相互リンク先の更新情報!

【浮気・不倫】僕の人妻攻略法 2 【告白体験談】

カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談
tag:


レスありがとうございます。

何人かの方から質問があったので追加です。



僕の場合出会い系とかではなく、知り合いばかりです。

友人、PTA関係、奥さんの友達、家族ぐるみのお付き合い、仕事関係、異業種交流会、

ボランティアなどなんでもありで、飲み会、会議中、移動中などの途中で

「この人行けそう」みたいにターゲットを絞っていきます。



ただ家の奥さんとも知り合いの事があるので相手の女性は奥さんと知り合いだと

いい感じまでは持って行けるんですが、最後に二の足を踏まれてしまうことが

あります。なので無理はしていません。



先日は、何人かで飲みに行っていいなと思った主婦に「帰り道に近くだから送って

あげようか〜?」と言って2人だけになり「代行運転混んでるみたいだから代行が

来るまで暑いから車の中で待ってよう」ということで、飲み物を買って、後部座席に




並んで座り「代行遅いね」見たいな感じから、良い感じまで持っていきました。

(本当は代行を呼んでいないので来る訳がありません) 

それから代行を断るふりをしてラブホに行きました(^^♪ 



女性は会話の中や色んなところでサインを出してきます。無理はしませんが押したり

引いたりする駆け引きが楽しいですね(^^)



先週、新しい主婦の人と初めて飲みに行った時(向こうは3人だったから安心してたと

思います)は、ちょっとしたタイミング(もう1人の主婦の人が電話がかかってきた時)で

2人になった時があって「屋上がきれいだから見に行かない?」(飲んでる途中に

屋上の風景の話をさりげなく混ぜておきました)と誘ったら行きたいということで、

電話中の主婦の人に「先に行ってるね」と合図して、その時に階段で手をひいて

あげると、手を握ってきたので、そのまま階段を上がり、上がり終わっても手を

繋いだままにしていました。

相手が手を離さなかったので、もう1人が上がって来る前に後ろから抱きしめると、

そのまま良い感じまで持っていくことができました。

もう1人が上がってきたので、その日はそれで終わりましたが、メールで

「みんなに内緒だよ」と言って2人でランチに行く約束をしました。



また、別の一人の場合(仕事関係の知り合い)いつもは事務的なメールだったんですが、

あるときちょっとプライベートなメール(悩み相談みたいな)が来たので

「一緒にランチしませんか?」って言うことになり海沿いのレストランで食事した後

少し海でも見に行こうと言うことで海岸を歩きながら「なんかデートしてるみたい

だね」と言うと「デートでしょ!!」と言われたので「それじゃあデートらしく昔を

思い出して手をつないでみる」ということから、手をつなぎ散歩して木陰で抱き合い

キスとの運びになりました(^^♪



もちろん全員うまくいくわけではありませんが、ちょっとしたしぐさや表情、目線など

(うまく表現できませんが、この人は自分に好意を持っているという感覚)で、

判断してうまく2人になるように持って行って「相手もこちらもそんなつもりじゃ

なかったのにそうなってしまった」と自分自身に逃げ道を作ってあげることが

必要だと思います

(例えば、代行がすぐに来てたらこうはならなかったみたいな感じ)

それとこれまでこんなことは無かったのに、あなたが魅力的だったから、

つい現役の頃に戻っちゃったみたいな言い訳をしておくと、万一拒否られても

(僕の場合「だ〜め!」みたいな拒否られ方はありますが、真剣に拒否られたことは

ありません)「ごめん!ごめん!」で終われます^^;



でも間違いなく言えることは、全くの普通の主婦でも不倫願望はあります。

後腐れがない、絶対にばれない、身元等が安心、清潔感があるなどの相手には

興味はあるように思います。

また自分は、今の家庭を壊す気はない、このまま子育てだけで自分は終わって

しまうのか、みたいなことは思っているようです。

(特にきれいな昔は言い寄って来る男がたくさんいたんだろうな〜みたいな主婦の方が

落ちやすいように思います)

だって何があってもいいように必ず新品のかわいい下着を着けて呑みに来ていますよ〜(^^)v



多くの主婦はスマートに導いてくれることを待っているので、いっしょに頑張ってみましょう〜



出典:萌えた体験談データベース

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||

【浮気・不倫】僕の人妻攻略法 2 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月21日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

このページの先頭へ