相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】大好きな嫁と友人 2 【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


大好きな嫁と友人









一度目が終わった後の次の日曜晩も幸雄を家に招待した

嫁は事前に「もう絶対やらないよ?」と何度も念を押してきた

美咲も幸雄も照れくさそうというか挙動不審な感じで

初対面みたいなぎこちなかった

それで晩御飯食べて俺と幸雄が

後片付けしてる嫁をリビングから眺めてて

「ちょっと後ろから抱きしめてきて」と俺が提案

幸雄にやにやしながら忍び足で接近

それを軽く勃起しながら見てる俺

幸雄が後ろからのハグに成功すると




嫁は最初俺だと思ったみたいで

「ちょっと〜」と楽しそうな口調で振り返り

でもすぐにそれが勘違いと気づき

「いやいやいやいや・・・無い無い無い無い」と苦笑い



その腕を振りほどき俺に小走りで走り寄って来る嫁

俺の手を取ると廊下に連れて行って

溜息つくと「あのね、しないって言ったでしょ?」

と悪戯した子供諭すみたいに言った

ただ本気で嫌がってる感じは一切しない

まだ照れ臭さやそういうプレイに慣れてないだけっぽい

「どうしても?」と聞くと「どうしても」と返事

俺が説得の言葉を探してると俺の両手を取って

「ていうか、今日は、絶対達也君と、な気分なの」

と頬を赤らめて上目遣いで言われて

その可愛さに惚れ直す俺

幸雄には謝って帰ってもらった



幸雄が帰るとすぐに服を脱がしあってセックス

激しくて甘々だった

好きとか愛してるとかガンガン言い合った

その合間合間でこの間の幸雄とのセックスも聞いた

「気持ち良かった?」って聞くと

拗ねたみたいにアヒル口作って

「ん〜ん」って首を横に振って

「声出した?」って聞いても一緒

「イッてないの?」

「そんなわけないじゃん」

と嘘つかれたけど、まぁその嘘はまぁ仕方無いかって感じ

そんでどうしても気になって

「幸雄のちんこはどうだった?」ってしつこく聞いたけど

「ちゃんと見てないからわかんない」とのこと

「大きかった?」

「だからわかんないって」とクスクス笑いながら答えてた



それで二回戦が終わった時「また、幸雄としてくれる?」と聞いたら

頭かきながら「ん〜」って言ってて

「恥ずかしいな」「絶対嫌いにならない?」と何度も言ってきて

「大丈夫。ていうか、むしろ好きすぎてやばくなってる」って言ったら

恥ずかしそうに視線逸らして

「あ〜、ちょっとわかるかも。あたしも幸雄君と、その・・・な時は

達也君のことずっと考えてたし」

「興奮はしない?」

「ん〜、わかんない。ごめん、って思っちゃう」

「嫌ではない?」

「嫌なのは嫌だよ。でも、まぁ、うーん、死ぬほど嫌って感じでもない」

「じゃあまた今度良い?」

「え〜?もう。たっ君変態じゃん」とくすくす笑ってて

それでキスしてきて「絶対絶対嫌いにならない?」って

聞いてきたから「うん」って言って了承とった



それで水曜日

いつも通り晩御飯ご馳走しようとしてたんだけど

幸雄は残業で晩メシを社員食堂に済ませてきた

それで8時くらいに幸雄到着

三人で軽く酒飲んで30分くらい

その間嫁と幸雄はやっぱりどこかぎこちなかった

「そんじゃ、そろそろ」と切り出す俺

「ん?・・・ん〜」と引きつった笑顔の嫁

「俺ここにいるからさ」

そんで幸雄が立ち上がって嫁に対して手を差し出して

嫁は俺の方見て一瞬躊躇してたんだけど

その手取って立ち上がって幸雄と一緒に階段昇っていった



俺はまたこっそりと例の部屋へ

この二回目の時はあんまり会話が聞こえてこなかった

部屋に入って

「なんか・・・やっぱ緊張するねー」

「な」

っていう会話くらい

もう幸雄と嫁が二人で会話してるだけで勃起するようになった

それでしばらくごそごそと音がして

「全部はだめ」って嫁の声

多分服のことだと思う

「口で、とか有り?」

「無し」

くすくす笑いながら嫁が即答

前戯中の会話はこれくらいだった

吐息とかも聞こえてこなかった



それでベッドが軋む音が聞こえ出してきて

それと同時に嫁の声

「んっ・・・んっ・・・んっ」

って感じで明らかに我慢してた

囁くようなくらいの声量で

「我慢してる?」って幸雄

「・・・してない」と嫁

その会話を皮切りに

軋み音が一気に激しくなった

嫁も我慢してたみたいだけど

「んっ、んっ、んっ、はっ、あっ、ああっ」

って感じで徐々に声が漏れてった



そんで嫁の慌てた口調で

「待って!待って待って待って!」と連呼

音が止んで

「あ、痛かった?」と幸雄

「ふー、ふー」って荒い呼吸するような声が聞こえてきて

「違うけど・・・ゆっくりがいい」

と嫁が笑いながら言ってる感じの口調で返答

「ゆっくりが好き?」

「ん?んー」と煮え切らない返事した後

「ていうか、イクのとか、無しにしよ?」と嫁

「え?なんで?」

「あ、幸雄君はいいけど。ていうか早く出してね」

とクスクス笑いながら返事



「イキたくない?」

「ん、んー。やっぱり嫌かも」

「達也でって感じ?」

「・・・うん」

幸雄が鼻で笑ってまたすごいピストン再開

「はっ!はっ!あっ!はっ!」

嫁の甘い声ダダ漏れ

俺のちんこガッチガチだけど

不思議と射精したくはならない

「だ、だめぇっ!だめ!・・・あっ!あっ!ああっ!あんっ!」

「いいよ?」と幸雄

「だめだめだめ!だめだってば!・・・あっあっあっ!ああぁんっ!」

本当に床が抜けるんじゃ?って心配するほど揺れてた

「あっ!あっ!あぁっ!はあっ!だめ!きちゃう!だめぇ」

どたばたって音がしてそれで音が止んだ



「はー、はー」って荒い嫁の呼吸の声だけ

そんで「キスしよ?」って幸雄の声

「だめ」と冷たいっていうか突き放す感じの嫁の声

でも数秒後「ちゅっ・・・ちゅっ」って音が何度も聞こえてきて

「ベロ出して」「んー」って会話

そんでまたゆっくりと軋み出して

「んー、んー、んんー」って嫁の苦しそうな声

軋みはすごいゆっくりだったんだけど

「あっ、だめ!また、あっ、やばい。あっ!だめっ!あっ!あっ!」

って声がして

でも軋みが相変わらずすごいゆっくりだったんだけど

「いっあっ、あっあっ・・・いっちゃう・・・あっ」

でまた音が止んで

「超敏感だな」と楽しそうな幸雄の声



「もーやだー」って嫁が困った口調で言って

「・・・一回抜いて」と幸雄にお願い

幸雄も素直にいう事聞いたみたいで

「は〜」って安心したような嫁の声

「もー駄目って言ったじゃん」

「ごめんごめん」

楽しそうな口調の会話だった

「まだ?」と嫁

「もうちょいかも」

「元気だねー」

「バックでいい?」

「駄目」

「嫌い?」

「っていうか弱いから」



「そんなの聞いたらさー」

「えー。駄目だってば」

「じゃあ口とバックどっちかにしてよ」

「・・・えー?」

そんで10秒ぐらい無音で

「ちゅぱ・・・ちゅぱ」って音が聞こえてきた

それで一分後くらいに

「ちゅっぱ、ちゅっぱ、ちゅっぱ」って激しくなって

「あ、やば」って幸雄

「わ、わ、わ」と嫁

「ふい〜」と気持ち良さそうな幸雄と

「出すぎー」とクスクス笑う嫁

よっぽど勢い良かったそうで

その後着替えてると思える時間の最中も

「すごい出るよねー」と楽しそうに何度も何度も言ってた



その後の展開は前回と大体一緒で

先にリビングに戻ってた俺に抱きついてきて

それで耳元に

「早く帰ってもらって」と耳打ち

俺が「もうちょい一緒に居てもらう?」

って意地悪のつもりで言ったら

鼻を甘噛みされて

「幸雄君帰って」

と嫁自ら満面の笑顔と可愛い声で幸雄を撃退

幸雄は笑いながら「はいはい」って帰ってった



その後は当然燃えまくり

でも激しくっていうよりは

ねっとりと愛し合ったって感じ

お互いの温もりとかじっくり確かめ合ったっていうか

「どうだった?」とか聞いて

嫁は「わかんないよー」の一点張り

「気持ちよかった?」の問いには

「たっ君のが良いって」

ってバックで突かれながらそう言ってた

実はもう三回目も済ませてます

その時にこのプレイについて

嫁の本音とか聞けて安心出来たので

今後も続けていけると思います

その時の話はまたそのうち書きます

今回はこれで終わりです



出典:妻・彼女を他の男に抱かせて

リンク: 


告白体験談関連タグ

|||

【寝取られ】大好きな嫁と友人 2 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月20日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ