよ。」そういうと少女は少し照れたように微笑んだ。

周囲に夜明けの気配が漂い始めていた・・・。

始発に合わせ駅に送り届けてやるとお礼を言いめぐみは行ってしまった。名

残惜しさからメアドを書いた紙を渡したものの連絡があるとは思ってなかっ

た。が、翌日このおかげでめぐみと再開することができたのだが、それはま

た次回に・・・。


告白体験談関連タグ

|||||

【友達】JC【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月19日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ