相互リンク先の更新情報!

【職場】新入社員の社員旅行【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


新入社員の頃の社員旅行で、夜、宴会終わってから、ひとつの部屋に集まって二次会と称して、男女で飲んでた。

女子社員は私とひとつ上の先輩で、あとは既婚男性社員が三名、独身男性社員が二名。歳はみんな当時30前後。

かなり飲んで騒いでたんだけど、そのうちの一人が寝始めて、もう時間も遅いからそのままその部屋へみんなで寝ちゃおうってことにった。

でも、四人部屋だから、布団は四組しかない。

必然的に距離は狭まり、わいわいした雰囲気のまま、私は自分が一番気に入ってた独身社員の横に入った。

反対側には既婚社員のそこそこカッコいいタイプの彼がいた。

部屋をくらくし、酔ってたせいもあり、あっというまに眠りにはいってしまい、なんだかもぞもぞし、ふと目をあけると目の前には独身くんの顔。

私は独身くんに腕枕の状態で寝ていた。独身くんの右手は私の胸にあった。

声をだすまもなくキスをされた。一応?抵抗してみたけど、自分もしたくなってるのがわかった。

ふと周りの物音に耳をすますと、先輩が誰かとしてるのがわかった。

先輩がだれの横に入ったか思い出せなかったけど、押し殺してる喘ぎ声と布団が動く音、キスをしてる音、クチュクチュという音も聞こえた。

もう私もとまらなくなってきていた。

彼の手が下半身にのびた。

すでにぐちょぐちょのそこに彼はにやっとして私を横向きにさせ、ぴたりとくっつき彼の熱くなったものをおしりに感じた。

すぐ近くには既婚の彼が寝てるのがみえる。こんな近くに人がいるのに、私は彼の指で感じてしまっていた。




時々でそうになる声を抑えるのに必死だった。

二人とも我慢できずにごそごそと彼が上に乗り、正常位でやってしまった。

出したものはシーツのすみで拭き取った。

旅館の方ごめんなさい。

終わるとキスをして彼はあっというまに寝てしまった。

改めてわれにかえるともう先輩たちも終わって寝息をたてていた。

トイレにいき、また布団にもどり眠ろうと目を閉じると、今度は既婚の彼に抱きよせられた。

「見てたよ。俺ともしようよ」とささやかれ、力を入れて浴衣の紐をほどかれ、さっきとは違う少し乱暴さにどきどきした。

胸への愛撫、独身くんとは違い舌づかいがいやらしく、それだけでまた濡れてきてた。

だんだん下へいき、さっき独身くんのものが入ったばかりのあそこをわざと音をたてるかのように舐められてる。

もういきそう・・そう思った瞬間、舌が離れ「いやらしいなぁ、でも、きれになま○んこだな。」って。

「入れてもいいか?」ときかれ「・・入れて」

はいってきてからも、それまでに経験したことのないような動きで攻められ、何度もいった。気が付くと外が明るくなり始めていた。

それっきりの関係だったけど、10年たった今でもあの日を思いだし、自分でしちゃうこともあります。


告白体験談関連タグ

|||||||

【職場】新入社員の社員旅行【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月6日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ