相互リンク先の更新情報!

【友達】続、お医者さんになって…【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


『診察なのに、先生は…、俺の身体ばかり見てるみたいです…ね。』

「や、違…、違ってないけど、尾田さん(仮名だけど、本当の名字)の事、先生が好きだから…、

身体も見たくなっちゃうし、

尾田さんの事ならなんでも、胸の中に保存しておきたい…というか…」

「まあその…。何か…セリフ言ってみて…。」

「そっか、うん…。」

さっきまでは…、

*〜(´∀`)〜*〜(´ー`) 〜*

↑こんな雰囲気だったのに、なんだか違います…。

『診察なのに先生は…、俺の身体ばかり見てるみたいですね…。』

『……。ふふふ、そうかもしれませんね。

尾田さんて、すごくタイプだもの。なんて…。』

『俺もです。』

セリフだけど、(どきっ…)としました…。

こうして思い出していくと、リアリティーは考えないようにといっても、




つい考えてしまったり、考えなかったり、入り乱れている感じでした…。(私が先生役だからです…。汗)

『先生。腹も痛いんですが…。』

『え…、はい。では、ベットに横になって下さい。』『ハイ…。』

さっきのセリフは…?

先生と尾田さん(患者さん)て…、これから、どうなるの…?

そして、流れではこれから、触診(ごくり…)ですね…。

ベットに横になる想い人の尾田さんに、先生は、どきどきです…。(尾田さん(彼)、上半身裸だし…ね。)

尾田さんはずっと、変わらない表情です…。(少しカタイ感じというか…、ポーカーフェイスぎみ)

『では…。(はー…。セクシー…。ごくり…)このへんは…どうですか?』

尾田さんのおなかに軽く触れた瞬間、手をグ!と掴まれて…、

『さっきの…、本当です。』

『あ…。』

『腹は、ウソです…。』


告白体験談関連タグ

|||

【友達】続、お医者さんになって…【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月12日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ