相互リンク先の更新情報!

【芸能人】ローカルのバラエティ番組 【告白体験談】

カテゴリー:芸能人との告白体験談
tag:


4年ほど前、俺はお金が全くなくアルバイトで何とか食っていたが

ある日そのバイトをクビになった。途方に暮れていると電柱にチラシが。

それによると俺の地方のローカルテレビが行うバラエティ番組のオーディション

ということで俺は行ってみることにした。(前からテレビに出たかった)



会場は怪しい感じのビルの中。怖いんで帰ろうかと思ったがチラシが

カラーで説得力のある感じだったんで入ることに。

そこには俺のほかにおばさんが1人とかわいい女の子が一人。

その女の子っていうのが沙織(仮名)っていう子。

沙織は首元までスラッとした黒髪でロリ系だと思う。

近くにはサラリーマン風の男がいてマネージャーらしい。

バラエティ番組と沙織の容姿からしてどこかのアイドルだと思った。



席に座っていると2人の男がやってきてしばらく俺らを見つめると

俺と沙織を指した。するとアイマスクを渡された。俺も沙織も




戸惑ったが電波少年のような企画だと思い心配しながらアイマスクをつけ

車に乗らされた。その時(殺されるんじゃないか)とかなりの

恐怖心を持ったことは言うまでもない。沙織とは隣同士だったが

息の荒さと時折聞こえる泣くような声から怖がっていることがわかった。

俺が「大丈夫だよ」といっても答えなかった。



20分位かな、車が止まって階段のようなところを上らされた。

するとアイマスクをされたままスタッフのような人に言われた。



「これから2人にはここで1ヶ月共同生活してもらいます。

 この模様は我々のテレビないで放送させていただくのでご了承ください。

 1ヶ月経つまで扉の鍵は開かないようになってます。食事のほうも

 郵便受けのほうで受け取ってください。」



俺は「聞いてませんよ!」と声を荒げたがスタッフはでていってしまった。

アイマスクをはずすと貧乏アパート?のような部屋にいた。

4畳半の畳と小さなキッチン、トイレと風呂の共同の部屋?(何て呼ぶんだっけ)。

そして泣いてるアイドル・・。



俺「あの・・」

沙織「@@さんはこんなこと言ってなかったのに」

俺「@@さん?」

沙織「マネージャー」

俺「どうするの?これ」

沙織「やるしかないと思う・・。私、芸能界目指してて」

俺「名前は?俺は田村雄介(本名)」

沙織「北沢沙織(仮名)」

俺「これ映ってんのかな?」



俺は周りを見回したがカメラらしきものはなかった。



俺「隠しカメラかな」

沙織「・・・・」



俺らはしばらくウロウロした。ドアはなぜか開かない。

テレビも冷蔵庫もない。

沙織と色々と話した。彼女はまだ俺に心は開いてない

というかこの状態で男と2人きりだから怖がってたんだと思う。

歳は19。ちなみに俺は21。東京でスカウトされここに来たらしい。

どうやら初仕事のようだ。どうりで見たことがないと思った。

部屋を調べていると箪笥には布団2式。クローゼットには下着など

洋服がつまれていた。俺がそれを発見したのだが沙織は女ものの下着を

見た瞬間なぜか泣き出した・・。

風呂にはシャンプーなども完備してあった。



ー1日目ー



俺は腹が痛くなってそこのトイレで用をたした。(たしかこれが最初の便所使用)

数分後、沙織がモゾモゾしはじめた。



俺「トイレしたいならしてくれば」

沙織「いやよ、、一緒のとこで」

俺(ひでぇ・・)



夜になって風呂に入ってくると沙織がいった。覗いたら殺すとも言ったな・。

俺は17で童貞を卒業したがその1回以来してなくすぐそこでこんな可愛い

アイドルの卵が風呂にはいってるのはさすがに興奮した。

しばらくすると沙織は俺に言ってきた。



沙織「ちょっと・・ごめん。ドアの前まで来て」

俺(お・・・)「え?なんで?」

沙織「洋服そっちにあるし、こん中着替えるスペースないの。

   絶対にこっちみないで着替えるまでこの中にいてよ」

俺(あのなぁ)「はいはい」



ドアが開いてチラッとみるとバスタオル巻いてるけど胸元がギリギリで

今にも乳輪が見えそうだった。俺は仕方なく風呂場でまってた。

風呂にはさっきまで沙織が入っていた湯が張ってあって便器も一回

あの子のお尻が付いているものだった。

でも俺にはそんな変態魂がない(10%はあるかも)ので

見て見ぬ振りした。しばらくするとトントンとドアがノックされ

赤いパジャマ姿でバスタオルを肩にかけた「お風呂あがりの女の子」が

ムスッとした顔で立っていた。それでお湯の栓を抜いた。

でも俺はあることに気づいた。



俺「あのさ、部屋撮られてんなら今の着替えも見られてんじゃないの?」

沙織(はっ・・)



案の定、彼女は座り込んで号泣しだした。(よく泣く子だな・・)



沙織「もうやだぁぁぁ!」



沙織は叫んだがまったく回りから反応がなく(窓にも黒紙が張ってある)

俺らは1ヶ月ここで暮らすしかなさそうだった。



1週間も経つと俺らも慣れてきたのか話すようになり沙織はトイレも気にせず

共用するようになったし、俺が時々風呂を先に入りお湯を抜こうとすると

「いいよ、私すぐ入るから」と気にせずにお湯も共用した。

俺は沙織のことが可愛くて好きだったが沙織の気持ちは

全く分からなかった。



それから6日後くらいのことだ・・。

俺は時々風呂に入ってる時にオナニーをしてたが(ネタはもちろん・・)

匂いを気にしてなるべく我慢していた。堂々とできないし

性欲が溜まっていた。



その日の夜だ。俺がモンモンとして布団で寝ていると隣の沙織が寝ている

布団がピクピクと動いていた。(目は暗闇に慣れてた)

耳を澄ますと沙織の息づかいも聞こえる。

俺は一瞬で気づいた。(あいつ・・オナってる・・)



俺「沙織?」

沙織「え!?なによ・・」

俺「どうしたの?」といって沙織のほうに寄る。

沙織「なんでもない!寝よ」



沙織は少し声を荒げた。俺はニコッと笑って言った。



俺「ごめん。。さすがに2週間は我慢できないよな

  俺も風呂でやったもん」

沙織「はぁ!?なにいってるんですか雄介さん!」(時々敬語になる)

俺「沙織・・俺さぁ・・好きなんだけど」

沙織「ん?」

俺「沙織のこと」

すると沙織の布団がピクッと動いた。

沙織「はいはい・・私も好きですよ」

俺「マジ!?」

沙織「ウーソ!」



俺は沙織の布団を勢いよく捲って電気をつけた。

ズボンはくるぶし辺りまで下ろされており

沙織の指は彼女の薄っすらと生えた陰毛の影に差し込まれていた。



沙織「やめて!なにすっ・・」

俺「好き・・」



沙織はすぐにズボンを上げた。



沙織「女の子だってこういう気持ちになるの!おやすみ!」

俺「俺だってそういう気持ちになる!こんなの見せられたら」



俺がキスしても抵抗しなかった。俺は沙織の布団に入り込み

夢中でキスした。その途中で沙織も俺の舌を求めた。



俺「沙織は?俺としてもいい?彼氏は?」

沙織「いいよ・・我慢できないだけだからね!雄介さんが好きってわけ

   じゃないけど・・少しだけ好きだからいいよ」



俺は彼女の豊満な胸(E位?)を夢中で揉んだ。相当柔らかかった。

乳首を弄ると「あん・・はぁ・・」といって切なそうに感じていた。

その後2人とも全裸になって再開。

ゆっくりとさっきまでオナニーしていた膣に指をいれる。



沙織「やっぱ・・男の人はッ・・いい」

俺「そう?」



俺は速度を変えながら鷹並みの技で彼女を感じさせる。



沙織「うまいっんですね・・下手かと思ってた・・ん!」

俺「馬鹿にしたら後悔するぞー」



クリトリスをいじるとブワーと生暖かい液が流れる。



沙織「いやぁ・・はぁぐ・・」



俺はニコッと笑って優しくキス。



俺「ローカルで放送されるかも」

沙織「いいよっ・・アイドルになれなかったら雄介さんに食べさせてもらう」

俺「そんなお金ないよ」



俺は生チンを挿入。沙織のあそこはグショグショに濡れていた。

ゆっくり正常位で挿入。行く寸前で外に出した。その後は2人で

ハァハァいいながら全裸で朝まで抱き合った。



それからの日々は今までとは全く別だった。着替えるのも堂々

と俺の前で着替えたし俺が風呂に入っている時、隣で沙織が

トイレでふんばってるときもあった。俺がふざけて覗くと照れくさそうに

怒ってきた。その逆もあったがかなり恥ずかしい・・。

3日に1回はセックスした。



そして1ヵ月後・・扉は開いた。スタッフなど誰もいないし

郵便受けに30万はいっていた。1人15万か。



どうやら俺らは初めから騙されていたようだ。沙織の芸能事務所も

架空のものだろう。沙織は騙されたことに泣いたが俺が

慰めると笑顔を見せた。俺の予想だとローカルテレビなんかじゃなく

裏物のAVのような気がする。

見たことがあったら連絡頼む・・・。まぁ15万と沙織を

ゲットしたから悔いはないが・。

沙織は東京に帰り今でもメールする仲だ。

長文に付き合っていただき感謝する。







出典:無し

リンク:


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

【芸能人】ローカルのバラエティ番組 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年5月20日 | 告白体験談カテゴリー:芸能人との告白体験談

このページの先頭へ