相互リンク先の更新情報!

【彼女・彼氏】お局さまと 【告白体験談】

カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
tag:


ある年末の忘年会、一回目は全員参加で二回目は自由参加で付き合い良い奴と暇な奴だけが集まってやったんだ。

三連休入る事もあり皆メチャ弾けて飲んでた。その中で独身なのは一番年下の俺20才と37才のお局さんだけだった。

仕事は勿論出来る人。容姿端麗。胸はそれほど大きくないけどウエストがキュと締まってるのでカップはデカイ。

タイトスカートが良く似合う人でヒップもいい感じで垂れてない。俺は仲良かったんで隣に座り飲んでた。

話するうちに突っ込んだ話になって結婚何故しないのか聞いてしまった。「いい人が現れなかったし仕事好きだから」

と当り障りの無い返事。「彼氏いるんですか?」「いないわよ。○○君は彼女いるの?」「今フリーです」なんて会話から

段々俺がエロい話を振っていったんだけど...なんか喰い付き悪い。エロトーク嫌いな女性もいるけど何か違う様な感じ...

二次会三次会と進み午前3時回って皆泥酔に近かった。バラバラに別れてタクシーに乗る事になり方向一緒の彼女と乗る事に。

エロトークしててムラムラしてた俺は後部座席に二人になった時手を握ったんだ。ビクッとして俺を見てた。

「何してるの?酔ってるの?」言われたけど俺マジで好きですって言ったんだ。「こんなおばさんからかってどうするのよ〜〜」

って笑いながら言ってたけど俺は手を離さなかったんだ。本気ですマジです入社した時から憧れてました等々畳み掛ける様に言ったんだ。

まんざらでもなさそうだったけどなんかぎこちない感じ。酔ってるはずなのにガード固い感じ。

俺が先に降りなきゃいけないんで必死で口説いた。俺の部屋で少し飲みませんか等々。必死で食い下がり

彼女、根負けしたのか「ふぅーまあいいわ連休だしね、ただしヘンな事するなよ!」ってニコニコしながら言ってたんだが...

って事で俺の部屋へ。「結構綺麗にしてるね」なんて言われたけどもう頭の中SEXだけだった。




一応焼酎と俺の好きな泡盛出してきて少なめのロックを作り乾杯。また色々話してたんだがベタに座り込んでたんで

スカートから覗くふとももとコートとジャケット脱いでシャツ1枚に透けるブラ見てたらフル勃起した。

氷取ってきますって冷蔵庫へ。取って帰ってきた時それまで対面だったけどさりげなく横へ座った。

???みたいな感じだった彼女。俺は何事も無かったかの様に自然体を装いはじめから横へ座ってたかの様にロックを作り話しながら差し出して訳も無く乾杯した。

「酒強いですね〜俺酔っちゃいましたよ〜」なんて話しながらスカートから出てるふともも、透けブラ、唇、酒が入り赤く潤んだ瞳をローテーションで見てた。

当然視線が定まらないので「なぁにチラチラ見てるの?」バレた。「綺麗です。マジ憧れてました。好きになってもいいですか?」少し近付き真っ直ぐに見て言ったんだ。

「からかわない、からかわない。こんなおばさんにそんな事言ったらみんなに笑われるよ!」って照れてる様子ながらも赤い顔して微笑しながら言われた。

俺はここしかないと決断。すっと肩を抱き寄せて「本気です。迷惑ですか?」ってキスする一歩手前まで顔を近付け言ったんだ。

「え?別に迷惑って事ないけど...」彼女固まって少し俯いたんだ。チャンスと思った。押すしかない、強引にキスした。しばしの間唇だけのキス。

そして舌を入れた俺。彼女もこたえてくれた。イケル!思いっきり舌を吸いつつすっと手を胸へ伸ばし軽く揉んだ..「んんー」手を払いのけ様としてたけど強引に揉んだ。

「んんん やめてー んん」唇離そうとしてたけど強引にキスしながら胸揉んでた。つつーとふとももにも手を伸ばし触った。

「お願いやめて」って言われた所でキスだけは止めた。手はふとももの間を上下に擦りながらだったけど...

「俺の事ダメですか?嫌いですか?」「嫌いだったら一緒に飲まないし来ないわよ」「だったら」「歳が違い過ぎるし」なんて押し問答してた。

ふともも、腰、お尻、胸と色んなとこ触りながらね。俺は深酒してたけどフル勃起したんで彼女の手を取り触らせたんだ。

「俺我慢できません。好きだからこうなったんです」って彼女の手を上下にシコシコさせた。

「ん、固いね」って言われた時ジッパーを下げトランクスの中へ手を入れさせ直接触らせたんだ。

イケる。間違いなくイケる。俺は確信したから「脱がせて貰えませんか?苦しくて苦しくて」立ち上がり言ったら彼女黙ってズボンとトランクス下げてくれた。

ビンビンになった俺のモノが彼女の顔の前に...脱がせてもらったけど彼女何もしてくれず下向いてた。

一言も喋らず。「見てください。こんなになっちゃいました」言ったけど見ず。

「じゃあ、脱がしますよ」って我慢できずにスカートから手を掛けたんだ。そしたら.....

「おねがい やめて 」泣き出した。ビビッた。ここまできてコレ?何??

訳が分からん?ビビッたけど止まれるはずもなく強引にスカート脱がした。

予想通り綺麗なボディーラインだった。シクシク泣いてた。俺は???だらけ。

「お願い、嫌いになっちゃうから。やめて」言われた。一応そこでストップした。

「ここまできて...」そう言って絶句した俺。シクシク泣きつつダンマリの彼女。

下向いて泣いてた顔に手を差し込みこっちに向かせた。

マジ泣きしてた。目が合った。俺は正気に戻り、「...すいません...俺...」そこが限界だった。

立ち上がりトランクスはいた。

彼女のスカートを拾い上げ謝りながら渡した。シクシク後ろを向きスカートを穿く彼女。

痛々しかったな。。。しばらく沈黙...落ち着いた所でグラスを差し出した俺。ごめんなさい。

言いながら俺は一気に泡盛を飲んだ。泣き止んでたが目が腫れぼったい彼女も一口飲んだ。

結局朝まで他愛の無い話を一杯した。飲みながらね。かなり打ち解けた。

俺は眠気がきたんであくびしまくってたけど。ねむたくなったんで「今日休みだしこのまま一緒に寝ますか?」

聞いたら「うん」って言ったんで一緒に寝る事に。俺のスウェットに着替えさせてベットに二人で入った。

「絶対会社の人には言わないでね!約束よ!」何回も約束させられた。「はいはい分かりました」言いながらあくび連発してた。

自然と向き合い腕枕してた俺。布団の中で抱き合った。そしてキスした。そして寝た。

昼過ぎ目覚めた。彼女まだ寝てた。カワイイ寝顔だった。歳だけど。。しばらくごそごそしながら見てたら起きた。

「なんか照れるね。おはよ! あっ、おはようじゃないか?」なんて笑ってた。なんか凄く可愛く思えてしまった。

「付き合って下さい。真剣に。」告ってしまった。「おばさんだよ?我慢出来るの?」

言われたけど「いいです!付き合って下さい!」必死で言ってた。

彼女微笑しながらキスしてくれた。「まあ私も嫌いじゃないからね、考えとくからね!」言われて嬉しかったな。

微妙にふれる体といい香りがして不覚にも勃起してた。彼女の手をとって握らせた。。

「固くなってるね。。。」「男なんで仕方ないです。それに昨日お預け喰らったし」

「手コキだけでもしてもらえませんか?」って事でして貰いました。発射も見て貰いました。

「次はフェラして貰いますね!」って言ったら笑いながら「まだ付き合ってないでしょ?」言われた。

「ガード固いよ、私」「頑張ります!頑張って崩します!その時は俺が教えます!」張り切って言ったら仕事もそれ位頑張りなさいって言われた。

そして明日が仕事おさめなんでその後デートする約束した。年末年始は二人とも予定なしなんで会う約束をした。

頑張ってみようと思う。

1/11の金曜死ぬ程仕事詰めてやっつけた。彼女は仕事が早いので余裕だった。

俺は焦ってた。と言うのも連休明け朝一で会議があり俺はプレゼン任されてたからだ。

金曜の夜9時になっても終わってなかった..するとメールが来た。彼女だった。

「どう?終わりそう?」「まずいっすね...」「明日大丈夫?」「何とかします!」

「頑張ってね!」単純なメールだったが「よぉ〜し、頑張るぞ!」って声出してしまった。

フロアー見ると5人程しかいなかったけど皆俺を見て何???みたいな感じだったのは笑えた。

で結局午前様になったが無事終了した。一応メールで終わった事を告げ明日朝10時に迎えに行く事を書いた。

即返信来た。「お疲れさま〜〜明日楽しみに待ってるよ!」メールではハートマークや笑顔やデコなんで

ここでは再現できないけどホント嬉しい内容だった。で土曜朝迎えに行ったんだ。

俺初めて見たんだけどコート腕に掛けてスリムなジーンズはいてた。ぴちっとフィットしててすらっと見えた。

会社に着てくる時のジャケットパンツ・スカート姿とはまた違った感じで言い方悪いけど若く見えた。

「おはよ〜」「おはようございます」「寝れた?」「大丈夫っす!じゃあ行きましょう!」って事で一路温泉地へ..

まあまあ遠い道のりだけど色々話しながら走らせた。

俺は正直一緒にいられるだけで嬉しいのだ。

そして温泉...部屋に個室用露天風呂があって一緒に入る事も目的の一つだったからだ...

でもって休憩など入れてもそこそこの時間に到着した。いわゆる観光名所であり新鮮な海産物で有名な処である。

宿について部屋へ案内された。結構大きな部屋。正面奥にはどど〜んと露天風呂がある。「外寒いけど後であれ入りましょうね」

って俺は真っ先に言った。「顔、ニヤケ過ぎ〜〜」またまた言われてしまったが当たり前なのだ。

とりあえず晩御飯食べる前に男女に分かれてる大きな温泉へ入る事にした。

俺は結構長湯が好きなんでべたーっと浸かってた。部屋へ帰ると彼女がいた。

「長いねーー風呂好きなの?」「好きですね、家の近くの温泉にも良く行きますよ!」

なんて会話してたけど...宿の浴衣姿に欲情してしまってた...綺麗だ。いい香りだ。ノーブラかな?

視線に気持ちが出てたんだと思う。にこにこ笑顔で「やらしい事。考えてる目だよ!」すっかり見透かされてた。

俺も笑った。「あはははは、やっぱ分かります?」笑いながらだけどすっと近寄った。

そしてキス....

キスは何度もしてるんだがやはり胸の鼓動が早くなるのが分かる。俺こんなに純だったかな?

なんて考えてた。「んんんーもうすぐ、んん、人来るから..んぐっんん」ってなったけど...

止まれない。手を浴衣の合わせ目へすべり込ませてしまった。「ん んん はぁ う ううぅぅ あっ」

ノーブラだった...乳首嬲ってしまった...しばらくして手を止めお互い視線が合った。

何回も言ってるんだけど..「好きです」真っ直ぐに見て俺は言ってた。「....分かってる....でも...」

沈黙した。「..好きです..」抱きしめながら言った。

「どうしたの?のぼせてるの?」少しニコニコしながら彼女。「分かってるくせに..」顔をこちらへ向かせキスする俺。

しばしキスの後背後から浴衣のあわせ目へ手を滑り込ませた。軽く下から円を描く様に乳房を捏ねる俺。

酔いの為か興奮の為か判断つかないけど頬、耳が紅潮してる彼女。乳首もコリコリと摘み引っ張り捏ねた。

「.んん..あ あっ ああぁ ん はぁ ん..」小さいながら確実に興奮し感じてる彼女。

乳首が固く尖ってるのが指先に伝わる感触で分かる。「可愛いですよ」耳元で囁く俺。

「あん おばさんからかって んん 楽しいの はぁん」あくまで小さい喘ぎ声だけど息遣いが荒くなってるのが分かる。

「露天風呂..入りましょうね」キスしつつ胸まさぐりつつ言った。「..ホントに入るの..」

「もちろんです!これが俺のメインです!」「あぁ..宿選ぶ時ここ真っ先に電話したの んん これ目的だったの..あぁん」

「そうですよ」俺はおそらくふやけた顔してたはずだ。「じゃあ入りましょう」と言って浴衣の紐を解いた..

背後から浴衣の肩口に手を掛け左右に開き下ろした。決してうなじフェチではないが綺麗だった。

アップにまとめたうなじ、いい香りが漂う髪。俺は興奮してた。スルスルと下ろした後「立って下さい」

「....」無言で立ち上がる彼女。同時にハラリと浴衣が足元に落ちた..

後もレース部分の多い小さなパンティーだつた。背後から座って見てたので目の前にプリンとしたお尻..

そのまま顔を押し付けた。ビクっと身体が反応した..

腰を手で掴みこちらを向く様に促した。ゆっくりこちらを向く彼女...前も上半分がレースで透け透けだった..

黒い茂みがくっきり見えた。かなり興奮してた俺。黙って前にも顔をうずめた...

腰を軽く引く彼女...「...恥ずかしいよ..私だけ...」「綺麗です..好きです...」

俺はパンティーに手を掛けスルスルと脱がした...やはり見てしまう裏地..

少し濡れてる...つま先から抜いて一糸纏わぬ姿の彼女。左手で胸、右手で下を隠してた...

「綺麗です..」立ち上がりキスした...彼女が俺の紐を解きだした..

ぐちょぐちょにキスしながら俺の浴衣をはだけた..トランクス一枚の俺。キスをやめ膝立ちになる彼女。

「..○○君も脱がすよ...」スルっと手が伸びズラす..少し引っ掛かった...

「何?なんで引っ掛かるの?」ニコニコしてた..上から見下ろす形だったんでいい眺めだった..

びろーんと出た。キッチキチに上向いて反り返ってた..「握って確かめて下さい。何が引っ掛かってたのか..」

そっと手が触れた..暖房は入ってるけど少しひんやりとした手が触れた...

「どうです..固くなってしまいました..」「誰も固くしてなんて言ってませんけど」

笑いながら言われた。「じゃあ入りましょうよ、風邪ひきますから温まりましょう」と言って個室風呂へ...

ざばーっと盛大に掛け湯して入った。狭いけど2人にはじゅうぶん過ぎる広さ。

元々風呂好きの俺はしばしまったりと浸かり楽しむ。ふぅーとかあーとかうーんとか言いつつ。

ちゃぷちゃぷしつつ向かい合い話ししてた。「やっぱりいいですね〜」

「ホントね!広いお風呂気持ちイイね!」「家の風呂もこれ位あればなぁ..」

「あ〜〜極楽極楽」確かに極楽極楽と聞いたw そしてひとしきり温まった後俺の本題である..

すっと横へ並んだ..何事も無いかの様にお湯を肩へ掛けてる彼女。

手を握った。そして俺のモノへ...上から俺の手を被せてるので手を引こうとしてたけど...

「まだ固いですよ」「..ホントね...」「前みたいにしてもらえませんか?」

「またぁ?こんなとこまで来てするの?」「お願いします..」

「もう」と言いつつしこしこにぎにぎずるずるかりかりと来た。「あーいいです、気持ちいいです」

「ふぅ〜ん..やっぱり気持ちいいんだ〜」なんて言ってた。「○○さんも気持ちいいでしょ?胸や乳首触られると?」

「別に?気持ち良くなんかないよ」「嘘だ!乳首コリコリに固くなってたし!」「違うわよ〜あれは誰でもなるよ〜」

「じゃあ確かめてみます!」って俺は胸を責め出した。お互いニコニコしながら言いつつ責めあいしてた。

「どうです?気持ちいいですか?」「ん 別に」「これは?」「んん..べ 別に..あぁ」

「じゃあこれは?」乳首最大限に引っ張り転がした..「あはぁ ああっ あん」可愛い喘ぎが漏れた...

「どうです?気持ちいいでしょ?もっと声出してもいいんですよ?」あくまで軽く言葉で責めた。

「んん あん ああっ はぁん」間断なく喘いでた..すっと顔を寄せキスした。

「可愛いですよ!..下 どうなってるのかな?」手をアソコへと持って行った...

そっと触れた..指を上下して擦った..ビクッと反応するお局さん。可愛い。

「あれ?ヌルヌルしてません?」「..気のせいよ..」「え?じゃあこれは?」

くりちゃんすりすりして摘んだ..ビクビクっと太ももが振るえ「ああんあぁぁんあっんん」

ヌルヌルしてるのが分かる。決して泉質のせいではないのである。「もうヌルヌルですよ、ホントは気持ちいいんでしょ?」

「..べ 別に..あん 良くないよ..はぁはぁんん」「正直に言って下さい!」

「あん ああぁん き きもち  気持ちいいよ はぁあぁん」やっと聞けた。

俺は嬉しくなりニタニタしつつ背後に回り俺の前にお局さんが座る体勢にした。

左手で胸、右手で下を責めてた...お局さんも喘いでた。お湯がじゃぶじゃぶ揺れるのが分かるほど身体をくねらせてた..

ひとしきり責めた後手を止めこっち向かせた。お局さん俯いてた...あごの下に手を入れこっち見させた...

そしてキスした...

「...恥ずかしい...」「そんな事ないっす!綺麗っす!」

「..こんなに感じて..おばさんなのに..」「女の人なんですよ!おばさんって言うのやめませんか?」「..でも..ホントだから..」

「関係ないです」ってまたキスした。そして俺は立ち上がった..今日は俺も決めてたからだ..

「見て下さい!」顔少し背けてた。「俺のにキスして下さい!」断言した。「..........」

当然無言だった...嫌がるかも知れないけど顔を左右の手で挟み俺のモノの前へ引き寄せた..

軽い抵抗あったけど鼻先に付いた..「これ、舐めて...」目を閉じてたお局さん。

ぴたっと口に当ててみた..しばらくは口閉じてた..目も閉じてた...

俺は上から見てた..チロっ  舌が出て先端に当った..びくっと俺が反応してしまった..

「もう一度」無言で舌が出てきた...ちろちろっと来た...ホントか嘘か判断しかねるが言葉通りなら初めてのはず...

その事がさらに俺の興奮を加速させてた。「口あけて下さい..」目はまだ閉じたままのお局さんへ言葉を掛ける俺。

目が開き俺を見上げたお局さん。視線が合った..なぜかうんうんと頷く俺。お局さんの口が少し開いた...

先端を唇の中へ入れた.....

唇のぬるっとした感触、歯の当る感触、舌先が触れ少しざらっとした感触。

色々な感触と言い方悪くて申し訳ないんだけどやっと到達したって達成感と征服したって感覚が入り混じって凄い興奮してた。

「もう少し入れます」進める俺。ずずずっと竿に唇の感触。引く俺。これを繰返してた。

「んぐ んん ふ ふぅ ぶっぶっぶっングッ」鼻息が荒くなるお局さん。

アップにした髪とうなじが前後に揺れ、そして可愛いおっぱいが揺れるのが見える。

当然大興奮の俺。俺まで鼻息荒かった...「舌でレロレロしてみて」もう目を閉じてたけど物凄く紅潮してたお局さん。

レロ れろれろ レロって舌が動いてた。少し抜いた。先端部分を口に当てた...

何も言わずにチュとしてレロレロしだした...感激した..今日はまた一歩進んだのがはっきり分かる。

「れろれろしながら咥えたりしてみて」俺もここはハッキリ覚えてるんだけどいつの間にか敬語じゃなかった..

れろれろちゅぷちゅぷチュポチュポ...余り深くはなかったけど一生懸命にしてくれてるのが分かる。

伝わるってのかね、とにかく頑張ってくれてるのが分かった...「手で金玉モミモミもして」

言われた事してくれたお局さん。はっきりと分かったけど男の射精って感触や視覚によるものが大半だと思ってたけど

精神的に出したいと思っても昂ぶる事があるんだと確信できた。したい。お局さんと繋がりたい。

頭の中いっぱいになってた....

「上りますか」「そうね」ってな事で上る事に..「俺拭きますよ!」「いいわよ」「いえいえ」

って強引に拭いた。背中から拭いたけどやはり女性の身体は細い。うなじ見てクラクラしてきた。

背後から胸を拭いた。「手つき、間違ってるよ!」手をつねられた。笑った。

「え?間違ってます?」なんて言いつつ執拗に捏ねて摘んで揉んだ。ピンとたってきた乳首。

時折「ん んん あん あぁ ハァン」小さな喘ぎと身体をよじる。見ててほんとに可愛い反応。

俺は勃起したペニスを股の間に差し込んで、素股状態した。

お局さんが「あれ?私オチンチンがはえてきた!」って言って、ぎゅっと太股を締め付けてくれた。

俺はイキそうになったので、股からペニスを抜いた。

「俺、お局さんと一つになりたいです。」

お局さん、何も言わずじっと俺の目をみつめた。

「私も一つになりたい」

俺は彼女を抱きしめた。

そして部屋に戻り、布団に彼女を寝かせ、愛撫した。

彼女「私・・・その初めてなの」その言葉を聴いたとき、

あの時の彼女の涙の意味がわかった。

俺「一生大事にします!」

俺は心底そう思った。

乳房を揉みながら母乳が出るくらい乳首を吸った。

そして彼女の両足を開き、マンコにキスをした。

両手で大陰唇を開き、小陰唇を唇でつまんだ。

割れ目に沿って舌をはわせ、唾液をぬりたくった。

徐々に小陰唇が開き、尿道口と膣口が見えた。

舌先でクリトリスを突っついたり舐めたりして、彼女の反応を楽しんだ。

俺はもう入れたくなり、体をおこし、両脚の間に体をいれた。

開いた割れ目に沿って、亀頭をなぞった。

鈴口からは我慢汁が流れ出て、彼女も膣口から愛液をたらしはじめていた。

彼女は割れ目をなぞるたびに、ビクッと反応した。

俺「今から一つになります。痛かったら言ってください。」

彼女「うん。わかった。」

俺は、亀頭を膣口にあて、ゆっくり押し込んだ。

彼女は少し顔をゆがめたが、かまわず挿入した。

そして彼女の中に全部はいり、一つになった。

俺「どう?大丈夫?痛くない?」

彼女「少し痛いけど大丈夫。今私たち一つになってるのね。」

俺「うん。ひとつになってる。とてもあたたかいよ。」

彼女「ありがとう」

そしてキスをしながら腰を徐々に動かした。

彼女の膣全体でペニスを締め付けてくる。

ものすごく気持ちがいい。

だんだん射精感がきた。

俺「このまま中で、イキたい。」

彼女「・・・いいけど、赤ちゃんができたらどうする?」

俺「俺の子を産んで欲しい。そのために最初の濃い精液を風呂場で出さなかった。」

彼女「わかった。いいよ中で出して。」

俺はその言葉を聴くと、腰の動きを早め、射精へとむかった。

そして、膣奥深くに射精した。

その後、何度も何度も彼女の中に数え切れないくらい射精した。ペニスを抜かずに。

そのうち疲れて二人とも寝てしまった。

部屋が明るくなり朝日が部屋に差し込んだとき、起きた。

股間を見るとまだ入ったままだった。

またムラムラきて腰を動かした。

彼女も起きて、「うん、もう元気ね。」

「痛くない?」

「うん。痛くない。気持ちいいよ」

俺はまた彼女の中に射精した。

彼女「汗でべちょべちょ。お風呂入ろう。」

俺「うん、わかった。」

俺はゆっくりペニスを抜いた。

亀頭が抜けた瞬間、膣口からピンク色した精液が流れ出た。

俺はティシュでふいてあげた。

彼女はゆっくり立ち上がると、ティシュを股にはさみ風呂場へむかった。

俺も後ろから着いて行き風呂場へ行った。

お互い体を洗いっこしながら風呂に入った。

俺は彼女を立たせ、へそ下に軽くキスをし、

「いま俺の精子が○○の卵子に向かって泳いでる。受精してくれないかなぁ」

彼女は、両手で俺の頭を下腹部に押し付けた。



その後、めでたくご懐妊。

いそいで式をあげ、籍をいれた。

二人目もでき、家族4人で幸せに暮らしてます。







全身拭いてくれた。「ほんと大きいわね。身体。」シャカシャカ拭きつつ言われた。

「普通っすよ」「でもうちの課でも一番大きいじゃない」「まあそうっすね」なんて会話しつつ拭いてくれてたのだが...



216名前:名無しさん@ピンキー[sage]投稿日:2008/04/05(土)11:33:33ID:???0

肝心のちんちんには触れない..俺はわざと突き出し「ココ ここ拭いて下さい!」

「自分でしなさい」「えー拭いて下さいよ〜」なんて事にまたまたなってた。

「もう まったく」なんて言いつつ拭き出した。「ちょっとバスタオル外して下さい」

ムクムクと大きくなりだす無節操な俺の分身。「え?え?」俺もよく飲んで出したばかりなのに大きくなりつつあって少しビックリ。

「お局さん。好きにしていいですよ」「何言ってるのよ!別にいらないわよ!」ニコニコしてたな。

完全体になった俺。「勃っちゃった..」「何もしないよ!」お互い立ってたので正面から向き合ってた。

キスした。手を取りちんちん握らせた。「..固いね..」そう言えばお局さんよく固いって表現する。

「ちょっとキスしてくれませんか?」「ん チュ」「いや その 口じゃなくて..」

「さっきした..もうイヤ」「少しだけ..」「ダメ!」「先っちょだけでも..」ありがちな会話だったと思う。

「...もう   一瞬だけだからね!」膝立ちになるお局さん。上から見る俺。

二つの胸の膨らみと可愛い乳首が見える。すーーっと顔が近付く。「ちゅ」ときた。

「もう一度」言う俺。「...ちゅ...」押した。「チュル」と半分近く入った。

暖かく湿り竿にまとわりつく感覚がやはり気持ちいい。「お局さん..顔上下して」

無言で動き出すお局さん。「んぐ じゅる ジュポ ジュルン んぐっ」イイ音が聞こえる。

マックス状態だったけどお局さん口を離した。「はい、おしまい!」立ち上がりニコニコしてた。

「えーーー殺生な〜〜〜」「当たり前でしょ!一瞬って言ったでしょ!」「そんなーーーー」

「さ 服着よ!」ってな事で浴衣着た...



この後はしばし話しつつ飲んで寝ました。吸ったり揉んだりしたけど同じような感じなので省略させて頂きます。







出典:乙骨

リンク:_oz


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

【彼女・彼氏】お局さまと 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月21日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

このページの先頭へ