相互リンク先の更新情報!

【フェラチオ】美和子物語 竹下さんと偶然の出会いからベッドへ ・・・【告白体験談】

カテゴリー:フェラチオ告白体験談
tag:


美和子物語 竹下さんと偶然の出会いからベッドへ ・・・昨年の年末のことです。

お正月用品の材料を購入するために、岡山市内のデパートでお使いをしていました。

牛肉の売り場で精算の順番待ちの為に並んでいました。

見覚えのある後ろ姿の男性を見かけました。

その方が精算されて振り向かれて驚きました。

竹下さんです・・・。息が詰まる思いでしたが・・・。お別れしたお方ですから知らない素振りをしていました。

美和子が精算して出口に向かいましたら、竹下さんが立っていました。

軽く、黙礼をして通り過ぎようとしましたが、竹下さんがコーヒーでも飲みましょうとお誘いになりました。

人混みの中ですから振り切るのもどうかと思って、デパートの店内喫茶室までお供しました。

15年近くも夫婦同然の生活をしていましたからお互いの意志は推測できます。

喫茶店を早々に切り上げて、レストランへ移動しました。

ビールとワインで少しばかり酔いました。

竹下さんも同様でした・・・。さらに、自宅近くのビジネスホテルへ移動です。

室内へ入ってドアを閉めましたら竹下さんが美和子にキスされました。

お応えするしか方法がありません。キスをしたままでスカートを脱がされて・・。




竹下さんの手が美和子のクリへ移動します。

Gスポットも攻められました。ラブジュースが流れてきました。

ベッドに仰向けにされて竹下さんが美和子のクリへキスされました。

美和子にはお友達がいますがそのような事は言いません。寂しかった。

彼の言葉が響きます。

美和子の内部を広げてみています。

整形手術をする前でしたから、彼が十分慣れ親しんだ場所です。

彼が堅くなったペニスを美和子のクリに当てています。

男性からのアタックには弱い美和子です。竹下さんが回転されて美和子のくちびるにペニスが当たりました。

昔のままの巨大なペニスです。

先端を丹念にキスして、ナメナメして、吸引しましたら数分で大量のザーメンが放出です。

次々に出てくるザーメンで美和子のお口はあふれてきました。

飲み込むしか方法がありません。

濃いジュースでした。竹下さんは美和子の内部を見て興奮しています。

左右のヒラヒラ部分を噛んで引っ張ります。

美和子の大好きな事なのですが・・・。分身からは大量のザーメンが出ましたのに小さくなりません。

美和子の腰を抱えて上にのせられました。

女性騎乗位です。

美和子が腰を前後に移動したり、上下させますと彼のペニスが最高潮に達します。

二人は繋がったままです。大切な場所がこすれあってスゴク良い。

美和子はエッチ大好きです。

竹下さんから教えて頂いたのですもの・・・。このような事が1時間以上も続きました。

一休みするために、ビールを飲みます。

悟さんから再婚してからどうしていたかと質問されましたが、直ぐに別れましたとお応えしました。

お相手の男性が美和子とのベッドインを断わられるとのお話をしました。

それに、ペニスが小さくて自分だけが射精されると直ぐに眠られるから・・・。

そのような説明をしました。今も二人のお友達がいますがこれは秘密です。

絶対に言いません。しばらくして、竹下さんの上に載せられました。

女性騎乗位です。美和子が竹下さんのペニスに手を添えて結合します。

先ほどからの大量のジュースが潤滑剤になって、スムーズに入ります。美和子が腰を押しつけるようにして竹下さんを攻めます。

彼は射精してもペニスが小さくなりません。

美和子の内壁に擦れて興奮します。二人は体位を入れ替えて美和子が上向きになりました。

両足を合わせて密着しています。

竹下さんがペニスを無理矢理に進入させます。侵入と言っても良いかも・・。

正常位ですね。

ペニスの出し入れで直ぐに興奮が高まって射精です。

数年間の愛情交換をしていませんでしたから・・・。

彼のバンクが空っぽになりそうです。休憩をしてからバスルームへ移動しました。

竹下さんが足を伸ばしています。

美和子はその上へ乗っかりました。

スプーンです。シャワーで美和子の内部をきれいにして頂きました。

壁に手を付けていましたら、後ろから挿入されました。

中腰なっていましたら彼が立位のままで下から攻めます。

美和子の絶頂感は連続です。ベッドへ戻ってから、美和子が下向きで手をつきます。

彼が後ろから挿入です。長年の間、フイニッシュはドッグスタイルだったのです。

彼が残りのザーメンを美和子に注ぎ込みます。このようにして2時間ほどが過ぎました。

お部屋を出れば何も出来ませんから・・。

最後に、美和子のクリにキスしてくれました。別れ際に彼が美和子の大切な部分をショーツで拭きます。そして汚れたショーツを持ち帰りました。

目的はわかっています。

おかずにすると・・・。美和子がスーツを着ていますがショーツ無しです。

寒い風が入りそうです。

デパートでの買い物が巡り合わせです。逢い戻しは鴨の味って言いますね。


告白体験談関連タグ

||||||||

【フェラチオ】美和子物語 竹下さんと偶然の出会いからベッドへ ・・・【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月13日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

このページの先頭へ