相互リンク先の更新情報!

【友達】超感じやすい【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


超感じやすい 1/3

クリスマス目前の23日に連れからメールが来た。

「クリスマス暇な奴は返信よろしく。合コンやるぞ」

まぁ当然返事するよなw

俺彼女と同棲してんだけど、その日は会社の忘年会でいないことが確定済み。

夕方には出発してるから、顔合わせることもないだろう、と。

3ヶ月ほど前から彼女とは喧嘩しまくってたので他の女が欲しかった。

最低だな、俺w

それはともかくとして、まぁ当日は何もなしに終わったのよ。

数人の子と連絡先交換して、その日は大人しく家に帰った。

で、また喧嘩してゲンナリしてたわけだが。

で、次の日の午前中に携帯が鳴った。

彼女は相変わらず外で遊んでるようで起きた時にはもういなかった。

相手は連絡先を交換した内の一人、カヤだった。

彼女がいるんかどうかを聞きたかったらしい。




いる、とはっきり言ったのが良かったのか、昼ご飯を誘われた。

当然俺はおk。

カヤは合コンに来た女の子の中では一番背が高かった。

たぶん165はあると思う。手足はすらっとしてて、モデル体型。

顔も可愛いのにノリがおっさんで、一番面白かった子だ。

『ずるいよねー。モテるでしょ』

「は?」唐突すぎて意味がさっぱり分からなかった。

『3属性そろってるw 背高くて。メガネで。しかも目つき悪いw』

「モテ度にメガネ関係ねぇし、目つき悪かったら普通モテねぇw なんだその属性www」

『ふふ。あたしが好みなだけなんだけどね』

「ははw ありがと。俺もカヤかなり好みだよ」

『んー…どうしよう。お昼一緒にどうかな、って思ったんだけど』

「カヤがよければいいよ?暇だし」

『彼女は?いないの?』

「出かけてる。俺一人ぼっちw」

『じゃあ…1時間後に新宿とかは?』

「わかった。じゃまた後で」

内心かなり嬉しかった。

まさか一番綺麗だったカヤから連絡がくるとは思わなかったから。

新宿で合流。

カヤは淡いピンクのモヘアニットの上に黒いジャケット、黒のミニに

ヒザ丈のブーツ。細い髪が光に透けて、明らかに他の女とは違うオーラが出てる。

背も高いし、待ち合わせ場所は混雑してたんだけど、すぐにわかった。

ノドが乾いたとカヤが言うので、カフェに入った。

「やっぱ身長高いんだねーw」

「まぁ…一応180はあるからね」

「やっぱそんくらいかぁ…あたしがおっきいからなんだけど、

背え高い人はどーしてもチェックしちゃうんだよねw 大抵ブーツ履くと目線が一緒になっちゃって」

「俺もそれが気になってブーツ履いて来たんだよw」

「ふふ、嬉しいなw 身長高い人と歩くの久しぶりなの。…楽しみにしてたんだ」

俺もブーツ履いてたせいか、185くらいにはなってたことが嬉しかったらしい。

その時はもう、俺を見る嬉しそうな笑顔に完全にヤラレてた。

『そうだ、いっこお願いあるんだけどいい?』

「内容によるがw」

『あのね、あたし服のセンスなくってw 一緒に選んでくれないかな』

「ああ、いいよ別に。ヒマだし」

『よかったーw あのね、気になったの服似合ってたからってのもあるんだw』

自慢するわけじゃないが、一時期スタイリストの手伝いをしてたこともあり

正直服選びはかなり自信がある。どこに行っても似合うって言われるし。

でもそれだけじゃモテないけどね…orz

コンパの時は暗くてほとんど気付かなかった…というよりも

カフェを出たとたんに腕を絡ませ、密着して来たから気付いたわけだが

おっぱいが…デカイ。

沈みこむ腕の上で弾むおっぱいが気持ち良かった。

メシを済ませてから買い物へ。

店員が胸元開きまくりの服とかミニスカ勧めても全然イヤな顔せずに

むしろ喜んで試着室に入ってく。

『これ似合う?』

『これもっと胸元開いてるのないかなぁ?』

着替えるたびに嬉しそうな顔でこっちの反応を楽しんでる。

結局上から下まで俺の好みに合わせてくれて、しかもトイレで着替えまでしてくれた。

ミニスカから伸びる脚が眩しい。白い肌に黒いブーツが映える。

しばらく街をブラつき、買い物を続けた。

『今日はありがと。このあと忘年会なんだけど、2時間くらい暇なんだ。どっか行きたいとこない?』

「ホテルくらいしか思い浮かばねっすw」

『だぁめw 彼女いるでしょ。だっこくらいならしてもいいけどw』

内心がっかりしたんだけど、満喫は?と聞くと

『しょーがないなぁ…ちゅーもダメだからね?』としぶしぶ納得w

釘を刺されはしたものの、狭い部屋ならこっちのもの。

自分から密着してきといてそりゃねぇだろ、とは思ったんだけどw

機嫌を損ねるのもマズいと思って。

個室のペアシートに入り、ジュースやマンガを持って腰を落ち着けたんだけど

10分もするとガマン出来なくなってくる。

カヤを抱き寄せて首筋に顔を埋める。シャンプーかな。桃みたいな甘い匂いがする。

『もぉ…結構甘えん坊なんだねぇ…そんなナリしてるクセにw』

まんざらでもなさそうなカヤをヒザの上に座らせる。胸が顔の目の前だ。

しかも上着を脱いでる上に胸がメチャメチャ開いててハーフカップのブラなもんだから、

乳首ギリギリくらいまでおっぱいが見えてる。気がするw

初めは抱きしめてもらうだけで大人しくしてたんだが、谷間に顔を埋めててそんなんで収まるわけがないw

そのうちおっぱいや首筋にちゅーし始める。

『ん…ダメだよぉ…イタズラしないの…』

クチにはしてない、と言って笑うと

『あ…んッ…声…でちゃうじゃん…』

逃げようとするカヤの腰に腕を回して引き寄せる。

背のわりに細い腰は、見た目以上に華奢だった。

特に首筋が弱いらしく、くちびるが触れる度に肩が震える。

『ん…ふ…ぁッ…』

押し殺した声はいつもより数段高く、可愛らしい。

首筋から鎖骨へ舌を這わせると震えがますます強く、小刻みになる。

カヤの体から力が抜け、俺に体を預けるようになった。

普段は低めな声だけに、そのギャップが欲情を煽る。

しばらく続けていると、今度はカヤがガマン出来なくなった。

『耳…噛んで…ん…そこ…きもちぃ…』『ふ…ひぅ…んぁ……んッ』

耳たぶや軟骨をコリコリと甘噛みし、耳の穴に舌を入れる。

『だ…めぇ……っ…!』ひときわ強く震えた後、カヤが体を起こす。

『ふぁ…スゴかった…w もぉッ!イタズラしちゃダメでしょぉ?』

わざと怒った口調でそう言うと、嬉しそうに抱きついて来た。

そのまま暫く抱きしめていたかったが、時間はそんなになかった。

ここで終わるのは残念だったが、待ち合わせ場所までカヤを送りその日はそれで終わりに。

【35】超感じやすい 2/3

次の日も連絡すると言ってた通り、仕事明けにカヤから電話。

「今日空いてる?一緒にご飯食べない?」もちろん行くに決まってる。

メシをすませながらとりとめのない話をし、落ち着いた所で外へ出た。

帰る?と聞くと「もうちょっと一緒にいたいな…」と嬉しい返事。

後ろから抱きしめて、左腕を腰に、右腕を胸に回す。

嫌がる素振りはない。「もー…あまえんぼなんだから…」

そう言うとカヤは体ごと振り向き、俺を抱きしめてくれた。

なんでか知らんがカヤは首や胸元が空いた服しか着てこない。

趣味なのかも知れんが俺にとっては好都合だった。

首筋へのキスを繰り返すとカヤはまた声を出し始める。

外でするのに抵抗があったのか、

初めは避けていたがそのうち諦めたらしくされるがままに。

また満喫行く?と冗談ぽく誘うと

「ん…そんなトコじゃなくてもっと広いトコがいいな…」

顔が赤く染まったカヤはそういうと、両手で俺の頬を包み、自分から舌を入れてきた。

くちゅくちゅいう音が頭の中に響く。

「……ね?」

もう俺のはパンパンになってたが、さすがにここじゃ出来ない。

カヤの左手を握ると、右手も腕に絡めてきた。

そのまま近場のラブホへ直行。カヤの息は荒くなってた。

上着を脱いで投げ捨て、ベッドの上へ倒れこむといじらしい顔で俺をみつめる。

「なんか夢みたい…」

こっちが言いたいくらいだ。たまにこーゆー子いるんだよな…

明らかにモテるのに、口説かれてることにすら気付かない。

「…ぎゅってして…」

上着を脱いだカヤはますます華奢に感じた。

顔を見つめていると恥ずかしそうにうつむく。

「そんなみないでよ…恥ずかしい…」

そう言ってくちびるを重ねて来た。静かな部屋に舌が絡み合う淫微な音が響く。

胸に手を当てるとカヤはビクッと体を縮めた。

「ちょっと恐いの…自分が自分じゃなくなりそうで…」

少し小さく見えたカヤに安心感を与えたかった。

強く抱きしめるとカヤは溜め息を付き、顔を上げた。

「…もうだいじょうぶ。ありがとw」

そういうとカヤはまたキスを求める。

シャツのボタンを全部外すと、赤いブラが露になった。

レースで装飾されたそれは想像以上に柔らかい。

ホックをはずしブラを外すと、形の崩れないおおきな乳房がこぼれ出る。

全体に比べて小さな、ツンと上を向いた乳首に触れるとカヤはまた声を漏らした。

「ん…ぁん…ふぁ…きもちぃぃ…」

左に舌を這わせ、右に手のひらを沿わせて優しくなでると、カヤが俺の頭を抱えて抱き寄せる。

「よしよし…いいこいいこw」

カヤは何を言っても、何をやっても否定しないし怒らない。

雰囲気がやわらかいから、彼女と喧嘩ばっかりだった俺にはすごく魅力的に思えた。

カヤの上に覆い被さり、腰に手を回して体を密着させる。

「ひさしぶりだから……優しくしてね…」

カヤの上目遣いと上がった体温、いちいちツボを突いてくる言葉にクラクラした。

ヘソに入ったピアスを指先ではじくと、ハリのある肌の上でピアスが揺れる。

「やん…もぉw」脚の付け根にある筋を爪先でなぞる。

「そこ、気持ちいい…」乳首を吸いながら、パンツの上からクリを擦る。

「ん…あたしにも…触らせてよ…w」

脚の付け根や腰、脇…体中にある腱に歯を立て、コリコリと感触を楽しむ。

「ひ…んふぁ…いや……ぁんッ…そんな…しちゃ…だめぇ…」

その間も手を休めずに乳首や脚の付け根にサワサワと指を這わせる。

「あ…そこ…もっと…もっと…してぇ…っ!」

正常位の体勢で体を起こすと、カヤの体がはっきりと見える。

白い首、浮き出た鎖骨、多少幅はあるが薄い肩、柔らかく曲線を描く胸、

なめらかに降りて行く肌、細く絞られた柔らかい腰、面積の少ない紐パンから出る脚は真っ白な線を描く。

きれいなラインで切り取られた陶器のような肌が細く締まった足首まで落ちていく。

すべてのパーツが美しかった。

その体と対照的に濡れた瞳が笑った顔をいやらしく見せてる。

もうチンポからは我慢汁が出まくりで、パンツの前は広い範囲でシミができていた。

「ここ…ガチガチだよ…何して欲しいのカナ?w」

カヤはそう言うとパンツの上からチンポを掴み、上下に擦る。

ビチャビチャに濡れたパンツに擦れたチンポが快感を呼び覚ます。

カヤの腰で結ばれた赤い紐を引き解き、前布を払うと薄茶色い毛が現れた。

大して手入れもしていないようだが、薄い。髪も細いからこんなもんなんだろう。

「そんなに…見ないで…こっち来てちゅぅして…」

いやらしい目付きで哀願するが、最早カヤの全てが、

拒否の懇願すら俺をいきりたたせるだけだった。

よく見ると、紐パンの当て布はもうぐっしょりと濡れている。

暗い部屋のぼんやりした照明が、カヤの濡れたあそこを鈍く光らせてるのが、余計にいやらしい。

あぐらをかいてお姫様抱っこの状態でカヤをヒザの上に乗せ、股を開かせる。

指をあてがうと、カヤの腰が浮く。ゆっくりと指を滑らせ、生暖かくぬめる感触を楽しんだ。

カヤはぶるぶる震えながら必死で俺の首に腕を回してきた。

たぷたぷ揺れる胸の量感が心地いい。

「は…っ…いや…ぁん…だめだ…よぉ…そんなにしちゃ…イッちゃ…う…」

ぬちゅッ、くちゅっという音が響く。自分の中から聞こえる音にカヤはどんどん乱れていく。

人さし指と薬指でクチを広げ、クリと穴の入り口を中指で広範囲に擦る。

「ふっ…ふっ……んはっ…ひぅ…ん…っ!!」

その間も舌が絡み、乱れもつれる細い髪を後ろに回して耳を責め続ける。

「いや…いや…あ…んくッ…ひん…」

どうにかすると崩れ落ちそうなカヤの背中を左手で支え、

右手でクリを擦りながら乳首の周りに舌を這わせると、もう限界のようだった。

「あ…あ…あああ…っやっ…いや…ひぅっ…いく…いくッ…イかせて…っ!!!」

真っ赤に上気した顔を手で覆い、見せないようにするその姿が愛おしくてしかたなかった。

全身をぶるぶる震わせながら2〜3分は余韻を楽しんでいるように腰がくねる。

「は…ぁ……きもちぃぃよぉ…なんか…震えがとまんない…」

イタズラを見つかった子供のような笑顔。

「次、あたしにさせて」カヤが俺のパンツを降ろす。

「ふふ…ビクビクしてる…この子もちゅーして欲しいって言ってるよ?」

そう言うと舌先を竿に這わせ始めた。

竿の付け根から始まり、亀頭の下までいくと、カリ周りを何周も回る。

「お汁いっぱい…我慢してくれてたんだ…嬉しーな…」

カヤは本当に愛おしそうにしゃぶり続けてくれた。

くちびるで亀頭を包み込み、舌の腹が柔らかく全体を舐め回す。

裏筋やカリにたまに当たる歯が飽きない刺激を与えてくれる。

正直もうちょっと続いてたら、逝ってたかもしれん。

それくらい濃厚なフェラだった。

「アゴが疲れたw なかなか逝ってくれないなー」

と、悔しそうに言うとほんの数秒の休憩をはさみながら何回もくわえてくれる。

もともとフェラで逝ったことがないし、逝ってしまうとしばらく勃たないので

入れてからじゃないと逝きたくなかった。

【36】超感じやすい 3/3

膝枕の状態でフェラを続けるカヤと同じ様に体を倒し、69の体勢へ。

「あん、もっと休憩させてよ…」カヤの言葉を無視して脚を開く。

だいぶ時間がたったはずだが、それでもカヤのマンコはびちゃびちゃのままだった。

「ふふ…舐めてるだけなのにね…感じちゃうの…」

年は一つしか違わないが、この時のカヤの顔は百戦錬磨のAV女優並みにエロかった。

毛が薄かったのでナメやすい。おしりの後ろから右手を回し、カヤの右足を脇に抱え込むと濡れた部分に口をつけた。

「…っ…あっん…はっ…」

必死で舐め続けようとするが、チンポをくわえるだけで精いっぱいのようだ。

もともと感じやすいのかもしれない。

「も…あ…っくぁ…!」くわえてるせいなのか何を言ってるのかさっぱりわからんw

やっとクチからチンポを出し、俺の脚にしがみつく。

「や…いや…いやぁ…なん…ビリビリするよぉ…っ!」かすかに視界に入ったおなかが激しく揺れている。

舌先でクリを突きながら、両手でビラビラを開いて穴を指でまさぐり続ける。

「ひ…いや……な…コレ…やら…ぁっ…」

腰がガクガクし始めた。こっちも必死で攻めてる。もっと気持ち良くさせてやりたい。

「や……やだ…いや…いや…やめて…おか…し…くな…ちゃぅ…あ…あぁあっ!!!!」

最後は悲鳴に近い声を上げて、脚の筋肉が硬直した直後にカヤの全身が痙攣した。

「たすふぇ…て…こ…こあ…ひぃ…」

こんな反応を見るのは初めてだった。顔が赤く染まり、激しい痙攣でまともに喋れてない。

さすがにヤバいと思い、カヤを慌てて抱きしめると数十秒で痙攣は収まった。

「ぜっ…はっ…は…あふ…は…」

大丈夫、大丈夫と繰り返しながら頭を撫でてやったが、カヤは泣きながら喘いでいる。

数分そのままにしてると、カヤの動悸もかなりゆるくなってきた。

「ひく…ひくっ…恐かった…よぉ…」

ここまで激しくなるとは思わなかったし、さすがに今日はもう無理だな…と諦めかけたが

「ごめんなさい…ひいちゃった…?」また泣き出しそうな顔だ。そんなことないよ、と笑うと

「おねがい…最後まで…して…」と上目遣いをする。かわいすぎる…卑怯だ…

しばらく抱っこをつづけ、20分くらい経過したのかな。

「も、だいじょぶだよ…?」とカヤが猫撫で声で甘えてきた。

さすがにあまり気が進まなかったんだけど、カヤがフェラをしてくれたおかげでようやく臨戦態勢にもどれたw

フェラするだけで十分だったみたいで、足を開くとカヤのあそこはしっかり濡れて光ってる。

だいじょぶ?と聴くと「いいよ、はやく…」とおねだりをする。ヤバいw

こんなかわいい女とセックス出来るのかと思うと腹の底からおかしなものが込み上げて来る。

「ふ…っあ…」先が触れると微かに声が漏れた。

先っぽだけを入り口で往復させる。「焦らさないで…ちょうだいよぉ…」

そのまま暫く反応を楽しんでから、一気に奥まで。

どういえばいいのかわかんないんだけど、感じてる時って大抵顔歪めるじゃん?

ゆがめてるんだけど、それがキレイなんだ。

「あ…あっ…来てる…」「そのまま…動かないで…」そういうと、カヤが腕を背中に回してきた。

わずかに声を漏らしてカヤの足が俺の腰に回る。「このカッコが一番好き…ね…ぎゅってして…」

そのままちゅーとかしてたんだけど、カヤのあそこが奥、中、入り口と締まってくる。

「ふふw 気持ちいいでしょ…?」

こいつモテねぇとか絶対嘘だw こんなん風俗嬢以外でも出来るのかな。

そのままキュッキュッとリズミカルに動くマンコに耐えきれなくなった。

動きてぇ…

カヤの腕を振りほどき、頭の上で両手首を掴む。

「あ…だめだよぉ…優しくしてって言ったでしょ…?」

ゆっくりと出入りを繰り返す。「…ふぁ…当たってるよぉ…!!」

「あ…ソコ…きもちぃ…」両側の壁を擦りながら奥で円を描く感じ。

「ひ…んッ…あふ…」「あッ…あッんぅ…」

ベッドがきしむ音とカヤの喘ぎ声だけが部屋に響く。

「ねぇ…きもちいい?あたし○○くんを気持ち良く出来てる…?」

「…きもちぃい…気持ちいいよぉ…」

うわ言のように繰り返す。

カヤの腰の動きのタイミングがすごく心地いい。

動きに合わせてくれてるのか、それともたまたまリズムが一緒なのか。

入り口まで一旦戻し、浅く早く動かす。ある程度動かしてから一気に奥へ。

奥まで入れるのは一回だけで、その後は入り口での焦らし。

「な…んでっ…奥まで…あっ…欲しい…んくッ…のに…いじわる…しないで…ぇ…」

入り口だけでも気持ちいいのは知ってるんですw

規則的に浅く早くを繰り返し、一気に奥へを続けると、今度はカヤがガマン出来なくなって来た。

足を腰に回し、引き付けられる。

「ここまで入れて。もういじわるしないで…お願い…」

涙目で訴えるカヤが本当に愛おしい。全部が欲しい。

そのあとは足を抱えて緩急を付けながら奥まで。

「も…らめぇ…いっちゃう…いっちゃうよぅ…」

「逝って…も…いい…?逝っても…いい…?」

いいよ、と答えるとカヤがしがみついてきた。全身が震え出す…

「い…くぅ…いく…いっちゃう…いっちゃう…あ…あああッ!」

カヤが逝く時は分かりやすくていい。演技とかじゃここまでは出来ないだろうしw

「まだ…?まだ逝けない…?一緒に逝ってよぉ…」気持ちいいくせに、と言うと

「そ…んなこと…ない…もんッ…」カヤが顔を真っ赤にして反論する。

逝ってもまだまだ動いてるんだから気持ちいいに決まってる。

かわいい。何回も書くけど本当にかわいい。

締めたり緩めたりをしてくれるカヤが2回目を迎えそうだ。

こっちもいい加減限界になってきた…

「きて…一緒に逝きたいよぉ…一緒に…」「いきそ…くる…いっちゃうッッ…!!」

カヤの痙攣でマンコもビクビク震える、で、それにつられて俺も終了。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

【友達】超感じやすい【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月4日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ