相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】自慢の娘【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


俺と妻の間には二人の娘がいます。娘が二人とも結婚したんですが

子供達が巣立ってしまったこともあって、冷めた夫婦関係に終止符と打ちました

家も手放して俺は、一人アパート暮らしになり、元妻は男性と暮らしています

そんなある日、次女の方から連絡があり、離婚するということなんです。

次女は専業主婦だったので、職もなく生活できないだろう。

小さい子供も抱えてるし。という理由で俺のアパートへこいといってやりました

2部屋しかないアパートだけど、娘は了解してくれました。

子供はまだ生まれて5ヶ月だし、俺の負担もけっこう大きいものとなりました。

次女の裸なんか小学生の時みたことないのに、母親になったというのもあるでしょうが

大胆というか。自分のことにかまってられないというのもあるでしょう

授乳させてるときも、最初は背中を向けてやってたんだけど。

そのうち平気になったのか平然とやるようになったし、子供をお風呂から上げにいくときも

娘は全裸のまま、隠すようなこともしなくなってきた。

そんな生活にも慣れ始めたとき、ふと夜中に目が覚めると横で寝ている娘の異変に

気づきました。吐息がもれてる。明らかに声をださないように、オナニーしている娘を




みてしまった。俺は母親だけじゃなく女にももどりつつあるんだなって

その日以来頻繁に夜中になると娘はオナニーしている。

ある日俺は「そろそろ彼氏作ってもいいんじゃない?」ってきくと

娘は「迷惑なの?」ってきいてきて「俺はここにずっと居て欲しいよ」っていうと

「何故そんなこというの?もう男はこりごり」って返答してきた。

「おまえ、毎晩のように一人でしてるやんか、さびしいのとちゃうのか?」

娘があっけらかんと「なんだばれてたんだ。」

「まだ25歳だからこれからまだやり直せるぞ」っていったんだけど

「いいのいいの、お父さんと暮らしたいし。」って言ってくれました

「でお父さんはどうなのよ」って聞いてきて

「何が?どうなの?」って言い返すと

「お父さんも一人でしちゃってるとか?」って聞かれて

「たまにそういうこともするぞ。まだ男だし」って正直に答えました

そんな会話して、親子の壁が崩れたというか、もっと親近感が沸いたのは間違いないです

ある晩、夜中寝ていると、娘寄ってきて

「ねぇお父さん、ちょっと貸してくれない?」

「何を?」ってきくと娘は俺の下半身を指差した

「お父さんは寝てるだけでいいから、本当なにもしなくていい」って

俺の息子を触ってきて、大きくなるとすぐに上に乗ってきて、自ら挿入してきた。

娘は30秒もしないうちに逝ってしまった

「子供産んでからすぐいっちゃうのよ」っていいながらまた腰を降り始め

また30秒もしないうちに2回目の昇天

5分もしないうちに5回くらい逝ってしまってました。

「すごくよかった。ありがとう」っていって「俺は何もしてないけど」って思いつつ

「あっごめん。お父さん中途半端だよね」っていってきて、娘にしごかれて俺が昇天

そして、こんなことが頻繁というか、ほぼ毎日、娘は俺の上にまたがってくる。

俺も歳だから、毎日は苦痛になってきていて、俺は娘に内緒で大人のおもちゃを買いに

いきました。初めてそんな店にはいったのですが、色々置いてあって

AVでよく見かけるデンマといわれるのと標準的なバイブを買いました。

そしてその晩娘にいいました。

「こんなの買ってきた」って見せると

「おもちゃはいやだよ」って言われましたけどなんとか説得しました

いつもは娘が上に乗ってくるだけなんだけど、デンマをクリに当てると30秒どころか

瞬殺です。娘も「これは凶器だわ」っていいながら連続昇天

身体を痙攣させながら逝き続ける娘

「頭がへんになる」といいながら目が白黒してる。

完全にトリップしてる

次はバイブを挿入してみた。

動かさなくても逝き続ける娘。「入ってるだけでいっちゃう」っと

娘をバックの状態にして激しく動かすとアナルをひくひくさせながら連続昇天

もう何回いったのかもわからないぐらい逝ってる

バイブを抜いてそのひくひくしたアナルに指をいれてみたら、「そこはだめだって」と

いいながらアナルでも昇天。「もうどうっちの穴かわかんない」といいながら昇天

そしてバイブとデンマのダブル攻撃で娘は失神しちゃいました

そして、娘のアナルで中だし。。。

結局さらに娘の性欲はヒートアップして、毎晩おもちゃ攻めです

娘は「私はSだと思ってたけど、実はどMでした」と奴隷願望があったみたいです

そして、そんな日が続き、長女が俺のアパートに来たときに、異変がおこっているのは

感ずいたみたいで、他言するなっていう約束で、次女と俺の関係を教えた。

でも長女は、そんなに驚いた様子もなく、次女に向かって「あんたずっとおとうさんの

こと好きだったしね」って「妊娠さわぎさえおこさなければいいんじゃない」っと

「でもお父さん体力的にしんどいんじゃない?」って長女がいうと、俺が答える前に

次女が「お父さんすごいんだから」っというと「なんかちょっとうらやましいな

私はずっとレスだから」と言い出して「おとうさんにしてもらえば?」と何をいいだすんだ

と思いつつ話をきいていました。次女が「じゃ3人でしてみる?」ってきいて長女は

多分冗談で「そいうのもありかもね」って笑いながら答えたんだけど、次女はやる気満々

「これすごいんだよ」ってデンマを持ち出して嫌がる長女の股間へ当てた。

「ちょっとおとうさん、お姉ちゃん押さえてよ」っていわれてつい俺も悪乗りで長女を

羽交い絞めにした。俺的にはちょっとしたいたづらぐらいにしか思ってなかったけど

服の上からデンマを当てられて、1分ぐらいで長女が昇天。

ぐったりしてる。次女が長女のズボンを脱がせはじめて、長女は嫌がってはいるが、

本気で嫌がってる様子ではない。

パンツの上からまたデンマを当てられ2度目の昇天

「お姉ちゃんもすごく逝きやすいんだね」って次女がいいました

こうなってくるともう止まりません。

3人とも全裸になって、長女を二人で逝かせ続けました。

姉妹でキスして、舌を絡めあってる姿は異様でした。

長女ともエッチしてしまった。

長女はまだ結婚しているので、たびたびは来ないが、来るたびに長女の性欲を満たす。

こんなのも父親である俺の仕事なんだろうかと。

最近つくづく思います。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

【人妻・熟女】自慢の娘【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月4日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ