相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】夜中の彼女からの電話に出たら彼女の喘ぎ声が聞こえた 【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


昨日夜中に彼女から電話があったので出てみたら、ハアハアという声と、ザシュザシュというストローク音が聞こえました。20秒くらいして、「やったあ〜やったあ〜やったぜ〜、ついに友美にはめたった〜」という男の絶叫が聞こえました。



さっきまで友美のところに行って経緯を確認してきましたが、会社の送別会に行って、上司の部長含めて3人にマワされたらしいです。別れます。

気持ちのやり場がないので、書かせてください。



友美は24歳。それほど大手ではない日本橋にある輸入雑貨の会社に勤めてます。

すごい美人というわけではありませんが、色っぽい女で、しかもスタイルは良くてよく男に声をかけられるって言ってました。



スリーサイズは確認したことはありませんが、B88、W62、H90といったところです。

ブラのカップはF(実際よりも大きいのするでしょうが)をつけてました。

よく声をかけられるので、絶対気をつけろといつも言ってたのに。



昨日は、部長が大阪転勤になったので送別会があると言って、朝別れました。

「部長って私のこと好きみたい。しかも結構セクハラで、よく飲みに行こうって誘ったり、この前はお尻触られちゃった〜、ほんとにコマル!」って良く言ってました。






嫉妬深い俺が他にもないかあれこれ問い正すと、「あと営業にいるBさんも、用もないのに私のところに来てだべったりするんだよね〜、それから、うだつのあがらないリストラ目前の中年社員のCさんも、他の人に頼めばいいことを全部私のところにきてさ、頼むんだよね〜。やになる」と聞いてました。

もう半年くらい前のことです。



聞いてみたら、昨日はこのA部長、B営業、C中年の3人に思う存分突きまくられたらしい。

まだ信じられません。



実際会ったことはありませんが、A部長は50歳くらい、B営業は35歳くらい、C中年は48歳くらいだそうです。



昨日はA部長の送別会で、50人くらいで盛大に送別会があったのでしょう。



朝行く時に「例の3人に気をつけろよ〜」と冗談半分に言っていたのに。もっとちゃんと言うべきだった。

飲み会の後会う約束をしていればよかったのに、私も別の飲み会があり、会えなかったのがすべての失敗でした。

昨日は、送別会の後、A部長に「友美ちゃん、最後だしカラオケに付き合ってほしいな〜」と露骨に言われ、女の友達も一緒だったので気楽な雰囲気でついていったと。



カラオケの個室に入ったら、全部で10人くらいで、しかも普段は絶対にこないC中年がちゃっかり居て、不思議だな〜と思ったそうです。



夜11時くらいになって、だんだん友達も終電だからと言って帰ったらしいのですが、A部長から「友美ちゃんはもうちょっと歌おう。車で帰ればいいから」と言われ、送別会だから、っていう気持ちもあって残っていたそうです。



その内、気づいたらA部長、B営業、C中年の3人と、中年の女の先輩だけになっていたそうです。

12時半くらいにカラオケを出てのですが、うまいことにA部長が中年の先輩にさっと1万円を渡して「おつかれさん、これで帰ってね、領収書もらっといて」といってタクシーの乗せました。



友美は「あれっ?私は?」と思ったらしいのですが、3人に取り囲まれて「タクシーで送るからさ、もう1件行こう!」って強引に誘われたのです。



友美は3人に連れられて居酒屋に行ったそうです。危ないな〜と思ったらしくそのとき私に電話を入れてくれたらしいのですが、馬鹿なことに気づきませんでした。



居酒屋では「やあ〜友美ちゃんと離れるのは寂しいな〜」みたいな話を部長がずっとしていて、

B営業とC中年は不思議なほど無口だったようです。

どういう経緯かわかりませんし、3人が示し合わせていたとも思えませんが、

みんな友美を抱くチャンスを狙っていたのでしょう。



1時間くらいすすめられるままに飲むうちに、相当酔っ払ってしまったので、「私もうかえる〜」とか、

友美風のかわいい口調で言っていたらしいのですが、これがバーナーを最終的に点火させてしまったのかも知れません。



友美がトイレに立ってから戻ると、カクテルが用意されていて、B営業が

「友美ちゃん、遅くなっちゃったからこれ飲んだら帰ろう!」って言ったらしいです。

B営業が「じゃあ時間もあれだから、A部長のご栄転を祝ってかんぱ〜い」とみんなでグラスをあおったと。

ちゃんと覚えているのはここまでだと、言ってました。

そのカクテルを飲んだら急激にふらふらして眠気が襲ってきて、眠ってしまったらしいのです。



意識が戻ったときには、ラブホに連れ込まれていたと。車に乗って、車から降りたところは意識があるらしいのですが、どこに入ったかよくわからなかったと言ってました(本当か?)。

ちゃんと意識が戻った時にはブラとパンティだけにひん剥かれてベッドに寝かされていて、3人の男がチンポ丸だしで全裸でベッドの脇に立っていたと言ってました。

友美は朦朧とした意識の中で必死に「やめて下さい」って抵抗したらしい(本当か?)のですが。。



まずB営業が頭側に回って両手を押さえつけ、C中年が友美の両足を押さえつけたと。

きっと「A部長どうぞどうぞ」とか言ってたのか。

まずA部長が友美の上にのしかかりブラとパンティをゆっくり剥ぎ取ったのでしょう。

詳細は友美から聞けませんでしたが、想像するにあまりあります。



A部長は友美の豊満な胸を思う存分なめまわし、おまんこに顔うずめたのでしょう。

順番はA部長、B営業、C中年だったらしいです。みんな2回ずつ楽しんだらしい。



電話がかかってきたのは、C中年が一発目をはめた時だったらしいです。

C中年は結構前から友美を狙っていたのですね。毎日友美でオナニーでもしてたんか。

こいつはゆがんだやつで、彼氏に対してあてつけたかったのでしょう。

友美の携帯をとって、当然履歴が一番近い俺に電話をしながら、犯そうと思ったらしいのです。

おそらくその前に死ぬほど友美の体をなめまわしたのでしょうが。

正常位(たぶん)でズンとはめた後、俺の携帯に電話してきたようです。

気が狂いそうでした。



電話で聞こえた声は聞くに堪えませんでした。

C中年「やったやったやったった〜。友美ちゃんにはめちゃった〜」

友美「ああ、ああやめ、やめてっ、いやっ、いやっ、いやっ」

C中年「好きだ好きだ、前から好きだった。あ〜気持ちいい〜っ」

友美「あん、あん、あん」

C中年「彼氏かな、この電話。ごめんね、ごめんね。申し訳ないね〜。いただきましたよ〜っ。」

友美「ああ、ああ、あん」

C中年「こんな体、ほっとくほうが悪い。若造なんかだけに楽しまれるわけにはいかないよ。俺だってまだまだ現役だ〜っ。これがその証拠だ、ほれっほれっほれっ」

友美「あん、あん、あn」

C中年「友美ちゃん、ご、め、ん、ね〜。彼氏もご、め、ん、ね〜。ついにやった、あこがれてた友美ちゃんを、ついに俺のチンポでつらぬいた〜」



上は正確ではありません。

ただ、友美のあんあんというあえぎ声と、C中年の勝ち誇った絶叫だけが携帯を通じて聞こえました。



最初の数分間は私も「やめろ」と絶叫していましたが、数分たつと方針状態になり失禁してしまいました。

それからC中年の「う〜ん」という満足気なうなり声と、友美の「あんっ、あんっ、あんっ」という声と、

たぶんA部長とB営業の笑い声、「それっそれっそれっ」という掛け声だけが聞こえました。

20分くらいたったでしょうか?電話の切れる前は最高に屈辱的な場面でした。



C部長「ああ、ああ、気持ちいい〜っ。長年ためてたもの全部出してあげるからね〜っ」

友美「ああ、ああ、やめて、あんっ、あんっ」

C部長「いつも友美ちゃんの机や歯ブラシにザーメンかけてたんだよ〜っ。それほど好きだったんだ。だからいいよね、いっぱいかけちゃってもいいよね〜っ」

友美「あああ」

C部長「いいのかい?いいのかい?いっちゃうかい?僕もいっちゃうよ、あこがれの友美ちゃんにかけるんだからいっちゃうよ(意味不明)」

友美「ああやめて、ああ、ああいく、ああいく、たかし(おれの名前)ごめんね、ごめんね、ああ、ああいく、ああいくっ」



C中年「ああああ、きもちいい〜っ、ご、め、ん、ね、〜っ」

友美「いくっ、いくっ、きもちいい〜っ、たかし〜っ」

その後、C中年は友美の顔にどっぷりかけたらしいです。

しばらく話声や笑い声がした後、電話が切れました。



その後友美の携帯に電話をなんどもしましたが繋がらず。さっき友美の家まで行って、

やっと事情を聞きました。泣いて謝っていましたが、もう気持ちが繋がりません。

しかも3人で2回ずつ、計6発もやられて、ほとんど顔射されたらしいです。

以上です。C中年のところしかわかりませんが、詳しいやられ方はもちろん聞いてません。

書いても、気持ちが収まるわけではないですね。



−−−

大阪行く部長の送別会で、前から狙っていたA部長、B営業、C中年の3人に、思い切りレイプされた友美の件です。あれから、いろいろあったので、書きたいのですがタイミング悪しですか?



ではぼちぼちと。精神状態が普通じゃないので、途中でやめたらごめんなさい。

前の経緯は書いた通りです。友美は色っぽいグラマラスな女で、でも本当にいい娘で愛し合ってた(つもり)。

前から部長がお尻触るから困るとか言ってたけど、送別会の日に酔ってホテルに連れ込まれ、

変態中年Cがいいように突いている最中に、歓喜のあまり俺に電話してきて、

「ついに友美ちゃんをやったったった〜」とか絶叫してきたと。

そして友美は俺に謝りながらも、C中年にイカサレテしまったと。

あとで友美に問いただしたら、3人に計6発やられたと。そんなことでした。

もうずいぶん昔みたい。



あれからこのスレで励ましてもらったり、教えてもらったりしたので、

ショックからとりあえず立ち直った先週末に、友美の会社に乗り込みました。

友美は「会社を辞めたくないから、もう事は荒立てないで。私も悪かったし、

絶対にもうしないから許して欲しい」と泣いて何度も謝りましたが、当然許せるはずも

なかったので、友美には言わないで行ったのです。



会社の受付行って、「AかBかCはいらっしゃいますか?」(俺なんで敬語使ってるんだ?)と思いつつ。

どうやらA部長とB営業は外出だったらしく、Cが出てきました。



その場でぶん殴ってやろうかと思ったけど、「***(友美の苗字)の知り合いなんですが、

ちょっと話させてもらっていいですか?」と言って外に連れ出しました。

C中年は想像をさらに下回る冴えない男で、小柄で髪はうすく、黒ぶちのめがねをかけてました。

ただ、体格だけは良く、後で聞いたら柔道やってたらしい。

近くの喫茶店に入って座ってから、切り出しました。ついてくるときから、Cはおずおずしていたので、

当然何の話かはわかっていたのでしょう。



俺「この間、友美にひどいことしてくれましたね?俺、電話もらったもんです。俺です」

C「はあ、どうも。そうかな〜と。いやいや失礼しました」

俺「失礼じゃねえよ。どうなるかわかってんだろうね」

C「いや、そう言われてもね〜」

俺「あんた犯罪者なんだよ。これから警察連れてくから」

C「だって友美ちゃんから誘われたんじゃね〜。和姦ですよ。ワカン」

俺「馬鹿言ってるとひどいことになるよ」

C「じゃあ***さんに聞いてください。」

俺「はあ?」

友美の携帯に電話して呼び出しました。友美は血相を変えて喫茶店にやってきました。



友美から聞いていた話では、カラオケ後にA部長ら3人と言った飲み屋でカクテルをあおって、記憶がなくなったと。気づいたら、ホテルに連れ込まれていて、下着だけでベッドに寝かされていて、3人がちんぽ丸出しでベッド際にたっていたと。

それからはもうなすがまま。抵抗したけど、いいように抱かれて最後はCにイカサレテしまったと。

でもこれ、やっぱり嘘だった。酔ったのは酔ったけど、ホテル連れ込まれる時には意識があったらしいです。



俺「友美、どういうことだ。このおっさん、和姦だったとか抜かしてるぞ」

友美「。。。」

俺「おまえまさか、積極的に抱かれに行った訳じゃないだろうな」

友美「ちがう、そうじゃない」

C「いや、誘われたと思うんだけど」(お前は引っ込んでろ!)

俺「何が違うのかちゃんと説明してくれ。お前はレイプされたんだぞ!」

友美「うん。。。」

C「いや違うでしょ〜。友美ちゃんちがうよね〜」

友美「は、はい」

俺、発狂寸前。



長いので省略しますが、その喫茶店に2時間いました。

話を要約すると、友美は確かにしこたま酔っ払ってはいたが、A部長のことは昔からセクハラもどきのことをされていたけど、それなりに好意は持っていたようです。最後だということもあって、A部長に強く誘われ、

つい「一回くらい抱かれてあげてもいいかな」という気持ちになったらしいのです。

タクシーで4人で乗って、いったんB営業とC中年は別れるふりをして、A部長と二人きりになり、

「友美ちゃん、思い出に一度だけ夢をかなえて欲しい」と言われ、連れだってホテルに入ったと。

でもまさかBとCが合流するとは思ってなかったということなのですが、もうこうなると信じられません。



ホテルに入って友美はシャワーまで浴びたらしい。その間にA部長が、BとCを呼び出したらしいのです。

シャワーから出たときには、3人の獣がそれこそ全裸で立っていたと。

友美「えっ、えっ、なんで〜?」

A部長「友美ちゃん、いいだろ?俺だけじゃなく、こいつらの夢もかなえてあげてくれよ。Cなんかもうずっと前から知美ちゃんを狙っていてさ。仕事なんか手につかないくらいなんだよ」

友美「そんなっ、それはいやです。私はAさんとなら、1回くらいって思って。。」

A部長「ごめんごめん、気持ちはうれしいよ。でもさ、この際頼むよ」

なんとCはこの時、床に這いつくばって土下座しながら、「友美ちゃん、一生に一回、このさえないオヤジの夢をかなえてくれ!」と頼んだらしいです。



友美「え〜っ、そんな困ります。だめですよ、そんなんだったら、帰りますっ」

最初はこんな抵抗してたらしいのですが、A部長に抱きしめられてディープキスされて力が抜けてしまったらしいです。

A部長「じゃあ、BとCは見てるだけ。絶対何もしないということでさ。僕とはいいだろ」

友美「う、うん。。じゃあ見てるだけで。」

それからA部長に友美は抱かれたらしい。どんな抱かれ方だったかはわかりませんが、顔射されてフィニッシュしたと。

これ以降はほとんどレイプだと思うのですが、A部長が顔射して友美がわけがわからなくなっている時に、Bにはめられてしまったのです。

友美「あっ、ああ〜っ、だめっ。Bさん見てるだけってやくそくし。。」

B「いいじゃん、同じなんだから。それそれ〜っ」

友美「あっ、ああん、あああん」



Bにいいように抱かれてさすがに友美もやばいと思ったらしいのですが、

案の定Bにフィニッシュされた後には、Cが拝むようなポーズで上に乗ってきたらしいです。

C「ここまできたら。お願いします。お願いします。お願いします。友美さま」

友美「ああ、いやですっ。Cさんに抱かれる筋合いはないから」

でも本当にこんな抵抗したのかはよくわかりません。友美が言ってるだけだから。

Cにパイオツを存分になめまわされ、オマンコに顔をうずめられてからは、どうでもよくなって母性本能が働いてしまったらしいです。

こんなに頼んでるんだから、一回だけ抱かせてあげようと。。



さすがに俺の携帯に電話をするのは想定外だったらしいのですが、CのSEXはすごかったのでしょう。前スレで書いたようなSEXが展開され、

イカサレタらしいです。別れ際に、彼氏には無理やりされてしまったということで口裏を合わせよう

ということになったらしいです。



これで終わりです。当然、友美とは別れました。



今頃Cに抱かれてるんかな。まだ血管切れるほど怒りがわくときもありますが、

どうでもいい、という気持ちもあります。



泣いてすがられました。今でも戻りたい気持ちが強いです。あんな女はめったにいないし。でも信頼はもうできないから、やっぱ無理ですわ。



まだ電話はかかってきます。出てませんが。。でも結構耐えられなくなってます。

より戻したい。というか抱きたいんです。



でもまたおんなじことで苦しむんですよね。どうしたらいいか、気が狂いそうですわ。



−−−

日曜日、友美とよりを戻しました。どうしても抱きたかったので。最高に興奮しました。



友美、結局C中年にとられました。1週間であまりに動いたので、今はかけません。

落ち着いたら、書きますから。



−−−

あの後のこと書きます。



C中年と喫茶店で話をして、友美の嘘がわかった後、そのまま別れました。わずか2週間ばかりの間でしたが、

友美を抱きたいという気持ちで死ぬほど苦しみました。

ちなみに友美の発音は「ゆみ」です。「ともみ」ではないです。

それから家庭にばらすアドバイスもいただきましたが、A部長とB営業は結婚して子持ちですが、C中年は独身です。

一番にくい相手には有効な手段がありませんでした。



特に先週末3連休から、一人で部屋で悩みまくりました。友美とやっぱり抱きたい・より戻してやり直したい、という気持ちと、絶対に許せない・信用できない、という気持ちとの葛藤でした。

3人に対する復讐の手段もいろいろ考えましたが、結局は友美が馬鹿だったんだと思うと、それ以上踏み切れませんでした。そして友美とより戻して、約束していた通り結婚しようかと思いました。

そんなこんなで、のた打ち回るほど苦しみました。



馬鹿だと言われると思いますが、結論は友美とよりを戻す、ということでした。

やっぱり自分を愛してくれているんだし、自分が本当に好みの女は探してもそう簡単に見つかりはしない、と思ったからです。

馬鹿なやつと笑ってください。実際、馬鹿な結果になりました。

月曜日の夜、友美に電話をしました。やり直そうと言うために。。。



月曜日の夜9時過ぎ、友美の携帯に電話しました。が、何度電話しても着信はすれど友美が出ませんでした。

せっかく気分が最高潮だったのに何をしてるんだ、とまた怒りがこみ上げてきました。9時30分過ぎまで連続で電話しましが結局友美は出ません。

しばらくして10時過ぎに電話して、やっと友美が出ました。



俺「友美か、久しぶりだな。元気か?」

友美「電話ありがとう。元気だよ。」

俺「あのさ、俺たちやり直そう。あの事忘れてやり直そう。愛してるから。やっぱりお前が好きだからさ」

友美「えっ。う、うん。ありがとう」

俺「今晩そっちいくよ。車でいくから泊まるからさ。」

友美「うん。わかった、ありがとう。何時くらいになるかな〜」

俺「すぐ出るから10時過ぎには着くよ」

友美「でもそれじゃ大変でしょ。明日会社あるんだし。明日会おうよ」

俺???



俺「そんなこと大丈夫だからさ。今からいくから」

友美「今日さ、暑かったせいかすごく頭痛くてね。寝ようとしたけどさっきうつらうつらしてたんだけど、やっと眠れそうなんだ。明日ちゃんと会いたいし、今日は寝かせてほしいよ」

俺「そっか、だからさっき電話出れなかったんだ。心配したぜ」

友美「う、うん。ごめんね」

俺「わかったよ無理言わない。じゃ明日夜、ごはん食べようぜ」

友美「うん、わかった。じゃまた電話ちょーだい。うれしかった。ありがとう」

それで電話切りました。俺は馬鹿みたいに幸福に浸ってました。

明日あったら、たくさん気持ちを伝えて、その後友美の身体を存分に抱いてやると思ってました。婚約の指輪さえ、用意しようかなと思ってました。



明日に備えてと思い、シャワーを浴び早々に眠りにつきました。夢で友美に会いたいとさえ思ってました。

いつも早々に眠りにつくのですが、やはり興奮して眠れずごろごろしていて、うつらうつらようやくしかけた頃(おそらく12時30分近く)、携帯がなったのです。

電話は友美からでした。何かあったのかと思い、すぐに電話に出ました。



真実は小説よりも奇なりと聞いたことがありますが、正直耳疑いました。

電話は友美からではなく、単に友美の携帯から俺にかけられたものでした。



電話口からはまたすさまじいSEXの声が聞こえました。

「ゆみたん〜ゆみた〜ん」

友美「あっ、あん、あっ、あん」

「そりゃそりゃ、そりゃ。う〜んああ〜うう〜ん」

友美「ああ、ああん、いい、いい、ああっん」

「いいかい、いいのかい?わはっはっはっ、あああきもちいい〜」

友美「ああっだめ。ああだめっ、ああまたいくっ、いくっ」

「はっはっはっ、ゆみ〜っ」

声は紛れもない、あのC中年の声でした。



俺「ゆみ〜っ。なにしてるんだ〜っ」

その声が携帯越しに聞こえたのでしょう。

C中年はまた、友美には何も言わないで、枕元においてあった携帯から俺の着信履歴めがけて黙って電話をつないだのです。

俺が電話をした時間も、Cは部屋にいたのでした。俺からの電話を知っていて、俺に見せ付けるためにまたSEXの途中で電話をしてきたのです。

俺が絶叫したので友美にも聞こえたのでしょう。

友美「えっ、どうして電話が。。。」

C中年「わはは。またやっちゃった〜」

友美「たかし?ああどうしよう。たかし?ごめん、ごめんなさい」

俺「おまえCとできたのか?SEXしてたのか?」

友美「ちがうの。ちがうの」

そこでCが電話を奪ったのでしょう。

C中年「先日はどうも〜。しっかり頂いています。あなたが別れたと聞いたので、私としては制約なしということで、あれ以来つき合わさせてもらってます。すんませんね〜」

俺、混乱と怒りで声が出ませんでした。



C中年「もう友美は私のモノです。年齢なんて関係ない。このまま結婚までいかせてもらいますから。こんな色っぽい女を待ってたんですよ。男冥利につきますな〜」

俺「。。。」

C中年「これからフィニッシュするんで、聞いててください。ゆみちゃん、いきますよ〜。はははっ〜」

友美「あっ、ああいや、ああいや、ああん」

C中年「いく、いく、きもちえ〜っ」

友美「ああいく、ああいく、ああいく、いくいく〜っ、すき〜っ」

C中年「ふえふえ〜。中田氏させてもらいました」

俺「。。。」



しばらくして俺は携帯に言いました。冷静でした。

俺「友美いるか?」

友美「はい」

俺「そいつと付き合うんだな」

友美「だって、だって仕方ないよ。もうたかしに見捨てられたから、どうしようもなくて。先週また飲みに誘われて、そのままホテル行っちゃって」

俺「わかった。これで終わりだな」

友美「たかし、ごめん。。。もう何も言う権利がなくなっちゃったね」

俺「あたりまえだよ。でもひとつだけ言っとく。俺はいなくなるけど、そんなやつお前と年だって20くらい違うんだし、どう見てもつりあわない。だから別れた方がいいよ」

友美「うん、ありがとう。」

俺「それじゃね。」



それで本当に終わりました。よほどSEXがよかったのか。愛情とか理性とか、SEXの前では吹っ飛ぶのか。。。

いい人生経験になったと思ってます。

これでやっと、また別の人を探せます。でもなんか根本的に人間不信になっているような気もします。

がんばってみます。みなさんありがとうございました。



出典:みんなのエッチ体験

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

【寝取られ】夜中の彼女からの電話に出たら彼女の喘ぎ声が聞こえた 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月26日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ