相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】万引きして売られていた妻【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


私は気の弱い男で41歳で職業は公務員です。気の強い?妻の麻紀35歳はでコンビニのパート勤めで子供は1人で10歳です。

結婚して13年経ちます、麻紀は決して美人では無いですが可愛い感じで愛嬌が有り身長168cmで体重50kgでスタイル抜群でバスト90cmのEカップの巨乳です。私は妻は余りSEXは好きでは無いと思っていました・・・

麻紀は22歳まで男性と交際した事が無く私が処女を貰いそのまま結婚しました私も歳を取り性欲が落ちて夜の夫婦生活もお互い仕事も有りまして、2年前からSEXしていませんし少し前に私が求めても「仕事で疲れてるから・・」と拒まれました。

私も適当に風俗で抜いていましたここ2ヶ月位前から最近まで麻紀の帰りが遅く成っていました、昼のパートが終わると5時頃帰って来て私たちの食事を作ってからまた出かけて行きます帰りは何時も夜の11時過ぎです。

麻紀に聞くと「今コンビニのパートとかけもちでヘルパーの仕事をしてる」と言いますが何処で何をしているのかは話してくれませんでした、確かに麻紀はヘルパーの資格を持っていましたので私は麻紀を信じて何も聞きませんでした。

現在はヘルパーの仕事は辞めて夕方から家にいますが、夜私が求めても何かと理由を付けて拒みます・・・

それに少し前から麻紀は化粧も派手目に成り以前までジーンズのズボンを好んで履いていたのですが最近は膝上5cm位の

スカートを履くように成ました麻紀に「最近綺麗に成って生脚出してるし男でもできたんか?」と私が妻に冗談のつもりで言うと「なに言ってんのよ熱いからよ」と妻は真剣に成って怒り出しました・・・それに下着も私の知らないセクシーな物がタンスの奥に隠すようにしまっていて携帯も何時もロックが掛けられた状態です。

私は少し不安に成り麻紀の不倫を疑いました・・・その予感は的中しました。

麻紀が留守の土曜日の昼に自宅に電話が有りました液晶ディスプレイを見ると「公衆電話」と出ています。

男の声でした男「OOさんの旦那さんですか?」私「はいどちら様ですか?」と聞きました。

男「わしあんたの奥さんの秘密知ってるで~」

私「え?それって何ですか?」

男「わしランジェリーショップ経営してる田中ってモンやけど」

私はランジェリーと聞いて少々ドキッとしました妻のタンスの奥にそれが有ったからです・・・




男「ええか良く聞けよ2ヶ月前にあんたの奥さんうちの店の商品7万円分万引きしよったんや」

私「え?ほんまにですか?嘘でしょ、うちの妻が・・・まさか振込み詐欺ですか?」

男「嘘ちゃうわあんたに見せたかったで~凄い派手な下着や~」

私は頭の中がパニックに成りました・・・「え?え?え?」と気が動転しました

男「それに警察には通報しないでと奥さんが懇願するから許したったわ」

私「そ・それでどうしたんですか?妻は一人で万引きしたんですか?」

男「まあ・聞けや御主人・・気の毒やけど若い男と2人で店来たんや、多分奥さん不倫してんねんな」

私「その男ってどんな?感じですか」

男「そんなん知らん・・わしが「コラァ」言うたら若い奴は1人で奥さんホッテ逃げた奥さんだけ捕まえたんや奥さんの鞄の中見たら商品一杯入っとった・・」

私は脳にピンと閃きました多分麻紀の働いているコンビニに半年前位から「嵐の桜井君」に似たイケメン君がバイトで来てると騒いでいたのを麻紀から聞いた事が有りました、多分その若い男と深い仲に成っていたのでしょう。

私は心を落ち着かせて「その商品代金は妻がお支払いしたんですか?」と聞きました

男「奥さん警察だけは許して欲しいと泣くからお金払えって言うとお金も持って無いしな万引きしといて逃げた男の事も喋らんし、舐めとるでホンマ・・とりあえず住所と奥さんの連絡先と自宅の番号書かせてな・・」

私「本当にスイマセンそれでお金は?」

男「まあ・あわてんと・・まあ聞けや御主人・・奥さん旦那には言わんといての一点張りや・・・」

私「はい、妻から何も聞いていません」

男「金払われへんねんやったら警察呼ぶしかないと言うと泣いてすがって来てな・・何でもするから許してください・・言うから下着のモデルしてもろうたわ」

私はモデルと聞いてドキッとしました舌を振るわせながら男に聞いてみました・・・

私「そ・そ・それはどんなモデルですか?」

男「もちろん下着やがな・・奥さんエロいスタイルしてるな~それとモデルだけじゃたらんから体で払ってもうたわ」

私「え?そ・それは・・・」

男「まあ・まあ落ち付けやそれは奥さんの合意の元や・・」

私「は・はあそうですか」と言うしかありませんでした。

男「まぁそういう事やわかるやろ?奥さんの秘密聞けたしなエエ体してたで~羨ましいわ」

私「え?・え?」

男「さんざん頼しませてもうたから奥さんの穴ガバガバや、飽きたしもう許すわ」

私「妻の秘密ってなんですか?」

男「秘密のDVD自宅のポストに入れて置いたから有る筈や・・ええか警察に通報しても無駄やぞ奥さんも合意したんやからな・・」

私は電話を置いてポストにDVDを取りに行きました1枚のDVD-Rが有りました。

私「DVD有りました」

男「そうか有ったんやったらええわええか?通報したらそれネットで彼方此方ばら撒くぞ・・あくまで合意やから」

と電話は切れました・・・

私は「ドキドキしながらPCにDVDをセットしました中には2つのフォルダが有りました1つ目は写真集と有りましたもう一つは動画と書いてありました。

写真集には麻紀のランジェリー姿の写真が80枚程有りましたスタジオで撮影した感じで綺麗に撮れていました。

始めの写真は普通の下着で下着メーカーのサンプル写真みたいでしたしかし段々過激な下着に変っていくのが分かります更に写真を進めるうちに気が付きましたなんと麻紀の陰毛は剃られてつるつる状態のパイパンマンコです。

「パイパン状態でスキャンティーを履いた麻紀がM字ポーズで座っていてビラビラが少しはみだしていて胸も乳首がギリギリしか隠れないような紐ブラ姿で豊満な胸を自分の両手で持たされている写真」

「同じ下着ですが大きいバイブを口で咥えている写真が有ります妻の顔は笑顔でした。」

私は興奮しながら次々サムネイルをクリックして行きました・・・

「何時の間にか麻紀は全裸写真に成っています。」

「男の肉棒を咥えさせられている写真」男の顔にはモザイクが掛けられています。

「股間の部分の空いた下着を履き大きいバイブをアソコに嵌められた状態で立たされてる写真」

「椅子に座らされM字開脚のポーズで自分でビラビラを開かされている写真」

「立ちバックで挿入されている写真や騎乗位で男の上に乗っている写真しかも麻紀は笑顔でピースまでしています」

「3P状態でワンワンポーズで口ではチンポを咥えさせられ後ろから挿入されている写真」

「太股に万引きしましたお詫びに肉便器に成りますとか矢印で膣口を示し中出し専用便器とか書かれていました・・・」

私はマウスを握り締め震えてしまいました怒りとも言えない不思議な高揚感が脳に上がって来ました。

動画をクリックしました最初の動画は風呂場のようです。

下はスッポンポンで自分でアソコの毛を剃っていました麻紀は撮影しているカメラ男と楽しそうに話していす。

麻紀「ホントに剃るんですかぁ?」

男「撮影だから無駄毛は綺麗にしないと」

麻紀「撮影したら許してくれるんですかぁ?顔はモザイク入れる約束ですよね?」

男「分かってるよ奥さん綺麗だから店の売り上げも上がるし良いよ」

麻紀「はい主人には内緒で御願いしますねっ!」

という感じで本当に強制的では無くて男におだてられています麻紀も嬉しそうに毛を剃っていました・・・

次は部屋に男が2人以上いる感じですさっきの毛剃りとは違う声です妻に色々質問していますテーブルの上にはワイングラスが置かれており和やかな様子でした、麻紀は椅子に座っていて反対側には店長らしき男ともう一人は多分撮影している男です。

付き合いの長い私には分かります麻紀はすでに目がウツロ状態ですワインを散々飲まされたか媚薬等も既に飲まされたのかもしれません、麻紀は普段真面目な分酒に酔うと感情が高ぶり大胆に成りますキス魔というかだらしなく成るというか・・・

男「奥さんは結婚して何年目だっけ?」

麻紀「13年目位ですぅ」

男「お子さんは?」

麻紀「一人女の子ですぅ」

男「御主人とは旨くやってんの?夜の夫婦生活は」

麻紀「主人は淡白で普通ですぅ・・・最近はしていません」

男「奥さん正直に言って下さい逃げた男は奥さんとの関係は」

麻紀「言えません・・・」

男「言えないとは御主人には言えない関係ですね」

麻紀「はい・・・」

男「その男のために万引きしたんだな?セクシーな下着でSEXする為に」

麻紀「はいスイマセン・・・」

男「あんたのした事は誤ってっててすむ事じゃないんだこのパンティ1枚売っても店の売り上げは500円なんだ」

麻紀「ハイ・・・」

男「旦那と子供が居るのに若い男と不倫してハメまくって挙句の果てには万引きまでして・・・」

麻紀は泣きながら「スイマセン・スイマセン」と言いました

風呂場のシーンとは真逆の修羅場です男の口調は段々キツク成って行きましたまさしく飴と鞭状態です。

妻の表情が自虐的に成って行くのが分かります多分自分は犯罪者だと男に植え付けられたのでしょう・・・

男「思い出すと段々腹が立ってきた奥さん・男呼ぶか旦那呼ぶか警察行くか?」

麻紀「ゴメンナサイ・ゴメンナサイッ何でもしますから許してくださいっ・・・」

気の弱い私は麻紀が少し可哀相に成りました・・・

麻紀が半べそで俯いているともう一人の男が今度は優しい口調で麻紀に優しく語り掛けました・・・

男「奥さんな・・さっきした下着の撮影位じゃな、被害額には足りへんねん奥さんも大人やから分かるやろ?」

麻紀「ヒック・・ヒック・・ハイッ・・分かりますぅ」

男が徐にズボンを下ろしパンツから肉棒を取り出しました男が麻紀の顔の前に「ホラッ」と肉棒を差し出すと麻紀はなんの躊躇もせずに「パクッ」と咥えフェラをし始めました「パシャ・パシャ」とフラッシュの光が見えます写真撮影されていました。

男「奥さん上手やな旦那にしこまれたんか?」

麻紀が首を横に振りながら「ううううううちがぃますぅ」

男「不倫相手の逃げた男やな?」

麻紀が首を縦に振りながら「うん・うん」と頷いていました。私はフェラなんて新婚当時数回して貰っただけでした。

男「このチンポ旦那より大きいいんか?」

麻紀「・・・全然大きいれすぅ・・」

男「逃げた男のとは?」

麻紀「・・・・・大きいれすぅ」

男「だいたい分かるわ旦那粗チンやから若い男としたいの分かるは奥さん変態そうな顔してるもんなあ」

確かに私は12cm位の粗チンですが男のチンポは20cm近く有るようなりっぱな肉棒です・・・

次は麻紀が椅子の上に座らされてM字開脚状態で大きいバイブをはめられようとしてました。

男「この店て売ってる一番大きいアラブ3L入るかな~?」

麻紀「無理ですぅそんな大きいの無理ですぅ」

男「問題無しや子供産んだ事あるんやろ大丈夫やローション塗ったるから」

500mlの細いペットボトル位ある直径の3Lサイズの先端が麻紀の膣穴に差し込まれていきました意外とスポリと挿入しました

麻紀「ああああ大きい・・・あががが・・」

男「なんや奥さんスポッリ挿るやんこれは相当男知ってるとちゃうか?」と男にアラブを「ズコズコ」されています

奥さん「旦那には内緒にしといたるから正直に言ってみい、この穴に旦那以外のチンポ何人挿れたんや?」

麻紀「あああん4人ですぅ。。。」

男「うわ御主人可哀相や~奥さん相当好き物やなさっきも何も言わんのに俺のチンポ咥えたしなあ」

私はビックリしました・・・真面目だと思っていた麻紀がまさか私の他に4人の男を知っているなんて・・・

桜井君似の男以外にも3人は知っている事に成ります私はショックでしたが、チンポはビンビンに勃起しています。

男「奥さん喜べ俺が奥さんの旦那以外の5人目に成るんやから」と言いながらアラブをゆっくり引き抜きました抜ける瞬間画面は麻紀の女性器をアップに映しました膣壁肉がアラブにくっついた状態で引っ張られ裏返りヒダヒダ肉が露に成りました。

オマンコが直径5cm位の大穴を空けているのが見えてしまいました。

男「さあ奥さんのオマンコもなじんだし俺の挿れるかあ~」と麻紀は男に脚を持たれました

麻紀「ゴム付けてくださぁいぃぃ危ない日なんです」と脚を「バタバタ」させます

男「アホかどうせ逃げた男と生でやってんねんやろ?」

麻紀「生でなんてしていません避妊して下さいぃぃ」

と生挿入だけはされまいと抵抗していましたその時撮影していた男に「今いいの有るから後ピル飲めば妊娠しないから」と聞くと観念したように大人しく成ってしまいました。

正常位で脚を男に持ち上げられた状態で陰茎をあてがわれた麻紀の表情はお酒かクスリのせいか?男に逃げられた一人の雌状態で誰でもいいから慰めてという表情に成っていて男も其れを悟ったのでしょうね優しい口調で麻紀を大人しくさせていきました

男は竿部分を手で持って女性器全体を亀頭で愛撫しています段々麻紀が「ハァハァ」してきました。

麻紀「いいっそれっ擦れてぇぇ・・」

男「奥さん挿れるでえ~生肉棒5人目の肉棒や味わえよ~」長いストロークで「ズブズプ」と挿入されました。

麻紀「う・・うん大きいぃ」と少し仰け反る感じです。

男「奥さんホラズップシ全部挿ったやん・・」と腰を「ズコズコ」しています。

麻紀「あああ~奥、まで、、」

男「奥さん俺のチンコどうや?」

麻紀「凄く大きいですぅ今までこんな大きい人とした事ないですぅ・・」

男「そうか、一番大きいか?旦那が今まで一番とちっちゃいんやったなあ」

麻紀「あん言わないでぇもっと激しく突いてくださいぃぃ・・・」

私はこの時点で手放しなのに射精してしまいました。。。終わり


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

【人妻・熟女】万引きして売られていた妻【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月11日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ