相互リンク先の更新情報!

【フェラチオ】従兄弟との関係【告白体験談】

カテゴリー:フェラチオ告白体験談
tag:


あれは確か俺が中2ぐらいで従兄弟が小4ぐらいのときだった。

従兄弟は一人っ子で、今でもそうだが、小さいときから美形でした。

俺は従兄弟から「お兄ちゃん」と呼ばれていて、すごく慕ってくれてました。

家も300mほどしか離れていないので、小さいときからよく遊びにきていました。

俺が中2になる頃、やっぱり性に目覚め始め、性に対してピークの時だったと思う。

一日に何度もオナニーしているころでした。

ある日、理由は忘れましたが、俺の家に従兄弟と俺だけの時がありました。

俺は従兄弟に

「キスしてみない?」と持ちかけました。

「いいよ」って嫌がるそぶりもなく従兄弟はOKしてくれました。

多分従兄弟は軽いほっぺたのキスだと思っていたんだと思います。

俺の狙いは大人のチューだったから唇にキスをしました。

一度、やめて「ベロ入れるよ」っていって強引に従兄弟の唇を舌でかき分けて

従兄弟の舌をチロチロしました。従兄弟もわかったのか自ら舌を動かしてきました。

たぶん10分ぐらいはしてたと思う。




俺は初めて会う感覚に酔いしれてました。

「どうだった?」って従兄弟に聞きました

「なんかすごく気持ちいいよ」ってまんざらでない様子でした。

「もっとする?」って聞いたら

「うんうん」っと笑顔で答えてくれました。

再びディープキス

俺の興味は従兄弟の下半身へと移っていきました

キスをしながらお尻をさわりましたが、嫌がるそぶりはみせないのでパンツに手を

かけるとさすがに

「そこははずかしいからだめ」って初めて抵抗されました。

でも俺の勢いはとまらなかった。

強引にパンツをさげました。

そして俺は見たいという願望もあり、従兄弟の股間に顔をうずめました。

最初はわけもわからず、舐めまわしていたんですけど、これ俗にいうクリトリスなんだとか

いうのがわかってきて、雑誌の知識しかなかったのでクリトリスを重点的に舐めました。

「きもちよかった?」って聞くと

「すごいよぉ」って従兄弟が答えてくれたので

「またしようね」っていうと

「うんうん」っといってくれました。

その日はそれで終わりました。

その日から、なかなか二人になるチャンスは訪れません。

俺の想像は膨らむばかり、チャンスは待ってても訪れないと悟った俺は従兄弟を呼び出しました。

そして、近所のマンションの屋上へつれていきました。

そこは誰もこない俺の秘密の場所でもありました。

そして、俺は正直に話しました。

「またキスがしたいんだ」っといいました

「私もしたかったよ」と従兄弟もわかっていたかのように答えてくれました。

俺はキスをして、従兄弟を全裸にしてまた股間に顔をうずめました。

そして従兄弟に俺の息子を握らせました。

待望であったフェラチオをお願いすると、多少の知識はあるみたいで素直に俺の息子を口に含みまいした。

そして俺は従兄弟の口の中で果てました。

「ありがとう。すごく気持ちよかった」と俺がいうと

「全然いいよ」っと答えてくれました

「またしてくれるかな?」っていうと

「気持ちいいなら、いっぱいしてあげるよ」っと答えてくれました

それからというものこんな関係つづき、半年ほどたったころ、従兄弟に初潮がきました。

うっすら毛も生え始め、毎回、従兄弟の体にいろんな変化があり、あきませんでした。

そして従兄弟が中学に上がる頃、処女をいただきました。

従兄弟は現在25歳、結婚もしたが、体の関係は未だに続いています。

ノーマルエッチではあきたらない身体にしてしまっています。

旦那とは、ノーマルエッチをして、俺とは変態的なエッチをしています。

今、彼女がはまっているのは、リモコンバイブを装着し、ばれないように街をは歩き回り、その後、俺が

犯す・・・といったものです。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【フェラチオ】従兄弟との関係【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月22日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

このページの先頭へ