相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】妻を単独さんに抱かせて・・【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


私は43歳で最近性欲も減退し勃起力も弱くなり中折れもする様になり女盛りの妻35歳は少々不満気味でした・・・

子供一人12歳がいます妻が子供を産んでからは3ヶ月の間に1回有るか無いかぐらいしかSEXしていませんでした

私が自分から妻を誘うような事もしませんでした、妻からも私を求める事は今まで一度も有りません妻は処女でしたし

不倫していなければ私のチンポだけしか知らないはずです。

私は妻を本当に愛してます、しかし最近は妻を満足させてやれない自分に腹が立つのと、一体妻は他の男に抱かれると

どんな声を上げるんだろうかとか私とのマンネリSEXに飽きてこのままでは不倫もしかねないし、既に不倫しているのか?

と心配になり色々疑心暗鬼に悩む日々が続きました。

ネットの素人投稿動画サイトで妻を公認で他人に抱かせてその様子を撮影して投稿している人が居るのを知りました

その人とはネット上で直にメル友に成りました、その人の意見は他所で知らない男と妻が不倫するより公認SEXだと

管理できて安心できると聞きました。

私もそう思いました、自分の部下なら安心だし頼みやすいので公認で後輩と妻とSEXさせる計画を立てました。

私の信頼の置ける後輩にK君という32歳の独身男がいます、顔は普通ですが柔道経験が有り大柄でガッチリとした体格で

真面目で男らしいですが、少し恥かしいがりやの好青年です、妻とも会社の慰安旅行の時面識が有りました。

彼に計画を相談するとしぶしぶながら2つ返事でこの話を受けてくれました。

今度は、妻にK君とSEXしてみないかと話してみました。




妻は驚いていましたが私が真剣に話をすると妻は「最近欲求不満で誰でも良いからSEXしたくて溜まらなかったの」

と正直に言いました、計画が遅ければもう少しで妻は浮気する所でした。

K君とのSEXは生で挿入出来るように妻の安全日に私の自宅でする事に成りました、とりあえず3人で

軽くお酒を飲みながら盛り上がりました。

まず妻がシャワーを浴びましたその次はK君です私はカメラ撮影係ですので参加しません妻は既に寝室のベットの上に座り

全裸です、K君が恥かしそうに前をタオルで隠しながら私たちが居る寝室に入ってきました。

妻には私が「K君は恥かしがりやさんだからお前がなるべくリードするように」と言っておきました。

K君が妻に「宜しくお願いします」と頭を下げました妻は「緊張しないでこっち来て」と言っています

妻がK君のチンポをフェラし始めました妻が「如何?気持ち良い?」とK君に聞いていました

K君は「奥さん上手ですね気持ちいいです・・」と本当に気持ちよさそうです。

妻のフェラでK君のチンポが段々大きく成ってきました流石にまだ若いです竿がビンビンにそそり起ち亀頭が臍に付くぐらいまで持ち上がっていました、K君の肉棒は長さは私より少し長いぐらいですが亀頭が異様に大きいです5cmぐらいは有ります

例えると大きい松茸のようなチンポでした。

私のチンポしか知らない妻は思わず「パパより大きいと声を出してしまいました」

K君は恥かしそうにしていました、私は違う意味で恥かしかったですが・・・

私が妻に「彼の僕より大きいね」と言いました妻はK君の亀頭部分をフェラをしながら「大きくてお口に入りきらない」と言うとK君は少しリラックスした様子でした、私がK君に「妻のアソコもうビチャビチャだから指挿れてみて」と指マンさせました

K君が「ほんとにヌルヌルで一杯濡れています」と言うと妻が「アーン・アーン」と既に肉棒オネダリモードでした・・・

K君の指2本が妻のアソコに根本まで挿っていました私は指を拡げたり掻き混ぜる様に言いましたグチャグチャと卑猥な音が

聞こえています妻の膣口はビローンと伸び柔らかく馴染んでいます私はK君に「指を思い切り挿れてごらん」指示しました

K君が「奥のコリコリした所に触れます」と言いました妻が「アン、そこ子宮口・・・」と身を捩じらせています

K君は触るの初めてと興奮した様子です私は「妻は其処が感じるからガンガン亀頭で突いてやってと」言いました

私は妻が昔からクリよりポルチオが感じるのは知っていました。

いよいよ挿入です。先ずは正常位です、K君の大きい亀頭が妻の膣口に宛がわれた状態で止めて貰い夢中でシャッターを切りました。私も興奮しています、私の指示通りK君が肉棒を上下させて大きな亀頭を妻の尿道口やクリトリスを擦り付けています

お汁で濡れて妻の小陰唇の肉ビラとK君の亀頭がテラテラしています妻がもう我慢出来ない様子でした・・・

妻が「挿れて・オチンチン挿入れて」とK君に懇願していましたK君が私をチラッと見ましたのでOKサインを出しました。

今まで私の物しか挿入した事が無い妻の胎内に後輩の大きな肉棒がユックリ挿入されて行きました。

私は大興奮して勃起して既に先走り汁でパンツを汚していました、大きな亀頭の先が妻の膣口をこじ拡げ穴が一杯に空いた所で

今度はカメラを動画モードに切り替えました妻のピンクの膣肉が口を拡げ亀頭を飲み込むように咥え込みました私はこの時点でパンツ越しに射精してしまいました。妻は大きな声で「アーン・挿っちゃいました」と叫びました私は妻に「何が挿ったの?」

と聞きました妻は「パパとは違うオチンチンがオマンコに挿っちゃいました」言いました今度はK君に「妻のおまんこ如何?」

と聞くと「良いですネットリと絡み付いて奥さんのアソコ気持ち良いです」と言いいながら浅くズコズコしていましたので

私は遠慮しなくて良いから「奥まで挿れてやって」と言うとK君は妻を抱きしめ腰を落としました妻もK君の

背中に手を廻しました肉棒がズブズブと根本まで挿入されました、私は結合部分を撮影していました・・・

次に妻はM字開脚の状態でK君に脚を持たれた体勢です私以外の大きな男性器を初めて挿入された妻は興奮して

目が潤んでいました、K君の肉棒が妻のおまんこに長いストロークでピストン運動しています。

私は妻に「K君の大きいオチンチン奥まで挿ったね如何?」と聞くと妻は「少し痛いけど気持ち良い」と言いました

私はK君にカンペを出してセリフを言わせました。もうAVビデオ撮影其の物です。

K君が妻に「奥さん如何、気持ち良いの」とK君も完全にリラックスしてノリノリ状態に成りました。

妻は「奥が・子宮が押される感じで、パパとは違う所に当たって・あうぅ」

今度は騎乗位で下からパンパンとチンポで突き上げられていました凄いピストンです・・・

ノリノリなK君が妻を下から突き上げながら私の出したカンペ通りに「先輩のとどっちが良いですか?」

妻は「パパのオチンチンよりも奥に当たって気持ち良い気持ち良いぃ」と喚いています

今度はバックでガンガンに突かれていますパンパンパンと肉音が響いていました・・・

妻は「パパー突き刺さる子宮が壊れる.子宮壊れるイグ・イクッ」と狂っていましたバックだと奥深くまで挿入出来るので

ポルチオ派の妻には堪らなかったでしょう。

最後はもう一度正常位です私はK君に妻は奥まで挿れられるの好きだから根本まで挿入してと言いました私も撮影しながら

自分のチンポを妻の口に押し込みました一度射精したのですが興奮して私の物も既にビンビンでしたもう3P状態です

K君が「奥さん奥好きなの?」妻は「好きー.奥好きー」K君は「奥さん脚肩に乗せてうーんと奥まで挿れるから」

K君は妻をまんぐり返しにし脚を自分の肩に乗せた状態で妻に伸し掛かりました、妻が「あーーーっ」と凄い

叫び声を上げると興奮したK君が「奥さん如何?全部挿ったよ」妻は「パパのじゃ届かない子宮の奥まで来てるぅ」

と両足をK君の背中にに絡ませ腰を浮かせて奥深くまで受け止めていますまるで子作り中の夫婦のような感じです

妻の体がビクビク動いています私の物では届かない奥の奥まで刺激されて体が反応したのでしょう妻は少し痙攣状態に

成りました。

K君が「奥さん射精しそうですそんなに締めたら抜けないから中で出てしまいます」と言いましたが

私は「安全日だから中出ししても良いと」K君に伝えました其の瞬間K君は妻の奥深くでビュク・ビュクと射精始めました

睾丸袋がピクピク動いています妻が「あん・中で出てる子宮に注がれててるぅぅぅ・・」

K君のチンポが妻のアソコから抜ける時も亀頭の辺りで止めて貰いました私は夢中でシャッターを切りました・・・

ポコッと亀頭が抜けると拡げられた膣口のお肉がユックリと閉じて来ましたが、亀頭の大きさと精液の量が多くて膣穴が

大きく空いた状態でした。

妻が呼吸する度にヒダヒダ膣肉がクパクパとパクついていましたその度にK君の精液がポタポタ垂れています。

今度はK君にカメラを渡して、逝って放心状態の妻をベットに押し倒し私が挿入しましたが精液と愛液が混じり合って

K君の大きいチンポで掻き回された妻のおまんこは既に緩くなったように感じました簡単にヌルンと私のチンポを奥まで

飲み込んでいます妻は「アーン.パパのも硬くて気持ちいいー」と言ってくれましたしかし物の3分ぐらいのピストンで

早々に妻の奥深くに射精しました。

妻は久しぶりに凄く満足したと大喜びでしたたまにK君を呼んで妻を抱かせたいと思います。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

【人妻・熟女】妻を単独さんに抱かせて・・【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月22日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ