相互リンク先の更新情報!

【レイプ】巨乳グラビアアイドルの体験―消えた強姦の記憶 【告白体験談】

カテゴリー:レイプ告白体験談
tag:


ここ



それとここ





巨乳グラビアアイドル――。



グラビアアイドルの中心的存在の彼女たちの間に、今、広がっている一つの噂がある。

その噂というのは、『グラビアの撮影で海外の某X島に行くと知らぬ間に身体を犯される』というものだ。

もう少し詳しく言えば、グラビア撮影の後に変わった地下室に連れ込まれ、

薬を飲まされてから散々に犯されたあげく、

薬の作用でその記憶を消されてしまうと言う、都市伝説のような話だが、恐ろしい噂である。



この噂の発端は2002年、

その某X島で小池栄子、メグミ、根本はるみの三人の身に起こった出来事にさかのぼる。






2002年6月.フィリピン沖某X島、



青い海の広がるビーチ。さざ波の音と共に若い女の子の声が聞こえる。

ビーチで何人かの日本人グラビアアイドルが撮影を行なっていた。

彼女らは人気のグラビアアイドル、小池栄子、メグミ、根本はるみの三人である。



彼女らは三人で一緒に巨乳アイドル写真集を出すということで、この島へ撮影に来ていた。

青や水色、黄色や純白のビキニやタンクトップに、

ジーンズのパンツといった衣裳での撮影を順調にこなしていく三人。



最後の写真を撮り終えるとほとんどのスタッフらは帰国するために空港へ、

彼女ら三人とカメラマンなどの一部のスタッフは休暇なのでそのままホテルに帰った。



三人は部屋でシャワーを浴び少し早く夕食をとると、ホテルの近くのバーへ行った。

ワインやカクテルを飲みながら会話をし、いつしかほろ酔い気分になったころ、

突然、今回の撮影を担当していたカメラマンの一人の堤に

「事務所から夜の海での写真も撮影しろと連絡があったから水着でビーチに来てくれ」

と言われた。



堤は歳は28で背が高く、短髪でがっしりした体格の好青年で、

アイドル達にも人気の売れっ子カメラマンである。

三人は「事務所の命令だから仕方ない」ということで水着を持ってビーチへ行った。

しかし内心では堤に写真を撮って貰えるのが嬉しかったのだ。



日が暮れてもなお暑い夜、ビーチには昼間とは違う何人かのスタッフが待っていて、

彼女らは、ほろ酔い気分の中、撮影をした。



思ったよりも早く撮影が終わり、ホテルに帰ろうとすると、

「こんな時間にすまないね」

と、堤が飲み物を差し出した。



「あら、ありがとぅ」

と、言って彼女らは飲み物を一気に飲んだ。

ところがその飲み物には強力な睡眠薬が入っていて、

それを飲み干した三人は砂浜を数歩歩いて、その場にドサドサドサッと倒れた。



ここ



それとここ







出典:もんでー

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||

【レイプ】巨乳グラビアアイドルの体験―消えた強姦の記憶 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月9日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ告白体験談

このページの先頭へ