相互リンク先の更新情報!

【姉】弟「姉貴、絶対に復讐してやるからな」(下) 【告白体験談】

カテゴリー:姉との告白体験談
tag:


弟「姉貴、絶対に復讐してやるからな」(上)



の続きです。

________________________________________



392:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)12:54:01.29ID:oY7qmcgW0

自殺したとき弟は高3では



393:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)12:56:36.41ID:Yj4nNgkjO

392 国公立の合格発表までに卒業したという脳内設定 

飯食ってきます



398:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)13:24:51.22ID:xhlVKKQr0

私立中学は今でも中学で余弦定理とかやる






399:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)13:25:58.66ID:2EHtUxle0

自分の頭の悪さで鬱になるスレはここですか?

________________________________________





401:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)13:30:03.49ID:Yj4nNgkjO

     ガチャ 



弟「ふぅ」

知られてしまった。どうせいつかは知られるのだと覚悟はしてたけど。



弟「姉貴、どう思ってるんだろ」



前の時は成績が全然駄目で、姉貴の口からは侮蔑の言葉しか貰えなかったからな。 

やれ、VIP高校以外の公立は意味ないだとか。 

やれ、今からでも勉強しろだとか。 



結局私立の高校に引っ掛かって、そこに行ったが。



俺はそこで、後悔した。

だから、必死に勉強した。



そういえば、あの時からだよな。

あの時から一層姉貴からの風当たりが強くなったんだよ。

でも、あの時の、VIP高校を受けないと言った時の姉貴の顔が 



弟「忘れられないんだよな」



顔を真っ赤にして、凄く怒ってて。でも、今にも泣きだしそうな、そんな顔。





403:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)13:33:31.51ID:Yj4nNgkjO

弟「ふぅ、寝るか」



大丈夫だ。きっと上手くいく。 

そして、姉貴に見せ付ける。俺の存在を。

それが 



弟「俺の“復讐”だ」



その日、俺は不思議な夢を見た。



 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



あれ、ここは……。







409:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)13:49:57.67ID:Yj4nNgkjO

弟「俺の、部屋?」

でも、今までいた世界のじゃない、よな?



     ガチャ 



入ってきたのは 

弟「あの時の、俺?」



涙を目に一杯に溜め、肩を震わせている。 

その様子で、今がいつなのか、はっきりと分かった。

もう一人の俺は、納屋から持ってきた縄を何の躊躇いもなく、椅子を使って天井の電気に括り付けた。



弟「おっ、おい!!やめろっ!!!」



自分が死ぬところを見るなんて、胸糞悪いことこの上ない。

しかし、俺がどれだけ大声を張り上げようと、もう一人の俺は一切の反応を見せない。 



弟「おい!!やめろっていってんだろーが!!!」





413:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)14:01:30.85ID:Yj4nNgkjO

弟「おい、やめろって………」



何度か天井から垂れ下がる縄を引っ張る俺。逃げたい、見たくない、だけど分かってしまう。これから俺がどうなるか。 



弟「………グスッ」



もう一人の俺は覚悟を決め、充電器に立て掛けられた、電話の子機を手に取った。

最後の言葉を、今までのお礼を言うために、両親に電話を掛けようとしたんだ。

 しかし、電話は話中。だれか、あの時は夢中で気が付かなかったが、つまり姉が使っていて、それは叶わなかった。



弟「………」



逃げたい、逃げたい、逃げたい、逃げたい、逃げたい、逃げたい、逃げたい、逃げたい、逃げたい、逃げたい、逃げたい、逃げたい。







416:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)14:08:34.40ID:Yj4nNgkjO

一瞬だった。 

跳んだ、と思ったら。 

一気に首に衝撃が来る。



弟「ぐうぅっ、うぇ」



苦しい、ソレまで考えていたことが頭の中から全部抜けていって、何も考えられなくなる。

段々視界が赤くなっていく。



弟「ぐっ……」



ガンガンと、木槌で打ち付けられているような痛みが襲う。 





弟「あぁ……、はぁ………」





そして、俺の視界は







真っ白に染まった。









420:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)14:16:28.44ID:Yj4nNgkjO



 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



弟「!!!!」

弟「なんだよ……夢、か」



目を覚ませばそこはベッドの上。

今まで俺を苦しめた頭痛と首の圧迫感は嘘のように消えていた。



     ガチャ



姉「おとうとっ!!!」

弟「!?」



姉「どうしたのっ!!いきなり叫び声なんかだしてっ!!なにかあったの!?」



弟「……いや、なんでもない」





451:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)17:48:59.10ID:Yj4nNgkjO



姉「なんでもないわけないじゃんっ!!あんな大きい声だして!!」



弟「なんでも、ないからさっ……。頼むよ、一人にしてくれ……」

姉「………」



姉貴はそれだけ言うと何も言わずに出ていった。



弟「畜生……なんだってんだよ………」



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



女「弟くん、元気ないですけどなにかあったんですか?」



弟「……お前もかよ」



女「顔色悪いですよ?保健室連れていきましょうか?」

弟「いらねぇよ、黙って授業聞いてろ」

女「あっ……うん」



コイツにまでばれるとは、俺もダメダメだな。





452:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)17:50:21.03ID:Yj4nNgkjO

弟「お前、それで模試はどうだったんだ?」

女「!? 聞いてくださいっ!!私やりましたよ!!!」



国語72点



数学42点



英語80点



理科92点



社会90点



第一志望 VIP高校 判定 C



女「奇蹟です!!奇蹟としか言いようがありません!!!」

弟「ふーん、良かったな」

女「あれ?あんまり驚いてくれないんですね」

弟「うーん、まぁな」



454:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)17:53:04.89ID:Yj4nNgkjO

実は二つだけ。コイツには凄いところがある。



一つは記憶力。

もともと知識がないせいか、乾いたスポンジみたいに俺が教えたことをどんどん吸収する。



もう一つはプライドがないところ。

普通中一からやり直せと言われて、自尊心の傷つかない奴はいない。

しかし、こいつは



女「もう、ほんとっ!弟くんのお陰ですっ!!」



なんでも素直に受け入れる。



弟「でもまっ、お前はC判定なんだからな。余裕はないぞ」

女「はい!!弟先生!!!」





俺はどこかで、これはもしかするかもな、なんて確信めいた予感を持っていた。





455:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)17:53:12.63ID:PaOfu1Kx0

数学悪すぎw





456:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)17:56:35.33ID:1N92za+oO

公式の使い方がわからないだけじゃね?







465:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)18:17:56.34ID:Yj4nNgkjO

それから、あっという間に時間は過ぎ



弟「おい、なんでかけ算間違えてんだよ!やり直しっ!!」

女「はいっ!!」

弟「というかてめぇwなんで一番力入れてる数学が足引っ張ってんだよw」

女「うぅー、ごめんなさい」



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



弟「…………(行列解いてる)」



姉「弟……」こそこそ

母「ほらっ、はやくそのお茶持って行ったげなさいよw」



姉「!?  ちっ、ちがうのっ!!そんなんじゃないからっ!!!」

母「ふふふw」



 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



弟「お前、計算間違えすぎ、百マス計算五セットやってこい!!」

女「はいっ!」







473:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)18:31:53.72ID:Yj4nNgkjO



 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 



弟「………zzz」





姉「弟……」

母「アンタ、いつまでお茶持ってるのよ」

姉「いや、だって……」



母「あらあら、弟ったら机で寝ちゃってるわw」

姉「うん、もうすぐ本番だもんね」

母「ふふっ、ほらっ。毛布掛けてきてあげて。暖房が入ってるけど、風邪を引いたら大変よ」



姉「………うん、そうね」

母(うーん、もう少しねw)



姉「弟、頑張ってるんだね」

姉「きっと、大丈夫だから」

姉「頑張って、ね」



弟「………zzz」





475:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)18:39:39.73ID:Yj4nNgkjO



 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 



女「……zzz」

弟「寝てんじゃねーよ」



    パチッ 



女「いたっ!?……もう……」



 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



弟「………zzz」

女「……ビキビキ」



     ドゴンッ 



弟「!? くぅーっ!?なんだよ!?今のっ!?音がやばかったぞっ!!!」

女「知りません」





477:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)18:41:50.07ID:Yj4nNgkjO



 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 



女「………zzz」

弟「………zzz」

女「………zzz」

弟「………zzz」



そして、迎えた本番当日。





483:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)19:03:34.89ID:Yj4nNgkjO

弟「別に付いてこないで良いから」

姉「大丈夫よ!私はVIP高校の生徒なんだから!!」

弟「いや、そういう意味じゃなくてさ……」



姉「なっ、なによっ!!私が付いていったら困ることでもあるのっ!!」

弟「ないけど……」



姉「ねぇ、良いでしょ……」



弟「まぁ……別に、良いけど」

姉「!?  待ってて!!すぐ準備してくるからっ!!!」







弟「どうなってんだ?」





486:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)19:21:38.91ID:Yj4nNgkjO

    てくてく 



弟「………(姉貴と、一緒にテストに向かうとか)」

姉「………」

弟「………(どうなってんだよ?夢か?あっ、夢だった)」

姉「………」

弟「………(まぁ、良いか)」



姉「ねぇ……自信は?」



弟「まぁ……まぁかな」

姉「なによ、はっきり言ってよ」

弟「余裕、満点取る」



姉「………うん、頑張りなさい」



弟「うん」





487:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)19:28:06.94ID:Yj4nNgkjO

不思議な感覚だった。 

姉貴と二人で歩くVIP高校までの道。

悔しくて、なんだか、恥ずかしくて、でも、やっぱり嬉しい。 



弟「姉貴……」

姉「……どうしたの?」

弟「いや、なんでもない」







491:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)19:43:57.18ID:Yj4nNgkjO

弟「じゃあ、俺行くから」



姉「うん」



弟「一応、ありがと」

姉「うん」

弟「じゃあな」



姉「あっ、あのさっ!」

弟「ん?なに?」



姉「待ってるよ、終わるまで」

弟「………」



姉「一緒に、帰ろ?」



弟「………ああ」









492:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)19:46:53.73ID:4hxVn6FuO

姉素直になってきたのぉ









499:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)20:24:34.26ID:Yj4nNgkjO

新しい風が吹いた気がする。 

今まで見つけられなかった、物を見つけたような、そんな気がした。



弟「落ちてたまるかよ」





もう一度、風が横を通り抜けた。 

受験生の熱気が、ひしひしと伝わる。 



でも、その中に、俺は確かに感じた。 



――――春の匂いを









501:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)20:34:27.69ID:Yj4nNgkjO

そして、数日が過ぎた。



弟「また付いて来るのかよ」

姉「なによ、文句あるの?」

弟「いーや、べつに」



姉「ふんっ、さっさと行くわよ。落ちてたら家に入れないからね」

弟「はいはい」



VIP高校の受験日から数日、俺と姉貴の関係は少しだけ、ほんの少しだけ前進した、気がする。



当日の帰りは“どうだった!?”と辟易するほどしつこく聞かれた。

そんな姉貴の様子が、いつもからは想像もつかないくらい滑稽で、笑いを堪えるのに必死だった。



問題も知らないのに、話しても意味ないだろうと誤魔化すと 



姉「……やったから、私も」



なんと、姉貴は俺が受験している間に、保護者用に配られた試験問題を解いていたらしい。







502:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)20:38:51.50ID:Yj4nNgkjO

弟「いや、でも俺答えとか書いてないから」

姉「!!」



久しぶりに本気で殴られた。 

前ならしょっちゅうだったんだが。



姉「ねぇ……」

弟「なに?」



姉「どうして、そんなに勉強熱心になったの?」



お前に復讐するためだよ、とは言うわけにもいかず、仕方なく 

弟「なんとなく」

で、お茶を濁した。



姉「ふんっ、まぁやっとマトモになってきたみたいじゃない」

弟「うるさい」



姉「あっ……うん」







503:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)20:44:59.59ID:Yj4nNgkjO

     VIP高校 掲示板前 



弟「さてっ、と」

姉「あっ、あるのっ!?ないのっ!?」

弟「落ち着けよ、今探してるんだよっ」

姉「あぁ!!もうっ、貸しなさい!!私が探すからっ!!」

弟「あっ、おい」



『おとうとくーん!!!!!』





弟「ん?」

女「グスッ……とおった!!私の番号っグスッ……ありましたっ!!!」

弟「おう、良かったな」

女「本当に、弟くんの、お陰です……」

弟「いーや、お前も頑張ってた……ような気がする」

女「もうっ、頑張ってました!!!それで、あの……弟くんは?」





505:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)20:51:59.45ID:Yj4nNgkjO

弟「ん?あっ、そっか」

女「どうだったんですか!?勿論、合格しましたよねっ!?」

弟「さぁ……どうかなぁ?わか…」



     ギュッ 



姉「……グスッ、……グスッ」

弟「んー、無事合格したらしい。なぁ、俺の番号あったんだよな?」

姉「グスッ……グスッ……(こくっ)」



弟「だってさ」



女「うわぁ……やりましたね!!私達、高校も同じですよっ!!!」

弟「そうだな」

女「また一緒に勉強しましょうね」



弟「はいはい、じゃあまた 女「ところで」 ……は?」

    

女「その、女の人……誰ですか?」

弟「へっ?」









506:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)20:52:17.04ID:oavocT9+O

502の弟が答え書いてないってどういう意味だ??誰か説明plz



508:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)20:54:13.39ID:aihYl4wG0

答案用紙に書いた答えを

問題用紙にメモして来てないってことじゃねーの?



509:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)20:54:21.56ID:YGxFuoJK0

506

持って帰ってきた問題に自分の答え写してきてない





513:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)20:59:10.68ID:Yj4nNgkjO

弟「いや、普通に姉貴だけど」

女「本当ですかぁ?うそっぽーい」

弟「こらこら、何を根拠に……」

女「ふーん、まぁ良いです。それじゃ、また会いましょう、弟くん。お姉さんもさようなら」

弟「おう、気を付けて帰れよ」





弟「さて、帰るか」



     ギュッ 



弟「いひゃい、いひゃいって、あにゃひ(痛い、痛いって、姉貴)」

姉「ところで、あの子が誰なのか“普通の姉貴”に教えてくれないかしら」







519:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)21:08:00.51ID:Yj4nNgkjO

弟「痛いって!!」

姉「ふんっ」



頬がひりひりする。しかし、嫌な痛みじゃない。



――――ねぇ 



弟「なに?」

姉「グスッ、ほんとにっ、よかったねぇ……」

優しく微笑んだ姉貴は、俺を、ギュッと抱き締める。



姉「一緒に、学校、グスッ、いけるねぇ……」



ああ、俺はこの温もりが欲しくて、この世界に来たんだ。

この笑顔が見たくて、俺は頑張ったんだよな。

視界が、白く、白く、染まった。 

どうやら、夢みたいな時間は終わりのようだ。





521:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)21:12:43.97ID:Yj4nNgkjO

弟「姉貴、俺っ!!……いや、なんでもないや」



姉「―――?」



じゃあな。姉貴。 

きっと、もう会えないけど。 

最後に、抱き締めてもらって、認めてもらえて、本当に嬉しかったよ。



弟「俺の復讐、終わったわ」





そして、俺の意識は、微睡みの中に落ちていった。 





おわり。

















526:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/01/31(土)21:16:56.84ID:Yj4nNgkjO





     ゴスッ 



弟「いってぇ!!何すんだよっ!!」



姉「はぁ?アンタが復讐とか意味分かんないこと言うから、ボケてないか確かめてやったのよっ!!」



弟「えっ?あれっ?」



姉「ほらっ、さっさと帰るわよ!!」



弟「えっ?」



姉「あとっ!!さっきまでの事は忘れなさいよっ!!良いわねっ!?」



弟「あれ?えぇー!!!!!!」



姉「べっ、別に泣いてもないしっ!アンタをギュッとしたのだって気の迷いよ!!」



弟「………」





姉「ふんっ、バカ面……」











弟「どうなってんの?」











〜『続・弟「姉貴、絶対に復讐してやるからな」』に続く〜





出典:弟「姉貴、絶対に復讐してやるからな」

リンク:


告白体験談関連タグ



【姉】弟「姉貴、絶対に復讐してやるからな」(下) 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月20日 | 告白体験談カテゴリー:姉との告白体験談

このページの先頭へ