相互リンク先の更新情報!

【初体験】1年前女VIPPERと会ってセクロスした時の話をする 【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


今から丁度1年前になるのかな・・・



まずスペックから



当時18歳

大学生

不細工

童貞

コミュ障



女vipper(仮にみゆきさんとする)

確か20歳

短大生

ダンスを趣味にしてる美人さん

喫煙者








まずは事の発端を話す

当時俺は童貞でセックスというのがどんなものか疑問で

実際に体験したくてうずうずしてた



高校の時彼女はいたんだが俺がチキンなせいでキスまでしかできなくて

彼女は遠くの地方大学に進むことが決まり別れた

大学入り、vipに入り浸る毎日が続いてたわけだが、たまに見かける



VIPPERとセクロスしたったwwww



とか



簡単に会えてセクロスし放題wwwww



のレスが目について俺は思った

もしかしたら俺でもスレ立てればセクロスできるんじゃね?



すぐ実行に移した

確か「Hしたいよ」

こんなスレタイで建てた



くだらないレスばかり続き、

30くらいまでレスがついたところで「いいよ」という書きこみを見る

「愛知の○○住みなんだけど・・・・」と俺は書きこんだ

そしたら「隣の××市に住んでる」と返ってきたので

俺はここでメアドを書いてそっちで話そうと誘導する



意外にもメールが来た

俺はこんな上手くいくとは思ってなかったからめちゃ喜んだ

ちなみにそのメールの相手がみゆきさんな



そして何通かメールするうちに一回会おうってことになった

定期的に公園でダンスの練習をしているみゆきさんは

その練習場所の公園を待ち合わせの場所にした



なんやかんやしてるうちに約束の日になる

俺は緊張でガチガチだった

寒かったからちんこは立たなかった



そしてついにご対面



めちゃくちゃ美人だった

綺麗なお姉さんといったほうがしっくりくるな

おっぱいもでかい

こんなお姉さんがVIPやってるなんて俺は疑問に思ったけど聞かなかった



まずは話した

内容は覚えてないが

なんであんなスレたてたの?wwwwは聞かれた気がする



そんで30分くらい他愛のない話をしてその日は終わった



それから1週間後くらいかな?

みゆきさんから「Hしたい?」とメールがくる

俺はもちろんしたいです!と答える

そして何通かやりとりをしてついにセクロスをする日がくる!



だがその日みゆきさんはこなかった



おれは絶望した

これが現実なんだなと思った

もちろんみゆきさんからのメールは一切こない



やっぱ俺みたいな不細工とは無理だよな・・・

もう一生童貞なのかな?

しばらくこんなことばかり考えてた



それから3日くらいたった後みゆきさんからメールがきた

「ごめん、やっぱ怖くて・・・」

こんな感じのメールだった

ここで俺はどんな返しをしたか全く覚えてないんだが、また会うことになった



今度は会えた

そしてみゆきさんの家にいくことにした



ここでどうでもいい話をする

集合場所はみゆきさんの最寄り駅

俺は電車できたから当然歩き、そしてみゆきさんは自転車

ゆみきさんを荷台に乗せて俺が運転することになった







自転車が前に進まない・・・・

俺は自分のひ弱さとヘタレさに絶望した

みゆきさんはフォローしてくれるけど俺は情けなくてもう帰りたかった

そして俺は歩き、みゆきさんは自転車おして行くことになった



家についた

両親はいるみたいだけど挨拶はしなくていいよ言われた

でも俺は「こんにちはー」と小さい声で挨拶しておいた



みゆきさんの部屋に入る

感想は特になかった

ニコニコ動画で猫の動画を見たり、

ゆみきさんの過去についてちょっと話を聞いた

「たばこ、吸っていい?」とみゆきさんに聞かれたので

俺は「自分の部屋ですからwww吸ってくださいwww」と返した



しばらく沈黙が続く



みゆきさん「する?」



俺「え、はい」



俺がもたもたしているとみゆきさんは俺をベッドに押し倒した

ドMな俺にとって最高のシチュエーションだ





今でもこの時を思い出すとちんこが熱くなる



そしてズボンを脱がされてフェラが始まる



正直、すごく気持ち良かった

ほんとに気持ち良かった

言葉に言い表せないほど気持ち良かった

今までフェラしてもらった中でも最高のフェラチオ

たまもなめてくれるし、とにかく最高だった





このフェラを思い出すと今でも俺のちんこは大きくなる





出そうだったので今度はみゆきさんのまんkが見たいと俺は言う



みゆきさん「くさいからだめ!」



俺「いいじゃんwww」



みゆきさん「・・・いいよ」





俺はむしゃぶりついた





無臭だった





無我夢中でなめた

みゆきさんが喘ぎ声を出していたけど

俺は思った





絶対演技だ





だから聞いたんだ



「演技してるよね?」って。



そうしたらこう答えたんだ。



「演技しているとあなたが思うことで私は演技をしていることになるのよ。」



俺は納得した。



我慢の限界だった俺は

俺「ぁっ・・・!  あの、入れて・・・いいですか・・・?」



みゆきさん「どうしようかな・・・?」



俺「お願いします!」



みゆきさん「・・・・いいよ」



みゆきさんがコンドームを出してくる



しかしコンドームつけるころには俺のちんこはもうしょんぼりしてたいた



そしてたらみゆきさんが

「あれ?小さくなっちゃったねw」

と言いつつ俺のちんこをなめる



そしてコンドームをつけ、ついにin!



まずは正常位をした

当時の感想は「あれ?これ床オナと同じじゃね?」だった



そんで次に騎乗位





10秒くらいで果てた





自分の情けなさに泣いた



そして急にくる賢者タイム



何を思ったのか俺はありがとうございますといい、すぐに帰った



帰り際に

みゆきさん「安価メール上等!いつでも送ってね!じゃあね!」

と言われた





今思い返すと俺は相当馬鹿で失礼なやつだったと思う

こんなことしてもらったのにお礼がありがとうございます だけとか

例え賢者タイムでもこの対応はないわ



そして2か月くらいたったあと

おれはみゆきさんにメールしようと送ったところ

メアド変更されてて音信不通になった





出典:1年前女VIPPERと会ってセクロスした時の話をする

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||

【初体験】1年前女VIPPERと会ってセクロスした時の話をする 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月13日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ