相互リンク先の更新情報!

【フェラチオ】恋して…再会【告白体験談】

カテゴリー:フェラチオ告白体験談
tag:


待ち望んでた彼との再会の時、彼と、クラスメートになれた。

そしてそれを運命的に感じた。

ずっと昔、小学生の時、転校が決まっていた私は、彼にどうしてもその事が言えないまま、転校してしまった。

予定より転校する日が突然に、ずっと早まった事も原因なのだけど…。体は幼かったけど、彼に恋をしていた。

その頃の彼の惹かれた所を今、よ〜く考えてみると、なんだか凄く気が合って、ツンとしてるようで優しくて、優等生タイプだけど、部活はスポーツが好きでいつも頑張ってた。

放課後に、校庭で頑張ってる彼を見るのが大好きだった。

クラスメートになれたのは偶然の事。

同じ高校になれたのも偶然の事。

だから、再会も、偶然の事だった。ずっと会いたかった、恋してた人。

こんな日がいつか来る事を、ずっと楽しみにしていた。

だけれど、彼と対面した時、…微妙な感じだった。転校よりももう少し昔、「もしもどちらかがいなくなったら、会えなくなったらどうするか」たまたま話した事があって、

その時、「そしたらいつか、絶対会いに行くからね」ってそんな感じで言ったのに、約束、覚えてないのかな?と思った。もしかして、私の事、忘れちゃったのかな?と思うほどの微妙さだった。日を追って、彼と接して行くうちに、空気が和やかになって、彼の笑顔が増えて、嬉しくてたまらなくなった。そうして、少しずつ仲良くなれた感じがし始めた頃に、「昔の、こんな思い出話があるんだ」と、思い切って、彼と私の思い出話の一部を話してカマをかけるようにしてみたら、

「それってこんなんもあったんじゃない?」って彼の口からも、私との思い出話を聞くことができた。

それをキッカケに、思い出に花が咲き誇った。

そんな高校生に成長した彼は、彼の持ち前の良さをずっと持ち続けていた彼だった。




その上、体は服で隠れていても分かるほど、男らしく成長していてドキドキする。もう、小学生じゃなくて、子供のように頼りなげない体をしていない彼。

私とは、全然違う人間に感じた。

私はそう感じたその時に、彼を今までと違う、性を意識したような恋心に変化したと思う。

そんな高校時代を終えて、嘘みたいに恋心が実って、私は彼の恋人になれた。嬉しくて嬉しくて私は、エッチの時、今までの自分の恋心をぶつけるように彼を愛撫してる。

「ねえ、気持ちいい…?」

「いい…。」

「おちんちん、感じるの…?」

「感じる…感じるよ…」

「はあ、はあ、いやらしいね…、

いつも、あんなに理性的なのに…、

毎日、おちんちんこんなにして、こんな風に擦ったりして…」

「はあ、はあ、」

「んふ、んふ、チュポ…チュポ…チュポ…チュポ…」

「あっ…、あっ…、あっ…、あっ…」

「チュポ…、チュポ…、チュポ…、チュポ…、」

「あっ…、あっ…、出ちゃうよ…、口に…、口に…、あっ…、あっ…、あー…あっー…」

「チュポ…チュポ…チュポ…チュポ…」

「あっー…出ちゃうよ、出ちゃうよ、あっー…、あっあっ…ん〜!ん…っっ」ドックンドックンと出るエッチな精子を飲んだ。いっぱい。

私の大切な、大好きな彼。ずっとずっと、想ってたよ。


告白体験談関連タグ

||||||

【フェラチオ】恋して…再会【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月13日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

このページの先頭へ