相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】悪魔のような少年10【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


大雅様から化粧、服装、下着に関し色々命令があり、私は徐々に変わっ

ていきました。服装も地味なものが好きな清楚なタイプでした。そのわた

しが、口紅は目立たないベージュピンクから真紅の艶リップへ、アイメイ

クは、ほとんどしていないませんでしたが、濃いブラウン系にしました。

 服装は、胸が強調されるサマーセーター.キャミソール、スカートは膝上

10cm以上のミニスカート。バンティーは以前のものを全て捨て、全部Tバ

ックにしました。

 当然ながら、近所の人、子供達からも変化の理由を聞かれます。その都度

「気分をリフリッシュしたいの。変わらなければできないでしょ。」と苦し

い言い訳をしました。外見以上に内面が大きく変わりました。

 頭の中は、いつも淫らなことを考えています。この間もストリップのこと

を思い出し鏡の前で、踊ったとき使用した、下着姿で自分見つめていました。

そうすると観客が叫んだ厭らしい言葉、中学生がアイドルみたいに私を見てい

た事を思い出し、思わず頂点に達してしまいました。ふと、後ろを見ると息子

がそんな私を見ています。私は動じず、いつか息子とも男と女の関係になると




想像し、快感が高まりました。

 食事の後、主人に声をかけられました。「子供たちから聞いたんだけど、僕

も帰りが遅いけど、夜出かけていないことが多いんだって。土日は僕も仕事で

いないことが多いけど、君もよく外出するんだって。子供たちが寂しがってい

るよ。化粧も服装もちょっと派手になったんじゃないか。」「最近、ダンスの

レッスンスクールに通いだしたから、いないことが多いのよ。子供たちも15歳

と12歳なら自立していい頃よ。それより私が言いたいのは、夜の生活が全くな

いことよ。私も欲求はあるのだから、気分転換しないとやってられないわ。私

に出かけるなと言うなら、貴方の義務を果たして。」こんなきつい言い方は初

めてなので、夫は触れていけないものに、触れた風ですごすごと引き下がった。


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【人妻・熟女】悪魔のような少年10【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月10日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ