相互リンク先の更新情報!

【友達】蛍・・・始まりの夜 其の二【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


 初めて触れるHの下着は、夏のせいか少し湿っていた。

 Tシャツを脱いだ。全裸になる。

 ベッドに横になり、Hに抱きつく。おそらく汗で湿っている肌が直に俺の胸に、足に、チンポに触れるのが何とも心地よい。ますます膨張する。

 上から四つん這いになる形で覆い被さり、右手で半開きになっているHの口を開く。

 白い歯の奥に、やや湿り気を帯びている舌が見える。その姿は、いつものお転婆なHを見ているぶん、無防備で艶やかに見えた。

 カメラを手に取り、おそるおそる開いた口に、俺の口を近づける。

 唇が重なる。安心と興奮からか、唾液が舌の付け根から溢れ出す。

 そして、唾液を舌に乗せながら、Hの口の中とを往復する。

 写真を撮る。

 約2分間の一方的なディープキスを終え、口を離す。殆ど俺の唾液で俺の舌の先からHの口まで糸を引いている。

 写真を撮る。

 既に俺のチンポの先からは、カウパーが糸を引いてHのへその辺りに垂れている。

 我慢できなかった。

 Hのパンティーを脱がしながら心の片隅で、胸は後、と決める。

 脱がし終えたパンティーは俺のパンツの上に投げ捨てる。




 気持ちを抑えることが出来なくなっていた。

【速報】ちょっと無理して超高級デートクラブに契約した結果www



告白体験談関連タグ

|||||||||||

【友達】蛍・・・始まりの夜 其の二【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月6日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ