相互リンク先の更新情報!

【露出】山の上の公園でのこと 【告白体験談】

カテゴリー:露出告白体験談
tag:


以前友人から進められて登録した人妻・熟女専用のSNS

熟妻トークで人妻と始めて会った時の話です。

人妻や熟女ってマメにメールを送っていたのですが

なかなかゲット出来ないんですよね、

メルアドまでは交換するんですが…

その中でも仲良くメールするようになったAさん(主婦35歳)。

なかなか話が合い、結構プライベートな事もメールで話してくるようになり

私も彼女となかなか会えない事や

Aさんもダンナの親と同居でしっくりいってない事など話してました。

「大丈夫かな!?」と思い

下ネタ系のメールを送るけど返事が返ってくるので

「会いたいね」と言うと

「彼女が悲しむよ!」と言うんで

「別にHする訳でも無いから良いんじゃない」と心にも無い事を言うと

「今日休みだから大丈夫だよ」と言うんで




平日の昼間だったんですが急遽会う事に!。

35歳の主婦との事でしたがなかなか可愛い娘で気に入っちゃいました。

ずっとダンスをやっているらしく

スタイルは良かったし、風が強かったんで

薄いワンピースはAの身体に張り付き

胸の形(ブラですが)やアソコの膨らみ具合が色っぽく興奮したものでした。

この時は時間も無く別れたのですが、後から

「A、可愛いね。今度夜に会えないかな?」とメールすると

「木曜がダンスの練習だから、その日なら良いよ」と言うので

早速場所に時間を決め会う事に。

待ち合わせ場所に行き

Aを私の車にのせてドライブ、もちろん人気の無い所へ。

山の上の公園に到着しました。

駐車場に車を停め、辺りを見回すと案の定、車は見当りません。

車の中でしばらくお話、手を握るけど拒否されませんでした。

「怖くなかったの?」と聞いたら

「可愛かったし、気に入ったよ」との事。

私はAさんの肩を抱き寄せると

「彼女が泣くよ」と言うのですが

私にもたれかかってきましたのでそのままキス。

更に舌でAの唇を刺激するとAも舌を出して絡めてきたので

お互いの舌をむさぼりあうディープキスに。

Aはダンスの予定だったんでジャージの上下を着ていたんで

私の手は難無く侵入し、ブラを外し胸を揉み始めました。

Tシャツを捲り上げ乳首を攻めていたのですが

私の車は2人乗りなんで室内が狭く

「これ以上は無理か〜!」と思っていたら、Aスイッチ入ったのか

「外に出よう」と言うのです!。

お互いに手を繋ぎ、少し歩くと壁に遮られたベンチを発見!。

壁にAを押し付けディープキス。親外の唇や舌を激しく吸いながらAの胸を揉む。

少ししゃがみ込み乳首を吸いながらジャージの下をずり下げる。

「ピンクのパンティ発見」などと思いながらパンティの中に手を入れると

「A、濡れているじゃん!(喜)」

クリを攻めていると、すでにAは準備OKの状態!。

Aを後ろ向きにして、壁に手を付かせ、腰を突き出させる。

パンティをお尻からプルン!と剥ぎ取りバックで挿入。

ちょっと入りにくかったのですが何とか侵入成功しました。

クリにアナルを攻めながらピストン。

Aは「あぁぁ〜〜〜ん」と色っぽい声を出し

無抵抗のまま腰を突き出しています。

なんか「犯している!」って感じで興奮も倍増してました。

そして双乳を揉み、乳首攻撃しながら必死で腰を動かす私。

Aをベンチに横たえて正常位で挿入しました。

またディープキスに胸揉み乳首攻め

手も口も休ませないようにAを攻めていると

「ダメ、ダメ〜〜!」とAはイってしまいました。

時間が迫ってきたのでピッタリと寄り添いながら車に戻るとAが

「こんなのは初めてだったよ、今度はベッドの上で試したいね」と言うので

「もっと激しくしてA立てなくなるまで犯し続けちゃうよ」と言ったら

「私、ダンスやってるから体力ありわよ!(笑)」

「私!(大汗)」でした。

そして駐車場まで送り、キスをして別れたのでした。



出典:熟妻トーク

リンク:熟妻トーク


告白体験談関連タグ

||||||||

【露出】山の上の公園でのこと 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月30日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

このページの先頭へ