相互リンク先の更新情報!

【友達】ボクシングvs不良【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


俺、凄く気が弱いんだよ。

なのにさ、親父がプロボクサー目指してた事もあって、俺にボクシングやらせんの。

全然やりたくないけど無理やりやらされてたせいで、嫌でもすんげー強くなる。

見た目はオタクなんだが、本気をだせば校内最強。でも誰にも秘密。それが俺。



ある日学校から帰ろうとしてたんだ。そしたら、女子の不良に絡まれた。

見た目がオタクだからって、女が男に金たかるなんて漫画だけだと思ってたよ。

中々財布をださないでいると、持ってた棒きれで普通に俺の頭殴ったり、尻を蹴ったりする。

頑張って耐えようと思った。いつもいじめられてるときも頑張って耐えてるんだもん。

でもこの日の俺は、ファイナルファンタジーを買うために、少ない小遣いを必死で貯めてた。

その金が財布の中に入ってる。帰りに買おうと思ってたんだ。だから財布を渡すワケにはいかない。

俺の中で「クラウド」がこういうんだ。お前の本当の力を使えって。なんで使わない?

力を持った者には責任がある。お前にはその力を使う義務がある。そういうんだ。

半分妄想入ってるけど、そんな感じで、ファイナルファンタジーのせいで、今まで隠していた

力を解き放ったんだ。馬鹿だね俺。俺がいきなり立ち上がり、凄い形相でにらんでいる事に




気づいた不良の女子が、「何みてんだコラ!」とかいって、持ってる棒を振り上げた。



俺は、それが振り下ろされる前に、1ステップで女子の懐にはいり、ミゾに一発お見舞いした。

可哀相に。ボクシングやってる奴のボディーをモロに受ければ、二日は飯が食えない

仲間をやられてムカついたもう一人が俺の背後から走り寄ってくる。バレバレなんだって

ボクシングやってるとね、耳で相手の位置がわかるの。うらむなら俺の親父をうらみな。

振り返り様に左フック。女の顔を殴るなんて最低?悪かったな。今俺に写る女は「ティファ」だけだ。

綺麗に顔に左フックをもらい、その女子もぶっとんだ。妙な感触があったな。歯がとれたか。

二人を片付けた俺は、ファイナルファンタジーを手に入れるために、店に走った。



話はここで終わらなかった。

FFをゲットして有頂天の俺は、次の日不良に囲まれた。今度は女の不良じゃなくて男の不良にだ。

近くには昨日顔を殴った女がいる。もう一人はミゾにきついの入れたからその場にいない。

殴られた箇所に分厚いガーゼをした不良女は、俺を囲んでる不良達に「骨折っちゃって」とか頼んでる。

折っちゃってって・・・。残酷すぎるにもほどがあるだろ。あれか、核ミサイルのボタンを

安全な場所から押すような感じか。直接殺してないからやったことに鈍感だってか。

よく見ると俺を囲んでる不良は、同学年で悪いで有名な奴らベスト5までを一堂に会した感じだった。

大きい奴小さい奴中くらいな奴、みんな見た目はそれぞれだが、眉毛がないのは同じだった。

殺される…

そんな事は俺でもわかる。問題はどう対抗するか。不良女をあそこまでしておいて

前みたいにゴメンなさいじゃ済まないだろう。俺に対するイジメはレベルアップするに違いない。

ならば、また拳を振るうのか?それもまずいんじゃないのか。だって暴力をふったがために

俺は今のこの状況なんだ。これ以上事態を悪化させるのは・・・・・・・・。

その時俺の後ろにいた不良が軽くヒザ蹴りを俺の尻に当てた。次は右側にいる奴が軽く肩にパンチ

軽い攻撃が、段々重くなっていく。それと同時に攻撃してくる間隔が早くなっていく。

こういう風に集団リンチは始めるのか。勉強になった。まあ、使う事は一生ないだろうが。

俺の真正面に立っている奴が、遂に全力の一発を俺に放とうとしていた。とうとう始まる。

「ブンッ」

俺の顔に当たるはずだった一撃が空を斬る。しまった。よけてしまった。このまま殴られればいいのに。

なぜよけた?それは昨日使ったボクシングが、まだ身体から抜けていなかったからだと思う。

俺は右側にいる不良に密着し、ストレートをお見舞いする。

手ごたえがあった。そいつはゆっくりと崩れ落ちる。

が、次の瞬間、

「ゴスッ」

背中に重い一発をもらう。蹴りだろう。反撃を始めた俺が気に食わなかったのか。

俺は状況を再確認した。あと四人。誰から倒す?そうだリーダー的存在をまず消すべきだ。

気づくと俺は、喧嘩をするかしないかじゃなく誰を最初に殴り倒すかを考えていた。

一度使った拳は、もう引く事はできない。

コイツでどこまでもいくしかない。そう思った。



不良のリーダーにはカリスマ性があるんだろうな。

不良じゃない俺でも誰がリーダーなのかすぐにわかった。

身長はたいしてデカくなく、髪を茶髪にし、顔が整った奴。コイツがリーダーだろう。

俺はそいつがリーダーだと判断したが、ターゲットにはしなかった。

リーダーをまず潰すというのは一対多勢では基本中の基本だが、それはリーダーがどういう理由でリーダーになりえているのか、

リーダーである理由によって使えるか使えないか変わってくる。

この不良達のリーダーは見た目のかっこよさでリーダーになっている。

そういうリーダーは真っ先に潰しても他の不良の攻撃を止めることはできない。

今回の場合は、最も喧嘩の強そうな奴を潰すべきだ。

そう思った俺は、四人の中で一番背の高い坊主頭の不良に近寄った。デカい。178くらいか?

しかも太っているから適材適所に攻撃しないと全てが無駄になる。どこを狙えばいいか。

顎しかない。しかも二、三発うつ間にヒットさせないと。すでに俺がボクシングを使えると

ばれ始めているようだし。

一気に背のたかいそいつに近づく。左右から他の不良が俺に攻撃をあびせるが、

姿勢を低くして最小限のダメージに抑えてそのまま前に進む。

奴は俺が目の前に来ると、いきなり殴りかかってきた。こちらに攻撃させないためだろう。

だが、素人のパンチほど避けやすいものはない。

避けられなくてもガードで粗方ノーダメージにすることができる。

物凄い勢いでパンチが上空から降りかかってくる。しかしそれらを冷静にガード。

しばらく待っていると、疲れがでたのか攻撃がやむ。素人は怒りにまかせて全力で殴り始める。

体力の配分などおかまいなしだ。だから待っていれば簡単に勝てる。

息を荒げた奴に更に近づく。

もう疲れて何もできないのか、近づいてきた俺にびびって何かをしようとしているがそれが空しくさせる。

奴のミゾに一発。昨日女にあてたボディーの倍程度の威力だった。それが奴の腰を引かせる。

腰を引いた事で顎が俺でも届く所まで下がってきた。

「ガッ」

鈍い音がした。それで全てが片付いた。

絶対にやられないと思っていた坊主頭の巨体が、たった二発で地面に転がっている。

その光景が俺の代わりに全てを説明してくれたようだった。

残りの不良はその場から散っていった。



次の日、俺の噂は学校中に広がった。

クラス中の男子が俺の席に集い、昨日の事を事細かく聞きにきた。

女子は集まってこなかったが、遠くの席で会話してる女子がこちらをチラチラ見てる。

それで会話の内容も想像できる。まさか俺が話題の中心だなんて。

浮かれ調子でその日の大半を終えた午後、一つ上の男子生徒が俺のクラスにやってきた。

俺は浮かれ気分から一点、これから起こる血なまぐさい争いに恐怖した。

不良なんて同学年以外にも沢山いるのだ。同学年最強を倒せば、上の学年の不良達が

俺を狙い始めるのも当然かもしれない。

不良の年齢が増せば、単なる不良から暴走族の構成員になるやつもでてくるだろう。

その上は暴力団の構成員だ。改めて自分のしでかした事に後悔した。

今度は絶対に手を出さずに殴られよう。先輩達にボコボコにされれば、それで暴力の連鎖は止まる。

俺を呼びに来た先輩に連れられて三階の便所にいく。便所の中には、昨日喧嘩した不良よりも

更に悪そうな不良が昨日の倍以上集まっていた。普段からこういう風に便所を占領しているのか。

それとも、俺がくるから集まっているのか。それはわからなかった。俺をみた一人の先輩が

近くにくるよう俺をうながす。心臓がパンク寸前になりながら、先輩達に近づく。

「お前、凄いな」

一人の先輩がそういった。すると周りの先輩も、お前滅茶苦茶強いぜ。

アイツを倒せるのは俺らの中にもいない、一人で五人?化け物かよ、などと俺を褒めてくれた。

予想が外れたようだ。不良同士はみんな繋がりがあり、仲間がやられればみんなして仕返しにくる。

そう思ってたが、先輩達は後輩の喧嘩を高見の見物を決め込む余裕をもっていた。

俺は名前の知らない先輩達に囲まれ、昨日の事を聞かれ続けた。クラスメートには詳しく

話さなかったが、先輩達にはかなり深い所まで話した。

クラスに戻ると、朝学校に来た時よりも人が集まった。先輩に呼び出されてその後どうなったのか

みんなはそれが知りたいらしかった。

俺はもったいぶって自分の席に座り、少しずつ何があったのか話しをした。

次の日になると、俺の噂は先生達にも広まっており、

指導しても言う事を聞かない不良を、俺がやっつけたのが嬉しかったのか、

体育の先生はその後何週間も俺に会う度に話しかけてきた…。



その後は喧嘩の恩恵を受けて、残りのスクールライフが豹変するんだが、

自慢話になるし止めておきますね。


告白体験談関連タグ

||

【友達】ボクシングvs不良【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月28日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ