相互リンク先の更新情報!

【初体験】あるブラウザゲームにてスパイしたご褒美 【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


若葉さんからスパイして欲しいと書簡がきたけど無視してた。

しつくこく書簡がきたので「ふざけんな!!ばばあ!!」と返した。

懲りずに書簡がきた。今までと違って画像のリンクが書かれていた。

恐る恐るクリックすると女子の写真が4枚表示された。

顔が鮮明に解かるものではなかったけど、ネックレスなどから全て同じ女子のものだと思った。

「誰?」と返信した。

すぐに「私です^^お礼、、しますから情報流して、、お願い」と書簡がきた。

僕は悪魔に魂を売ってしまった。

僕が流した情報によって若葉さん達は有利な戦争をし、和睦の話が出た頃、

若葉さんから久しぶりに書簡がきた。

その書簡に書かれたURLをクリックすると

「若葉の御礼」という名のチャットルームに辿り着いた。

画面にはマンションの室内がWEBカメラで映し出されているようだった。

僕がとりあえず「こんばんゎ」と書き込み始めると、例の写真の女子が画面に現れた。動いていた。

整った顔に少し緊張しているような表情を浮かべて「こんばんは、若葉です」と名乗った。




動いている3次元の若葉さんは写真よりも美しく若々しく見えた。

僕がぽかーんと見惚れていると、あちら側からは見えるはずがないのに、若葉さんは首を傾げて

「どうしちゃったの?」と画面付近のマイクに向かって言ってきた。

僕は心臓が飛び出そうになりながら「写真よりも遥かに綺麗な人なんで、びくっりしてしまって」と書いた。

若葉さんは、満足したように、こくんと可愛らしく頷いてから、

シャツのボタンをゆっくり外していった。

画面が白いものでいっぱいになった。白いブラジャーと抜ける様な白い素肌・・・

僕は既にMAXになった股間を強く握った。

若葉さんはカメラ目線でまるで僕を見つめるようにして、後ろ手でブラのホックを外した。

「絶対に内緒ですからね!」可愛らしい笑顔だった。

「はい!」僕はすぐに文字を打ち込んだ。

若葉さんはゆっくりブラの肩紐を外して、ブラジャーを完全に取り去った。

「少し恥ずかしいかも」そう言いながら両手を頭の後ろで組んだ。

ふたつの丸い乳房もツルツルの腋も、無防備な裸体が露になった。

苺色の乳首を頂点に置いた可愛らしい乳房が、若葉さんが動くたびに、

ぷるるんと小刻みに震える様子に、僕は釘付けになった。

ゴシゴシしごいていると、突然若葉さんがドアップになった。

若葉さんはCCDカメラを掴むとベッドに入った。まるで僕と一緒にベッドに入っているようだった。

白い乳房にカメラを誘って、苺色の乳首を擦った。カメラをいきなり頬張って、ぬるぬるした口腔とピンクの舌で愛撫した。

僕は右手を止め、絶頂に達しようとするのを、あやうくかわした。

カメラは下方を降っていき、へその横を滑り降りて薄手のパンツに密着した。

生地の上から真ん中にうっすらと縦筋が浮き出た布越しにカメラが押し付けられた。

僕は生地の縫い目から、濡れたオマ○コの匂いを鼻腔いっぱいに吸い込んだ気になった。

突然、白い布がよじれて、いきなり画面いっぱいに柔らかそうな黒い草むらが現れた。

カメラはさらに奥に進み開かれた脚の付け根をゆっくりと往復した。

バラ色の中身は、蜜液で濡れ濡れになっている。若葉さんは自分の縦筋を前後にさすった後で、人差し指を縦筋に潜りこませた。

「よ、良かったら、、一緒に逝ってね。。私もルドルフさんと一緒に逝けたら、、嬉しい。。一緒に逝こうね、、、ね、、ね」

若葉さんの声が恥ずかしそうに小さくなった。。荒い息を我慢して、呼吸が乱れている。

画面いっぱいの縦筋の襞に摩擦によって白濁した蜜があふれ、次々に伝い落ちて、若葉さんのパンツの中はぐちゃぐちゃになった。

僕は頭が真っ白になった。隣のウインドに表示されている澄ました顔の若葉さんの写真と

チャット画面いっぱいに表示されている若葉さんの恥ずかしい部分を見比べながら激しく右手を動かした。

若葉さんの喘ぎ声が一層高まった時、僕はトランクスの中に直接放出した。

最後の一滴を搾り出すまで、動けなかった。



出典:2ch

リンク:2ch


告白体験談関連タグ



【初体験】あるブラウザゲームにてスパイしたご褒美 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月12日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ