相互リンク先の更新情報!

【友達】続々・お医者さんになって…【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


『どういう…事ですか…?』

尾田さん(患者さんの役、彼)が『先生(女医さん役、私)をタイプ』と言った事が本当の事で…。

『お腹が痛い』と言った事がウソの事で…。

ベットに横になってもらった尾田さん(上半身裸…、ごくり…)に、触診(お腹)をしようとした手を握られています…。

『先生…俺立候補…』

『『私…、独身じゃないですよ…。』』(耳打ち)

「なにー!そういう設定…っ……、ま、いいか…。」

『『結婚も、したくなかった…。あの人…、別れてくれなくて…。あんなの情熱なんかじゃない…。』』

『『…』』

『『別れ話の度に、…怖いめに…あって…。逆恨みする人だし…、逃げたい…けど…。』』

『『え…』』

『『両親も体、壊してる…、なのに、私がいなくなったら、嫌がらせされるかもっ…て…。

尾田さんと一緒に生きれたら…なんて、どんなに、どんなに憧れたか…。

でもいつも、どうしたらいいかわからなくて…。

私…、私の喜びは…。』』




まさに迫真…!

「昼ドラかよ…。」

「へへ…。」

私が主なストーリーテラーなだけにツッコまれましたが…(汗)、めげずに続けます(`・・´)

なぜなら、ここからエロくなるのですから…!

『いつも…あなたにまた会いたいと、思ってました。いつか、会えなくなる日が来るか事を、最初から覚悟していながら…。』』

『『先生…』』

『『尾田さん…。あなたにタイプなんて、夢みたいな事言われたら、私…。チュ…』』

『ンン…!!』

『『…院内では…、お静かに願います…。チュ…』』

握られてる手を、先生も握り返します…。

目の前には、想い人の尾田さんの肌…。(ごくり…)

ベット…。(ごくり…)

尾田さんの想い…。先生の想い…。

先生…、暴走しちゃいそう…。ううん、もうしてる…。

『『尾田さん…、胸のここ、弱いんですね…、チュー…』』

『『!、 !、 !』』

『『ずっと、こうして…チュ…、みたかった…、ん…ぺろぺろ…』』

『『 !、 !、 !』』

尾田さんへの想いが止められなくなってきて…、しつこいくらいに…舐めてしまいます…。

『『アァ…、すごい、チュ…、尾田さんのオチンチン…、ンフー…、ガチガチ…。』』

繋いでいた手が離れると、自然と…尾田さんのオチンチンに…触れてしまいます…。

『『我慢は…ストレスにつながって…チュ…良くありませんから…』』

ジーンズと下着から、優しく、オチンチンを導き出しました…。

『『アァ…、固くて、熱い…。処置が…必要ですね…』』

『『アァ…、先生…』』

『『…尾田さん…。』』

『『…ゥ…ゥ…』』

モミモミしたり…、ニギニギしたりします…。

オチンチン…濡れてるからなのか…、私の手の動きと共に、クチ…クチ…静かにに音がします…。

『『はぁ…はぁ…、ンク、チュー…、胸…気持ちいいですか…?』』

『『いい…ですよ!』

『『ぺろぺろ…オチンチンも…?』』

『『いいですよ…!』』

『『はぁ…、はぁ…、ぺろぺろ…』』

『『…んぐ……ふ…』』

オチンチンも…、たくさんニギニギ、シコシコしちゃいます…。

尾田さんの身体中がピクンして、ピクンして…、私の動きに応えているのが、すごくエッチで…、目がくらむ程…たまりません…。

『『尾田さんと一緒にいたい…。

ここで…、診察室でもいい…。

尾田さんの事、愛したい…。』』

『『先生…』』

『『ァ…、すごい…、すごい…、チュパ、ン、ン、くちくちって、尾田さんのエッチな音…』』

『『いや…、やめて…言わないで///、う…、んく…』』

シコシコ…

『『ハァ…、ハァ…、尾田さん…、尾田さん…。』

『『ん…、く…、先生…』』

『『好き…、んく、尾田さん…』』

『『俺もです…』』

『『もっと言って…、ンフ、好きって言って…』』

シコシコ…

尾田さんピクンして…ピクンして…

『『好きだよ…、先生…、好きだ…、ん、ゥ…』』

『『尾田さん…、フゥ、ん、フゥ、ペロペロ…』』

シコシコ…

アァ…すごい〜くちゅくちゅ音して…

『『んぐ…、ふ…、先生、駄目だ、出ます…!』』

『『出して…、んく、チュ、出してください…、ハァハァ…ペロペロ…』』

『『ゥ、ゥ………………!!』』

びゅう…!びゅ…!ってすごい…。見えてる…。

『『ん…、チュ…、チュ…チュ…ペロ…』』

『『フゥ…!先…、うぐ…、うゥ…!』』

尾田さん…、射精しちゃってる…、

アァ…、出てる…。

いろんなところが脈うってて……、

腰もクッ…クィ…ッて動いちゃったりして…

ァ、すごい……、

尾田さんの…、一番気持ちよくてしかたない瞬間…。

ちくびずっと舐めて…、シコシコ続けて…、オチンチン脈うってて…、身体も脈うってて…、すごい…。

アァ…、まだ出てる…。

私の顔に、射精した…トロトロの精液がついてる…。

尾田さんの胸やおなかにも精液…ついてる…。トロトロで熱い…。

ハァ…、まだ、出てる…。シコシコで…、ピクンして…。

『『愛してる…。尾田さん…。』』

お医者さんになって…。

用意したもの=椅子2脚

使用したもの=椅子とベット

感想=ぐだぐだなところもあったけど、尾田さんの感じてるところを見れて、とても良かったです///。

今の気持ち=私は、尾田さんが大好きです///。

また、したいです///。

「次は、なにごっこがいい?」

「またするのかよ…。次、俺先生な!*〜(´ー`)〜*」

尾田さんも、なにげにノリ気です…!*〜(´∀`)〜*

書くって難しいです…。

ぐだぐだでごめんなさい。


告白体験談関連タグ

|||||

【友達】続々・お医者さんになって…【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月14日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ