相互リンク先の更新情報!

【彼女・彼氏】元ビッチ、メンヘラが今までヤリ捨てされてきた経験を淡々と書く 【告白体験談】

カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
tag:


スペック

女子大生(20)

地方雑誌のモデルしてた。

168cm52kg

サトエリに似てるって言われる







中学ぐらいのときから

地方のファッションショーとか出てて

そのときから既に高飛車だった。

そのおかげで周りからいじめられてた。



でも「私が羨ましいからでしょ」

てな感じで余裕ぶってた




典型的な嫌な女wwww



で、当時つるんでた友達が

超DQNで一時期暴走族(笑)に入ってた。



そこからビッチ人生のはじまり。



中3からDQNが加速しつつ、

ヴィジュアル系にハマりだし

髪は紫で前髪は半分ぱっつんで半分口元とかいう

奇怪な容姿に変貌。



ゴスロリとか着ちゃったりして

自分で作ったキャラになりきる

中二病も患う。



毎日スーパーの駐車場で友達とかと

酒飲んで暴れたりしてた。



でも割と勉強が得意だったから

成績は常に上位入ってて、

先生たちも何も言えなかった。



そんな自分がかっこいいって

思ってた黒歴史。



だがしかし女子校だったし

あんまセックスとか興味なくて

ひたすらDQN極めてた。



そんときに某ギャル雑誌の

読者モデルになった。

パサパサの金髪でパンダメイクで。

学校行くときはヅラかぶってた

今考えると死にたい



かっこいいと思ってたのね…(笑)



で、一応私立だったから

そのまま高校へ。



そこで初めて彼氏ができる。

相手は暴走族。

しかも大事故して足ぐちゃぐちゃなの。

でも暴走族と付き合う=強い、かっこいい

と思ってた、それだけの理由で交際スタート。



会っていきなり初体験。



感想:こんなもんか。



気持ちいいとかわかんなくて

とりあえず喘いどけばいいやて思ってた。



そいつとは3回くらい会って

家でエッチする→帰される



それで終わり。

当たり前のように捨てられた(笑)



その一週間後、

毎日たまってたマックでナンパされる。

顔はエグザイルのたかひろ?だっけ?

で、滑舌悪くてお笑い芸人のハムのデブみたいな感じ。

仮にそいつをハムにする。



ハム「あれ、いつもいるよね?名前何?」



私「ぱんだー!」



ハム「かわいーね、携帯貸してよ」



そんで携帯渡したら

いつのまにかAが私の携帯にアドレス登録してた。



ハム「今度二人で遊ぼうね」



耳元で言われてときめいて

そいつにはまってしまった。



あるときハムが

「ぱんだにプレゼント!」て

「ILOVEYOU」て書いたネックレスくれた。



そこから交際スタート。



しかしそいつがとんでもなかった



ハムは暴走族から追われている

子供何人も作ってた

私とのデートのお金は

暴走族からの借金だった。

たまに盗品をプレゼントされたりした。



みんな後から知ったことだけど。





初めの一週間は一切手を出してこなかった

ある日、私の家に来たとき

いきなりエッチした。

隣の部屋に親がいたのに。

布団に精子ぶちまけられて死にたかった。



それからは公園とか非常階段でやってた。



あるとき、初めてラブホ行ったときに

中に出された。



まだ経験二人目だから何もわからなかった。



そしてそのまま消えられた。

幸いデキてなかったけど、二度と生でしないと思った





あとから分かったのが

元彼とハムは知り合いだった。



で、ハムのことはすっかり忘れて

1か月後にまた新しい彼氏ができる。



そいつは及川光博がギャル男になったみたいな感じ。

だからミッチーね。



ミッチーは当時一番仲がよかった

友達の元彼だった。



家がめっちゃ離れてて、

向こうは一切こっちに来てくれなくて

毎週2時間くらいかけて家に行ってた。

まあヤッて帰されるだけ。



その時私の誕生日が近くて

狙ったかのように前日にふられた。



何とも思わずに次を狙ってた



そんで次に23歳と付き合う。

当時私は16ね。

その人はもこみちとナイナイの矢部足して2で割ったかんじ。

やべみちにしよう。



やべみちは今までと違って

大人で優しかった。



と、当時は思ってた。



エッチは早漏すぎで5秒で終わる。





やべみちも1ヵ月以内でふられた。



そこからメンヘラ開化

めっちゃ好きだったから

しつこく復縁をせまる

→セフレへ



実はそのときに浮気してた。

浮気相手も彼女がいたらしく



一回やってさよなら。

でもやべみちを追ってた。

家にいきなり行ってみたり、

しつこくメールしたり。





やべみちも「好きだけど付き合えない」

「絶対お前を幸せにするからもう少し待ってて」



とか言ってきてたから

いつか戻れると思ってた。





でも、その間に付き合ってはないけど

ヤッてさよなら、を繰り返してた。



経験人数を増やすことが

かっこいいと思ってた。



付き合った、ていうか

ほんと一度限りの体の関係ばっか。



ボリビア人とかいたな…

でかすぎて入らなかったけど。



だいたいの流れは

紹介される→連絡とりあう

→向こうが誘ってくる→ホイホイついてく

→エッチする→音信不通にされる



かな。



で、そんなことばっか繰り返して高1は終わり。

ちなみにバンギャ真っ盛りで

口にピアス開けたり

傷付いたことがあるとピアス開けるとかしてて

メンヘラキャラぶってた。



ちなみにリスカとかは怖くてしてない

ほんとは血見るだけで泣くんだけど

バンギャ=メンヘラ=自傷癖

みたいな感じかなと思って無理矢理キャラ演じてた。





高2になったら学校が楽しくなって

しばらく男関係はなくなる。



女友達とはっちゃけだして

毎日楽しかった。



夏に彼氏ができる。



その人はむっちゃ優しくて

趣味もあってた。

でも遠かったからあんま会えない。



夏休みにデートしたけど

一切手を出してこなかった。

帰り際にキスするだけ。



そのまま3ヶ月くらいに

進展もないままふられた。

ちなみに1回もエッチはしてない。



そのまましばらく彼氏はできなくて

付き合うことに興味がなくなる。



で、修学旅行とかもあるし

友達とJKライフを満喫する。



セフレから連絡きても

全部無視。とにかく友達と遊んでた。





あるときそんな日が一瞬にして崩れた。





ハムが再来してきた。





ハムからいきなり某SNS伝いにメッセージがくる



「やっぱり忘れられない。

酷い思いさしてごめん、やりなおしたい。

俺人生やり直したから、お前と一緒にいたい」



みたいな内容やったと思う。



で、会うことになった。

会った瞬間泣きながら謝ってきた



やり直したいって泣きながら言うハムが

可哀想になって、こんなに想ってくれてるんやって思った。





そう思ったのが間違いだった。





いきなり近くのスーパーへ連れて行かれ、

口塞がれてトイレでやられた。



終わった後、

ハム「ここで待ってて、周りに人いないか見てくるから」



と行ったまま帰ってこなかった。

連絡もとれなくなった。



見知らぬ場所に置き去りにされた。



悲しかったって言うよりも

騙された自分に呆れた。



初めて自分のバカさに気づいて

周りの男がみんな敵に見えた

そこから完全に男を拒否。



そっちのがかえってよかった。

また順風満帆なJKライフを送る。



この頃にはDQNも冷めて

髪も黒にしてパンダもやめて

どこにでもいるようなJKだった。



冬になってクリスマスも友達と過ごして

もうすぐバレンタインだねーって頃、





やべみちが再来。



「元気にしとる?」的なメールが来る。

全く興味もなかったけど、

懐かしかったし友達みたいな感じで接してた。



で、電話してたら

「やっぱお前と付き合ってた時が一番幸せだったなぁ」

「今なら幸せにできると思う」



みたいなこと言ってたけど

ハムのことがあるから相手にしなかった。

で、「そういやバレンタイン近いし俺にくれよ」

「家で待っとるでサプライズで来てな!」

って言われた。



まあ友達だしいっかと思って

2/14、自宅にサプライズでお邪魔したら

女と出てきた。



「わwwwまじで来たしwwwうけるwwww」って言われた。



逆サプライズ。



さすがに笑った、そんで関係切った。



で、春休み。

新しい彼氏ができる。

自称:ホストの典型的チャラ男。



チャラ男はとにかくナルシで

髪のセットに数時間かけ、

某ギャル男雑誌の格好をそのまま真似してた。

一人で撮ったプリクラとか

自撮りを何十枚も送ってきた。



エッチは1日何回もしてたけど

気持ちいいとか思わない、演技。



そいつにも1ヵ月近くでふられる。

現金1万とipod盗まれた。



そのまま高3の夏を迎え、

その時は地元のバンドAにはまってた。

バンギャも卒業して、メタラーになった。



そこのギターの人が好きだった。

ちょっとだけ恋愛対象で見てた痛い自分。



で、違うバンドのスタッフをやってた人と知り合う。

向こうは私のことをバンドAのギターから聞いてたみたいで

一方的に知ってたみたいな。



連絡取り合うようになって

「夏祭りの日にライブあるし、

ライブ見たあと祭り一緒に行こう」と誘われた。



で、当日。

ライブ抜け出して二人で祭りに行った。



スタッフは串カツとビールを買って

あ、ちなみに20歳ね。

私にはりんご飴を買ってくれた。



その辺に座っていろんな話してた。

受験の話、家の話、学校の話とか。



うちの家は厳しかった。

有名大学を受験させようと必死だった。

「○○大学に行けば鼻高々よ」が口癖で

そういうのに反抗したかったから

わざと成績落としてたりしてた。



スタッフの親も厳しいらしく

何かと共感できた。



いろいろ話してぼーっとしてたら

「前からお前のこと気になってた。

見た目とかじゃなくて、どこか影があると思ってた。

今日話したらやっぱり境遇が俺に似てた。

支えてあげたいと思う、だから付き合ってくれ」



いきなり手握られた。

嬉しかったけど、ちょっと好きになってたけど

迷ってた。でもOKした。



そこから彼は毎日連絡くれたりしたけど

実はまた騙されてるんじゃないか、

どうせ捨てられる、としか考えられなくなって

3日でふった。



彼も「いきなりあんなこと言ってごめんな、ありがとう

なんかあったらいつでも連絡しておいで。」

だけで簡単に別れてくれた。



そこから忘れようと勉強ばっかしてた。

男も一切関わらないし受験に必死だった。



3ヶ月経って受験が迫ってきた。

あるときふとスタッフのことがよぎって

「元気にしてる?もうすぐ受験や!」

みたいな中身のないメールをしてみた。



すぐに返事がきて

「何かあると思ってお前のアド消さんくてよかったわ

元気そうでなにより。」みたいな内容やったかな。



そっからぐだぐだメールしてて、

一緒に勉強会することになった。



待ち合わせして図書館行って

赤本やってた。たまに数学教えてくれた。

彼の行ってる学科と私の目指す学科が同じだったから

どんなこと勉強するか聞いたりしてた。



で、ランチ食べてから

漫喫に場所変えて勉強。

ふたりっきりやったけど距離も離してたし

何とも思わなかった。



一段落したとき、彼にいきなり

ソファーに押し倒された。



びびる私。けど彼は183cmあるし逃げれない。



スタッフ「聞いて」

わたし「何?早く離して」

スタッフ「ずっとお前のこと好きなんだよ?」

わたし「ありがとう、でも…」

スタッフ「やりなおそう」



半ば強引にやりなおした。



で、交際スタート。

はまったらだめだと思って

突き放し続けた。だけど彼は

めげずにずっと笑ってた。



毎日放課後迎えに来てくれて

公園で喋ったりクレープ食べたり

プリクラ撮ったり遊んでた。



あるとき親と大喧嘩、

お父さんにフルボッコされて

家から出されたとき、初めて

男の人前で号泣した。そのとき

慌てて迎えにきてくれて1時間ずっと

頭撫でてくれたとき、

この人のこと本気で好きになろって思った。



で、初エッチは1ヶ月後。



「やっぱこういうことしたら

責任があるから、大事なことだから。

体目的じゃないってわかってくれるかなと思って」

って理由で我慢してたらしい。



で、する前に「好きな人以外でこんなことできる?」

って聞いてきたときに「してた」って

何食わぬ顔で答えた。

おもいっきりビンタされた。

で「もうさせないから」って抱き締められた。



で、その後エッチした。

初めて気持ちいいって思った。



その後クリスマス一緒に過ごしたりして

毎日幸せだった。

はじめてのこといっぱい体験させてくれた。



大学も無事合格。

お祝いに花束くれたり。

記念日にはお互いからプレゼント交換したり。

初めて付き合ってるって感じがした、



お互いの両親にもあいさつ済みで

現在進行形だよ。

彼の両親がだいぶ気に入ってくれてるみたいで

結婚の話までされてる。



浮気もしてないしまじで変わった。



ここに書いたことも全部話した。

こんな女といない方がいいと思って、

彼に幸せになってほしくて

嫌われようとした。



けど彼は全部聞いてから

「余計お前を幸せにしたくなった」

って言って別れなかった。



今までの自分が憎くて

申し訳ない気持ちでいっぱい。



今日が記念日だったから

振り返りたくて書いた。





出典:元ビッチ、メンヘラが今までヤリ捨てされてきた経験を淡々と書く

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

【彼女・彼氏】元ビッチ、メンヘラが今までヤリ捨てされてきた経験を淡々と書く 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月7日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

このページの先頭へ