相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】悪魔の居る公園【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


今日もです。娘の美恋と近所の公園で遊んでいました。

周りには、私と同年代(25歳前後)のママ友達も

大勢いました。そんな中、今日も屈強な大男がやってきました。

彼は悪魔です。彼が来ると、その体臭ですぐにわかります。

まるで獣のような匂いです。身なりはいつもTシャツにジャージ。

身長は165CMの私が、遥かに見上げる位の大きさです。

身体もがっしりとしています。平日の公園には不釣り合いな男です。

そんな悪魔の彼の狙いは、公園で子供たちを

遊ばせる若い母親の私達でした。目的は私達を陵辱する事。

彼は、かなりの人数の若い母親達の身体を陵辱している様です。

私もその一人です。初めて陵辱されたのは、丁度二週間前。

引っ越してきた私達を、同じマンションに住む同年代のママが

『公園に行きましょう』て誘ってくれたので、ご一緒したその日に犯されました。

その日も今日と同じ、娘を連れて公園に出掛けました。

砂場には、いつもの顔見知りのママ友達とその子供。




遊び始め暫くすると、あたりに異臭が漂い始めました。

背後に人の気配がして振り向くと、私の隣に座る、綾乃ママの真後ろに

大男が立っていました。大男は、綾乃ママのポニーテールの髪を掴んで

立ち上がらせました。

『あッ。い、痛いッ』って言いながら、綾乃ママは立ち上がりました。

ポニーテールを掴んだ男は、綾乃ママの顔を振り向かせ、突然キスをしました。

綾乃ママは大男の胸を押して、何とか逃れようとしています。

大男と綾乃ママは信じられない事を言いました。

『綾乃、他の母親達の前で犯してやろうか?』

『い、嫌ッ。それだけは許してッ。おトイレ、お願いッ、おトイレで..。』

『そうか、じゃあ行くぞ。』そう言うと大男は、綾乃ママの細い腰を抱いて

トイレの方に向いました。他のママ達は、何故かぼーっとしたまま、二人を見送りました。綾香ママは、24歳で2歳の女の子のママ。顔も身体も、モデルさんみたいです。長く綺麗な髪。目鼻立ちのハッキリした美貌。細い腰に不釣り合いな豊かな胸とお尻。服装はいつもぴたっとしたTシャツとGパン。

女の私から見ても、主婦には見えません。大男はそんな綾乃ママを連れて行きました。『ちょっと?、え?なんで?なんで助けないの?』私は周りのママ友達に尋ねると、みんなボーッとして『いいのよ、すぐに戻るから。』

(駄目!助けなきゃ!)私は、ママ友達に娘を預け、二人の後を追いました。

もう二人の姿は見えませんでした。私は女子用トイレに入りました。

一番奥の個室から、人の気配がします。扉を叩くとドアが開きました。

私は一瞬凍り付きました。Tシャツを胸があらわになるまで捲り上げられ

大男はごつい手で片方のおっぱいを揉み潰していました。片方の脚を便器に

上げられた綾乃ママを大男は立ったまま軽々と犯していました。

『あッ、あん、あん、はッ、はん、はん...。』綾乃ママは清楚で整った顔を

ビデオ女優の様に紅く染め、エッチな声を上げていました。

『やめて、やめるの!』はっと我に返った私は、大男につかみ掛かりました。

そんな私を見て、大男はにやっと笑い、私の髪の毛を鷲づかむと、強引にキスしてきました。物凄い力に、かなうわけもなく、無理矢理キスされてしまいました。

必死に振りほどこうとしましたが、かないません。大男は、私の唇から舌を割り込ませようと、舌で唇をこじ開けてきました。唾液を飲まされました。もの凄い量でした。それを飲まされた途端、意識が朦朧としてきました。次に気がついた時

私は、大男の膝上に乗せられ、下から突き上げられていました。

(え、い、嫌ッ)声が出ません。唇を、大男の唇で塞がれ、なおも大量の唾液を

飲まされていました。大男が私の胸を揉んだ瞬間、頭の中で何かが弾けました。

物凄い快感。今まで経験した事有りませんでした。乳首、クリトリスが飛び出しそうなくらい敏感に感じました。短い時間の間に、何度も何度もいかされました。

終わると『志野、お前も俺の奴隷だ。』私は『はい。』と返事をしました。

ところが不思議な事に、公園を出た瞬間その出来事を忘れてしまうのです。

次の日、公園に行くと又大男が来ました。ママ友達に娘を預けた、私と綾乃ママは

公園脇の、大男の古い一軒家に連れて行かれました。

汚いベットの上に、全裸の私、綾乃ママの二人で四つん這いにされます。

今日もでした。大男の他にもう一人、この男は小さいんですが、おちんちんが

異様に太く長いんです。この代償二人のコンビに、私、綾乃ママは平日は毎日犯されています。週に二度だけ、もう一人、21歳の可愛いギャルママも参加させられています。他にもまだまだ犠牲者がいるみたいです。私達はどうなってしまったのでしょうか?公園に行かなければいいのですが、公園を出るとすべてを忘れ、翌日は再び公園に行ってしまうのです。公園に入り、大男の放つ体臭を嗅ぐと

あそこが自然と潤んできます。まるで奴隷にされたみたいです。

悪魔の住む公園は、今日も若い母親達でいっぱいでした。次はどの若い母親が狙われるのでしょうか?


告白体験談関連タグ

||||||||||||

【人妻・熟女】悪魔の居る公園【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月8日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ