相互リンク先の更新情報!

【初体験】三角錐のカワイイ横乳 【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


周りじゃ「ハタ童はありえない。なんとかせにゃ」だったから、オレは遅い方だなぁ。。



大学時代、22の頃、友達の友達の女の子(18)が懐いて、部屋について来た。

肩までの黒髪が子供っぽくて似合ってた。



二人並んでベッドに座って、音楽を聴いたり、テレビを観たり。

くすぐってみたら変なムードになった。

成り行きで、ベッドでふざけ合いつつブラウスを脱がせ、ブラジャーを外した時に初めて見た彼女のお胸に萌えた。

伏せた姿勢の彼女。斜め上から観た三角錐のカワイイ横乳。

痛々しいというか、可憐というか。たまらん。

いまだに、あの角度から観たお胸に一番萌える。

彼女の息づかいが荒くなっていた。

ちょっとビビりつつ、これはやらんといかんのかなと覚悟した。



ゴムを持っていなかったので、指と舌だけでイカせた。




なんとか、彼女に気持ち良い思いをしてもらいたくて目一杯頑張った。

3回イッテくれた。「ハァ…」って息を吐いて天上を見つめ、目を閉じて動かなくなる。口元が少しうれしそう。

彼女、しばらく放心状態。

未経験なのに、我ながらやるもんだと思った。

楽器をやっていたのと、粘土細工は物心つく前から「神童」と大人達から恐れられていたそうで、指の感覚は鋭かったのだと思う。

でも、ああいうことって、初体験でも本能で出来ることなのかもね。



小一時間Bをした後、起きた姿勢のお胸の形も確認したかったので、対面坐位から少し身体を離して、「お胸見せて」と言ったら、はにかみつつ手ブラジャを下ろした。

彼女は斜め下に視線をそらして、「こんな感じになってます///」

CからDカップくらいの良い形のお胸だった。

乳輪は直径3cm弱、乳首は小さかった。色はピンクではないけど、濃いめの肌色みたいな薄い感じ。



それから、週末になると、彼女は部屋に来てくれた。

一緒に料理をしたり、お風呂に入ったり。

ゴムも用意し、脱童。



結婚してガッツかなくなった今は、周りが女の友達だらけになった。安全牌男。

女の人達と一緒に趣味を楽しむのは、野郎と遊ぶより和む。

10代や20代の前半頃、今みたいにユルいモードだったら、もっとモテていただろうに…



出典:オリジナル

リンク:


告白体験談関連タグ

||

【初体験】三角錐のカワイイ横乳 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月2日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ