相互リンク先の更新情報!

【フェラチオ】吐きそうになった経験(3)【告白体験談】

カテゴリー:フェラチオ告白体験談
tag:


吐きそうになった経験

東銀座の料理屋で再会したその男KMは その少女を7歳のときから育てているそうで、

アリスとか呼んでいるようだった。

今は少しはずれたビルの一室に囲っているとのことであった。

自慢のコレクションを見せると言い、近くの事務所でアルバムを披露してきた。

そのアルバムの写真には、綺麗な人形風の衣装を着た7-8歳の子が写っていた。

不思議の国のアリスに似せて衣装を着せて撮影したのものだった。

しかし その女の子は痩せ気味で頬がちょっと張った感じではあるが いかにも

少女という感じだった。

はじめの方の写真は着衣の普通のものであった。しかし、次第に風呂場での撮影

裸体というように進み 小学校5-6年のときにはKMの体の上にのってスマタ風の

写真となり 最後には処女を散らした記念写真となっていた。

思わず見入ってしまった私を確かめたのか、KMはさらに写真は続きビデオもある

と言ってきた。 どうも部屋の片隅からの撮影のようで

その女の子は小学校高学くらいになっていた。 少女は、KMに媚びるようにじゃ




れ付きスカートをめくり誘ったり 男のものを口で咥えたりした映像が記録され

ていた。

大人の玩具風の玩具を股間に押し付けられると 成人した女の激しい絶頂の声を

あげて果ててもいた。薄い胸の少女が小さな口を開き 巧みにフェラをする様子に

驚きと戸惑いを隠せなかったが 不覚にも自分の股間はパンパンになってしまった

少女はフェラでは、すぐには口に咥えず、はじめキスをするように愛しげに全体

に唾をまぶし、つぎに頭を回すように回転させて口腔一杯に根元まで咥え 延々

とんその作業を繰り返す。無論両手は男の体を愛撫しながら続ける技は、とても

11-12歳の少女の物とは思えないものであった。少女は男の射精を促すように、

ゆっくりとした口腔上下回転から速度を上げて来た。やがて射精をむかえてから、

少し動きを止めも、しかし口を離さずゆっくりとしたピストンに切り替え、愛し

むような口技を見せている。それでも両手はKMの尻を撫でながらで、さらにねだ

る様な仕草も見せている。あの幼女というべき時代からわずか数年しかたってい

ないだろう。この間どれだけ男の物を口にしたのか。パンパンに張詰めた股間に

KMは、きがついたのか、話を持ちかけてきた。


告白体験談関連タグ

||||||

【フェラチオ】吐きそうになった経験(3)【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月6日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

このページの先頭へ