相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】同級生元カノ人妻とW不倫 2【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


「生理がきたわよ」と人妻充子から連絡が来た。

「ちょっと心配だったけどよかったね」

「また会いたいわ」と誘ってくるが少々焦らすことに。

「今月は無理だけど来月なら・・・連絡するよ」と人妻充子の危険日を計算して逢うことにした。

待ち合わせのSC駐車場で人妻充子を乗せホテルに向けドライブ。

「あれ以来旦那とはしたの?」

「夫婦だから当たり前でしょ でもゴム付よ」

「旦那には同情するけどやはり生が最高だと思うけどな」

「自分勝手にいってすぐ寝る人だから」と相変わらず旦那に不満を抱いている様子であった。

ホテルの部屋に入り抱き寄せキスすると「会いたかったわ」と情熱的に抱きついてきた。

シャワ−を使いソファ−でコ−ヒ−を飲みながら待っているとバスタオルを着けただけの人妻充子が隣に座り寄りかかってきた。

バスタオルを緩め乳房を揉み始めると甘い吐息を出し始めた。

足を少し開かせ生膣に触れるとピクッと体を硬直させるがクリトリスを擦り生膣に指を入れる頃にはしがみついて

「アアッ アッ イイッ~」と甘い吐息が艶声に変わっていた。

バスタオルを剥ぎ取りソファ−に座らせたままM字開脚させ人妻充子の生膣を露にしてやると




「イヤァ~ン 恥ずかしい」と可愛いことを口にするが下の口の生膣は素直に濡れ輝き始めていた。

人妻充子の両足を抱え込むように生膣に顔を近づけると充子は舐められ易いように腰を前に突き出してきた。

そしてゆっくりと舌先でクリトリスを舐め生膣を舐め回すと

「アアッ イッ うれしいッ~」と艶声を出し始めた。

しばらく焦らすようにゆっくりとクニリングスを続け生膣が淫水で溢れ出すと激しく口唇全体で生膣を吸い舐め回すようにすると

「アアアッ~ すっすごいッ アアッ イイッ イッ」と歓喜の艶声を部屋中に響くほど出し始めた。

たっぷりと人妻充子の生膣を味わい弄んでから

「硬くして」とソファ−の前で仁王立ちになると人妻充子は気だるそうに体を起こし陰茎を握り締め嬉しそうにフェラを始めてくれた。

「ムグゥ ムグッ」と卑猥な音を出しながら人妻充子は一心に口唇と舌を使い陰茎を硬くしてくれる。

「旦那にもするのか」

「旦那には義理よ」と言いながら人妻充子は陰茎をたっぷりと咥え頭を前後にしてくれた。

「入れたい」と告げると案の定「今日は一番危ないの ゴムをお願い」と。

「ゴムは旦那にだろう。大丈夫だよ」と言いながらM字開脚させた人妻充子の生膣にはちきれんばかりに硬くなった亀頭をあてがうと

「ダメッ ダメッ できちゃうから 生はダメッ ゴムお願い」と言う口をキスして塞ぎながら人妻充子の生膣深く届くように

硬い陰茎を挿入した。

「ダッダメッ~ アッアアッ もう~ アッ アッ~」と人妻充子は挿入の動きにあわせ大きな艶声を放ち始め腰を動かしてきた。

「中はダメよ アアッ~ イッ 外に 外にお願いッ アッイイッ~」といいながらソファ−にもたれながら眉間に皺を寄せ軽く達した。

正常位、側位と人妻充子の生膣を味わい挿入を鑑賞しながら

「充子の奥深く入ってるのが見えるよ」

「イイッ きもちイイッ アアッ もうッ またいきそっ~」と艶声を出しながら両足を高く広く開き生膣深く陰茎を

人妻充子は咥え込んでくれた。

「気持ちいいッ いっしょにいこう」と生膣奥への挿入スピ−トを上げると

「アッ アアッ イクッ イキそッ~ アアッ イッイイッ~」とそして

「外で 外にお願いッ アッ イクッ イクイクッ アッア~」と人妻充子は

眉間に皺を寄せ口を大きく開け腰を掴みながら爪を立ててきた。

激しく人妻充子の生膣深く陰茎を押し込んだまま

「オッオ~ イクッ~ぞ」

「イクッ~ アアッ~ 外ォ~」と人妻充子の歓喜の艶声を聞きながら覆い被さりドックンドックンドクッドクッと多量の精液を

人妻充子の危険日生膣深く放ってやると同時に

「エエッ~ ダメェ~ アアッ~ アアッ アッ アッ 出されてる~」と人妻充子は仰け反ってきた。

しばらく繋がったままで生中だしの余韻を楽しんでいると

「中はダメッて言ったでしょ」

「気持ちよすぎて我慢できなかった。ゴメン」

「どうしよう 出来たら」と不安げな顔をする人妻充子の生膣から陰茎を引き抜くと精液がソファ−に滴り出てきた。

「アッ 流れてる」

とティシュを渡し生膣からの精液を拭く充子を抱き寄せてやり

「やばいかな できちゃうかもな」

「どうしよう 危ないのよ 洗ってくるわ」と人妻充子はシャワ−を使いに行った。人妻充子は知らないがパイプカットしている。

ベッドに移り待っているとバスタオルをつけた充子が横に滑り込んできた。

「やはり危険日の中だしはやばいよな」

「洗ったけど大丈夫かしら でも旦那より気持ちよかったわ」

「ソファ−でのセックスも挿入がモロ見えでななかなかいいよな」

「もうっ仕方ない人ね」

と腕枕をしてやりながらしばしまどろんだ。

「旦那にはいつもフェラするの」

「最初の頃から無理矢理だったわ そして私が上になるのよ いく直前に抜いてゴム着けると正常位で自分だけいってお仕舞いよ

 多少の演技もするけど」

「私の前では別人みたいだね」

「あなたにたっぷり注ぎ込まれた時目覚めてしまったかも」

「褒めてくれてるのかな」

「相性が合うみたいだしあの瞬間が女の喜びかもしれないわね」

「たしかにあの瞬間に仰け反ってるからな」

「あんなに反応したのは初めてよ」

「また硬くして」と言うと人妻充子は嬉しそうに体をずらしフェラを始めてくれた。人妻充子の腰を引き寄せ69を始めると

「エッ アアッ アッ ムグッ ムグッ ウウッ アッ」と艶声を出し始めた。

フェラで硬くなるのを感じながら人妻充子の生膣を吸い舐め回していると

「入れるわよ」と体を入れ替え騎乗位で人妻充子は生膣深く硬い陰茎を全て咥え込んだ。

「おっ 気持ちいいよ ゴムは?」

「もう遅いわよ このままがいいの イイッ アッ アアッ~」と人妻充子は腰を動かしながら艶声を出し続けた。

「バックでしたい」と告げ人妻充子を俯けにし腰だけ持ち上げ生膣に陰茎を串刺しにしてやると

「イイッ~ アアッ アッ 奥まできてる~」と腰を押し付けてきた。

人妻充子の腰をしっかりと掴み生膣深く届とばかり陰茎を激しく挿入してやった。

部屋にはバンッバンッと肉体のぶつかる音と人妻充子の歓喜の艶声だけが響き渡っていた。

2回目の余裕で正常位、側位、屈曲位と人妻充子の生膣を味わい歓喜の艶声を心地よく聞いていた。

「こんなの初めて 頭がおかしくなる~」「もうっ またいきそ~ イクッ イクッ イクッ~」

「充子 いっしょにいこう」

「きてっ きてっ アアッ イクッ イクッ~」と眉間に皺を寄せ仰け反り始めた人妻充子に覆い被さり

「充子 危険日の生膣奥深く出すぞ」

「アアッ イヤァ~ イクッ イクッ イクッ~」と人妻充子の歓喜の艶声の中2度目とは思えないほどの勢いでドックンドックン

ドクッドクッと腰を押し付け人妻充子の生膣深くに射精した。

「アアッ 出されてる~ アッ アッ アッ 熱い~ イクッ~」と背中に爪を立てて上り詰める人妻充子であった。

余韻を楽しみながら

「また中に出したよ だいじょうぶか」

人妻充子が気だるそうに

「大丈夫よ ピル飲み始めたから 貴方を生で欲しいから」

「旦那は知ってるの」

「旦那はゴム付でいいわよ だってあなたが喜ぶと思って」

と可愛く恐ろしいことを言う人妻充子の乳房にキスマ−クをつけてやった。

「アッ~ン だめよ 見つかってしまうわ」

「消えるまでしなけりゃいい これで充子は俺のものさ」

生膣から溢れ出す精液をティシュで拭く人妻充子を抱き寄せてやると

「うれしいっ」と微笑み顔を埋めてきた。

ゴム姦の旦那には申し訳ないが人妻充子の生膣は生で味わい思いっきり子宮に精液を注ぎ込ませてもらいます。

「近いうちに泊まりで温泉でも行きたいわね」

「連絡するよ」と待ち合わせたSC駐車場で人妻充子を降ろした。


告白体験談関連タグ

|||||||||

【人妻・熟女】同級生元カノ人妻とW不倫 2【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月1日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ