相互リンク先の更新情報!

【友達】お医者さんになって…【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


これは、お医者さんごっこをしたときのお話しです。

椅子を2脚使いました。

向かい合わせて腰掛けて、お医者さんごっこ、スタートです!

『また会えて嬉しい…』

「いや、『今日はどうしました?』とかだろ…。」

「…え?先生(私)は、あなた(患者さん)に片想い中(の設定)だから…。」

「警戒されたらマズイだろ。ってわけで、タイミング的にも、そういう事は、なかなか言わないだろ…。」

「そ、そーかぁ…。そうだね。(汗)」

リアリティを出しつつやろうっていう前提だったんですが、私は少し、残念な頭のようです。

先生(女医さんで、私)は、この片想い中の患者さん(彼)に、会えることがなくなってしまうかも…(病院を変える…とか、引っ越して…とか、よくありますよね。ドヤ〜)という気持ちをいつも持っていたということを、『また会えて嬉しい…』に表したつもりでした。(ドヤ〜って気持ちでした。笑…)

とにかく先生は、彼にまた会えて、嬉しかったんです…。神様、ありがとう…!とまで、思っているんです。が、セリフにリアリティーがなくて、出だしからグダグダです…?

「どっちが先生らしいか…。…やっぱり俺だろ。」

「そうだけど…。(先生やりたいよ…、しょぼ…)」

「仕方ないな…。」

リアリティーはあまり考えないことで、続行することになりました。




ずっと会いたかった想い人に、思いがけなく突然会えると、感動で胸がいっぱいになって、うまく話せなくなりそう…という、リアリティーを兼ねた理由も…あるからです。(ドヤ〜)

「じゃあ…、『どうしました?』

「あ、今は最初に問診票で…。ま、い〜か…。『熱があって…』

『そうですか。では、服を捲って(どきっ…)、…脱いで下さいっ。』

『え…?……ハイ…』

ちょっと彼、躊躇してるな〜と思ったら、ズバッ!!っと一気に素早く脱ぎました!

(ワワッ!)ってビックリするほどの速さだったけど、男っぽく、潔い脱ぎかただなって思いました。

けれども、少し恥ずかしかったから一気に…!なのかもしれません…。

『先生…?』

『は、はい。(はー…、いつ見ても、イイ身体〜。厚みの感じもイイの〜…)』『先生…。』

『(どっきり!)あっ、はい。』

エア聴診器を彼の身体に当てます。

聴診器の先っぽを持つフリをした指先がツン…、ツン…、と彼の身体に当たります。(キレイ…)(あ、ホクロ発見…)って、いろんなことを思ってしまいました。

好きな人だから…、見たい…。いつでも思い出せるように、心に焼き付けたい…。

先生と私の気持ちが交わります…。

『どうですか…?』

「フフ…、胸板の陰影がスゴク…、じゃなくて…『そうですね…』

『先生…』

『(びくっ)はい、なんでしょう。』


告白体験談関連タグ

|||

【友達】お医者さんになって…【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月12日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ