相互リンク先の更新情報!

【初体験】ゲームのOFF会いったら彼女ができた話 【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


ゲームといっても、カードゲームのOFF会なんだけどね

とある漫画が起源のオフィシャルカードゲームなんだが、用語が少し出てくる



まず俺のスペックな



22歳 172センチ

大学院 M1

キモ面



女スペ



鈴木杏を体格だけポッチャリにした黒のショートボブ

ちっぱい。Bくらい

背は155








最近のラウンドワンのCMで真ん中で踊ってる女の子が髪おろして黒ぶち眼鏡かけた感じ

本人曰くCカップ

背は160くらい



出会ったのはとある大型SNSのオフ会

研究室の後輩達がやってるのを見て懐かしくなり話に混ざってたら久ぶりにやることに



ゲームをはじめて1カ月たったあたりでSNSでもゲームをする仲間を募りだして、その仲間のうちの一人が今度大規模なオフ会を都内でやるっていうから、試しにいってみることにした。



普段は空いた時間に研究室や大学の近くのショップなどでゲームしてたんだが、一人を除いて貧乏学生なので、デッキや先方がだんだんわかってきて面白くなくなってくる。

そこで使ってたSNSを利用して近くの路線沿いのショップで遊んでる人を探して遊んでみようと思った。

しかし、いざやり取りして会ってみると人見知り爆発、ただ必要最低限の話をしてゲームやって帰ってくるって事が何度もあった。



そんな時、ゲーム仲間が幹事でオフ会やるからと半ば強引に参加メンバーに名前を入れられ行く事に、しかも副幹事にはいってやがる。

副幹事は2次会の居酒屋も参加なので正直焦った。知らない人と飲みに行くのは大学1年の入ってからすぐやめた電子情報研究サークル(エロゲを語るサークル)以来だった。



会場の最寄駅で降りて幹事達と合流

会場はとある公民館で飲食自由、ゴミは各自持ち帰りな感じで、テーブルとパイプ椅子、ホワイトボードを用意して一通り準備をしたあと、幹事と自分で参加メンバーを迎えに最寄り駅へ戻る

目印の銀行の看板の前で女の子が二人AとBが楽しそうに談笑して、ゲーム関連のグッズを持って待っていたその時に聞こえた会話の内容を一言うと

「ユウ○イのパンツむしゃぺろ」

二人とも腐ってた。少し中二入った幹事の服に横縞ニーソと、腐女子が好きそうな服装そのものだった。



幹事を含めて総勢20人が集まったので公民館へ移動

幹事と一緒にトーナメントのくじ引きしたり、席順決めたりしてスタッフやって前半終了

後半からはメンバー入り乱れて遊ぶことに



なかなか声をかけられなくてキョドってた俺に一番最初に声をかけてくれたのはAだった。

「一戦お願いできますか?^^」

正直言って腐女子には嫌悪感しかなかった俺だが、ここで話せなかったら友達出来ずに終わると思った俺は

「お、おねがひゃいっ!」

思いっきり舌を噛んでしまった。



割と最近復帰した旨を伝えて、いざスタート。初めての人とゲームをするのはだいぶ慣れてきたが、女の子を相手にするのは初めてでかなり緊張した。

A「それ違いますよ?」

自分「うひぃ・・・ごめんなさい」

A「気にしないで、よくあることですw」

ほとんど初心者の自分にいろいろ教えてくれながら遊ばせてもらった。

しばらくするとBがAと俺のゲームを見るようになって、審判みたいな事をしてくれるようになってた。そしたらいつの間にかかなり話せるようになって、Bとも遊んでもらって1次会は無事終了した



そして、2次会メンバーで酒の席へ



といっても、オフ会が諸事情あって集の真ん中の祝日だったため、幹事、副幹事、A、B、俺の5人だけで飲みにいくことになった。

予約してあった大衆居酒屋で、主にゲームの事を中心に話が進み、住んでる所や他の趣味の話になった。酒が進むと当然のごとく野郎の幹事、副幹事、俺は下ネタに走り出す。

しかし、AとBの二人ともノリがいいのか、下ネタにかなり付き合ってくれた。

飲み放題の2時間を消費し終わって、帰路につく。

最寄駅の駅の改札前で解散したが、自分とAとBが同じ方向だというので3人で帰る事に。

だがここで一つ問題が発生した。AとB、両方ともかなり酔っ払っている。

酔ってる二人からなんとか降りる駅を聞きだす。Aは乗り換えの駅から4駅降りてBは自分の降りる駅よりも4つ下ったところが最寄駅らしかった。

Aの降りる駅に着いたのでAを支えつつかBを担ぎながら一旦下車、改札に向かったのを確認して次の電車に乗った。しかしこれが間違いだった。



実は自分たちが今まで乗っていた電車が自分の降りる駅よりも先まで進む最後の電車だった。

仕方がないので、とりあえず自分の降りる駅まで行き、駅員に使えるバスが無いか聞くもアウト。自分の最寄駅は住宅地の真ん中なため、駅前に居酒屋やファストフードのお店がちらほらあるだけで、ネカフェなんてなかった。

タクシーに送ってもらおうと思ったが、本人は完全に潰れているため、このままほっとけなくないので家に連れて帰る事にした。



家に着いて、自分のベッドにBを寝かせて、水を持ってくる。

Bはなんとか意識があるが、何言ってるかわかんない状況、適当にあいうちをうって水を飲ませて布団をかけて寝かしてやった。

さすがに今日出会ったばかりの女の子と同じ部屋で寝るのは気が引けるので、近所の友達に一晩泊めてくれとメールや電話をしていたが、その日は皆彼女と遊んでたり、泊まり込みの研究だったり、某狩猟ゲームで盛り上がってたのでなかなか聞き入れてもらえず1時間くらい経過

最後の砦の友達は「明日の授業はないからヤビツに行ってくる」といって峠にいってしまった。



こうなったら覚悟を決めて、押し入れに入れてあった白衣をかぶって、座イスを敷布団代わりに寝ることにした。

白衣を取りに行ってる途中でBが寝がえりをうった、顔を見ると眼鏡が顔に少し食い込んでいたのでそっと眼鏡を外した。

ここで初めて眼鏡を外したBを見て興奮した。下腹部が痛いと思ったらうちの息子は元気にテント張っていた。



このままじゃまずいと思って、机の上にあった少し薬品臭い白衣をつかんで、ダイニングとリビング分ける引き戸を閉めて寝た

が、戸の反対側には女の子がいるわけで、眼鏡を外した顔を思い出すとやはりマイサンが反応する

必死に「あれは男だ」「今日は友達止めてるだけなんだ」「いいか落ち着け、ヤツは男だ」とぶつぶつ言いながら寝ようと頑張る



が、寝れるかなと念仏をやめるとさっきの顔がすぐに脳内再生されて、マイサンは見事に膨れ上がってる。こんな事をまた1時間は繰り返した。

そしたら不意にリビングの戸が開いた。「んー」という声も聞こえる。

B「ねぇ、起きてるんでしょ?」

心臓がバクバク鳴った。きっと勝手に家に連れ込んだ事にたいして何か言われると思って寝た振りに入る

B「男だとか友達だとか、誰かが念仏みたいに唱えるから起きちゃったよ」

俺の全部聞こえてたと知ってキョドった自分は「う・・・」とうめき声だした

が、寝た振りを続けた。

B「あーっ、もう、こっちが寝た振りしてたのに、気がつこうよ・・・」

今までの全部フリだったのか?と思った瞬間「フゴっ」とか変な呼吸をしてしまい思いっきりむせた

観念して俺は起き上がった。



B「きみさー、女の子を自宅に連れ込んだら、やること決まってなーい?」

自分「えー、あー、その・・・」

B「もしかしてさ、女の子連れ込むの初めて?」

自分「は、はい」

なぜその時に敬語で話してたのかよく覚えてないがくどくど説教された

B「せっかくさ、いい性格の人だなと思って色々アプローチしかけたのに何で全部スルーなわけ?」

自分「アプローチとかわかりませんしし・・・」

B「はぁ?今まで彼女できたことないの?」

自分「ちゅ、中学生の時に3日かんだけいました」

B「3日とかw付き合ったうちに入らないってwww」

終始おされぎみで話が進む、自分は思考停止状態でいろいろ言われたが全部しどろもどろ

ここから先何を話したか全然覚えてなかった。



B「いい?わかった?じゃー脱いで。」

自分「はい、脱ぎます・・・ん?脱ぎます?」



自分「は?脱ぐ?」

B「え?君はいったい何を聞いてたのwww」

自分「ごめん、自分見失ってた。今見つかったとこです」

B「新しい言い方だなぁ・・・」

自分「つまり、どういうこと?」

B「今までの会話をもう一度振り返るよ?何か間違った事があったら言ってね?」

自分「は、はい」

B「まず、女の子が出すサインに気がつかなった」

自分「はい、その通りです」

B「前の彼女()と3日で分かれてそれ以来なんにもなかった、だから女の子のこと全然知らなかった」

自分「イエス」

B「つまり君は童貞」

自分「い・・・いえす・・・」

B「にも関わらず、私に手を出さなかった」

自分「だって、彼女でもないし・・・」

B「知ってる?日本にことわざに据えぜん食わぬは男の恥って言葉」

自分「いいえ、しりませぬ」

B「さっきも言った、覚えてる」

自分「言ったかもしれないです」

B「で、私も少し期待してた、いや、してる」

自分「はぁ」

B「22歳で童貞捨てれるチャンス君はどうしたい」

自分「出来れば捨てたいです」

B「よし、じゃー脱いで」

自分「で、見失ってた自分を見つけると」

B「話わかった?」

自分「・・・」



自分「いやいや、Bさん、今日初めて会ったんだし、いきなりそういうのは心の準備ってもんが」

B「あのさ、今童貞捨てたいって言ったでしょ?」

自分「は、はい・・・」

B「私が初めての相手になってあげるから」

Bの顔が俺の顔の前にズイっと寄る。Bは満面の笑みで・・・いや、目はあんまり笑ってなかったかも、一言言った

B「黙って脱ごう、男だろ」

自分「は、はい」



穿いてたジーンズを脱ぎ、パンツを下す。

説教されて少しだけ萎んだマイサンをBは優しく手にとって上下に動かした

B「へぇ、意外と立派なんだね。おとなしい性格だからこっちもおとなしいのかと思ったw」

「う・・・」と情けない声を出してマイサンをされるがままに遊ばれる。全開になるまで1分とたたなかった。

マイサンをさすりながら、Bは俺の肩に手を掛けて体重をかけて俺を押し倒した

B「なんだ、もっと抵抗されるのかと思ったんだけどねー、意外とMなのかな?」

そういうとBは俺の唇に彼女の唇を重ねた。

不意な出来事だったので驚いて「うおっ」と声を上げたが、くぐもってうめいたようにしか聞こえない

そうこうしている間にBの下が自分の口の中に侵入してきた、初めての感覚を味わうことなく自分の初キスを蹂躙してく

B「ぷはっ」にっこり笑ってBは言った「どう?こういうの初めてでしょ?」



B「いやー、たまには襲うのもいいね、いつも受けばっかりだから」

自分「えっと、このあとどうすれば・・・Bさん腐ってるから俺は掘られたりするわけ?」

Bはアハハと笑って、でも手の動きは止めずに続けた

B「何それwそんな事ないよwBLはフィクションだから好きなの。リアルでそんなことあるはずないってwそれともそうやって襲われたかった?」

自分「ぜ、全力でやめていただきたい」

B「でしょ?しないよそんなことw」

いきり立ったマイサンをしごきながら、あどけなく笑っていたBが、凄く可愛く見えた。これが女の子かと思ったわけで冷静になる

自分「っう」冷静になって初めてその手の動きに反応した。Bの手は強くもなく弱くもなく、ちょうどいい強さでしっかりと俺のを握ってなめらかに、強弱をつけて動かす

B「先っぽの方からヌルヌルしてきたね?気持ちいいんだ?」

自分「いや、別にそんなんじゃないけど?」

B「ん?そんなんじゃなくて、何?」

自分「いやなんていうか」

B「観念しろよw気持ちいいんだろ?w」

自分「は、はい・・・」

Bはクスリと笑うと顔を下げた

次の瞬間マイサンがヌルッっとした温かい空間に入る

自分「ほわっ・・・」

何が起こったかわからなかったが、下を見るとBの頭が俺のマイサンがある位置にいる。

自分「こ、これが・・・」

B「ほぉ、これがフ○ラね」

俺のマイサンを口にくわえながらくぐもった声で楽しそうにBが言った

B「どーお?気持ちいい?」

自分「うん、凄く」



B「どう?そろそろ余裕でてきた?」

Bの唾液でぬるぬるになったマイサンを手でいじりなが自分の顔を覗き込む

自分「なんとか・・・」

B「じゃ、私も良くしてよ」

空いてる左手で俺の右手を取って胸に当てる。服の上から、服とはまた違う厚みのある布と一緒にそこにあるふくらみ一心不乱にまさぐった

いつのまにかBの服を脱がし、ブラジャーを外してBの胸をむさぼっていた。気がついたら俺が上になってBを襲っている形になっている。



B「やっ・・・はぁ・・・」

Bの感じている声もだんだん耳に入るようになってきた

ただ貪るだけでなく、Bの反応を見て大きく反応するようにいじり方を変えてみた

B「んぅ、あ、はぁ」

Bの声がだんだん大きくなってくる。そして泣きそうな顔で俺の右手を取って、スカートの中に誘った



B「お願い、こっちも」



B「ここに、突起あるでよ?」

自分「うん・・・」

B「これが、クリ・・・一応知ってるでしょ?」

自分「う、うん、ふたりエ○チで見た」

B「『うん』から後ろは聞かなかった事にするから・・・これ触って?」



自分は静かにうなずくとあてがわれた人差し指を優しく、しかし早く動かした

B「あぁぁ・・・ひぃっ」

Bの反応がさっきよりもオーバーになっていく、体をピクピクと動かして、声の音量も少しづつ多く聞くなっていく



もっと動かしてやろうと思って思いっきり大きな動作で早く動かした、オーバーにやりすぎて何度か腕が釣りそうになるくらい思いっきり



「ひっ・・・ひやぁぁぁぁ」Bの声はさらに大きくなる。

手を握っていたはずのBの手はいつのまにか自分の背中に回っていて、抱き寄せようとしていた



B「だめ、ま、まってお願い・・・きゅうけ・・・」

ダメと言われてスイッチ入った俺は、Bの乳首に思いっきり吸いつきながら指をおもくそ動かした

B「ちが・・・だめ・・・ま・・・あっあっあっ」

Bの声が小刻みに震える

漫画知識だけの自分は俗にいう「イク」ってやつだなと思ってさらに力を強めてBの栗をいじり倒した



B「らめぇ、でるぅぅぅぅぅ」



Bの絶叫とともに、Bの秘部から間欠泉がふきでてきた



Bはガクガクと体を弾ませ、ぴゅーっと何かを出して床の上で跳ねていた



B「ん・・・はぁ、はぁ・・・だから、まったって・・・言ったじゃん・・・」

自分「ご、ごめん・・・でも、なんかとめらんなくって」

B「んぅ・・・はぁ・・・こ、こんなにされたの、初めてだからわけがわからなくなちゃった・・・」

Bは呆けた肩で息をしつつ呆けた顔で俺の顔を見る



B「ははっ・・・君のも準備万端そうだね、先っぽからおつゆが垂れてるよ、女の子みたい」

自分「申し訳ない」

B「あやまらないでよ」

自分「俺、そろそろ・・・」



B「いいよ、でも床はいたいなぁ・・・」

自分「おk、じゃベッドで。」



Bをお姫様だっこして、ベット連れていく

B「場所はわかる?」

自分「いや暗くて・・・」

B「知らないなら知らないとはっきり言おうか」

自分「無知な自分に是非ご教授ください」



ベッドに寝かせて正対する。BはM字に足を広げて、俺のを手にとって誘導した

B「ここ、ここだよ」

自分「んじゃ、失礼します・・・」

B「うん、来て」



ゆっくりといきり立ったマイサンをBの秘部に押し当てていく、すると驚くほど簡単にスルっと中に入っていく。

口に含まれた時とはまた違った温かさと、感触、俺の体が一瞬震えた



B「え?もうイクの?」

自分「違う、あんまりにも凄いんでちょっと震えただけ」

B「よかった・・・まだ先端だけしか入ってないのにいったのかと・・・」

自分「そこまで軟弱なつもりはありませんが・・・」

B「よろし・・・いっぱいきて?」



その一言を発した瞬間のBが凄く可愛く見えて、また自分を見失った

一心不乱でbの事を突きたてる、時にはキスして、胸をなで回しながら



「いっいっいっ・・・あ・・・あぁ・・・」



だんだんBの声が大きくなる。20分は腰を振り続けただろうか



急にBの声が大きくなってきた



B「ちょ、たん・・・ま、まって・・・だめだめ・・・」



さっき潮を吹いた時と同じ感じで声が上ずってきた自分は一気に腰の回転をあげた



B「ちょと・・・だめぇ・・・だ・・・あっあっあっ・・・あうぅぅ」



次の瞬間Bがエビぞリになってビクビクと体をこわばらせた。

そんで、もって俺のを包む秘部が一気に俺のを締め上げる。

すんごい感覚が俺を襲った



B「ひやぁぁっぁぁぁぁぁぁぁ」



絶頂に達したBの秘部はキチキチと俺のを締め上げる、その感覚をさらに味わうために、さらに腰の回転をあげた。



B「ひっ・・・ひっ・・・だめ・・・今動かしたら・・・だめ・・・」



自分「な、何がダメ?」

B「今うごかひゅの・・・ま・・・て、あひぃぃ」

彼女の制止なんて聞くことなく、俺は腰を振った



そしてその時はおとおずれた。自分のまたの間から少しづつ駆け上がってくる感覚



自分「やば・・・そろそろ」



B「だめ・・・」



自分「え?」



B「今止めたらゆるさない・・・すっごく気持ちいい・・・また」



B「またいくのぉぉぉぉぉぉぉ」



Bが果てた、その秘部のあまりの力強さに俺のムスコもそのまま果てた



B「あっあっでてるぅ・・・あちゅい・・・ぃ・・・」



Bは体を大きくそらせて痙攣し、俺の全てを受け止めた

互いに汗だくで、互いに交わっていることへの余韻浸るように抱き合っていた



B「うぅ・・・はぁ・・・す、すごいね君、本当に童貞?」

自分「童貞です・・・AV見る時間と、ふたりエ○チを見る時間だけは長かったから」

B「ばか・・・それより」

自分「はい?」

B「中で出したでしょ?」

自分「・・・ご、ごめんなさい」

B「ゆるさん、責任とって」

自分「・・・と、いいますと」

B「気に入った、それで掻きだして・・・」



そのまま2回戦突入しまんた



この日は、一旦風呂はいって、そのあとBのペースで寝る前に最後に1回やって寝ました。



このあと3カ月くらいBとサフレ関係が続く。家が意外と近いので週1、もしくは2くらいで、うちで買ったパックを開けたりボックスを開けたりデッキ組んだりした延長でヤル感じに

しかしある日Bからこの関係を終わらせようと言ってきた



この間にAとも連絡を取りあっていて、Aといきつけのショップで非公認の大会に一緒に出たりしているうちにかなり仲良くなった。



Aは自分とBが割とSNSやリアルで仲がいいのを見てBに俺の事を相談



Aは自分の事が好きになったという話を聞いて、Bが考えた。

結局身体とゲームの関係で、特に恋人ってわけでもなかったので

Bは本当に俺の事をすいてくれているAに、俺がフリーだということと彼女がほしいと言っている事を伝えてアタックさせる。

んで俺も快く了承

AにはまだBとの関係は言っていないが、Bと話あった結果Bは言わなくていい、言わない方がいいという事になりいまだにAには一切言ってない



それから、Bと二人きりで会う事は互いにやめた、Aが居るか、Bの友達がいる状態でしか合わなくなった



今でもAと自分は仲良くつづいてますよっと。



出典:ゲームのOFF会いったら彼女ができた話

リンク:


告白体験談関連タグ

||||||

【初体験】ゲームのOFF会いったら彼女ができた話 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月11日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ