相互リンク先の更新情報!

【彼女・彼氏】萌ちゃん 3 【告白体験談】

カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
tag:


僕と萌ちゃんは6年生になった。

学校で一番のお兄さんとお姉さんになり、萌ちゃんファンは増える一方。

時々僕らのクラスに憧れの萌ちゃんをのぞきに来る下級生の女の子たちがいた。



萌ちゃんは学校の中で一番キラキラ光る存在。

ショートカットで背が高くてスタイルよくて色白の美少女でぱっと見高校生。

僕は逆に下級生に間違えられるような小さい男子。



そんな二人はいつの間にか彼氏・彼女になっていた。

いっしょに下校していると下級生から指をさされることもしょっちゅうだった。



下校時はいつも萌ちゃんの家によった。萌ちゃんは普通の少女に戻る。

笑ったり、恥かしがったり、喜んだり、学校では見れない萌ちゃんにお目にかかれる。

僕はこのひとときが大好きだった。






萌ちゃんは以外とエロいことが好きで、特に男の子のオチンチンに興味津々。

その時期の話題は僕のやつにいつ毛が生えるかだった。



萌ちゃんとふたりきりになるたびに

「ねえ、生えた?」

と聞いてくる。



昨日聞いたばかりなのに、今日も聞く。

「一日で生えるわけないだろ。」

って言っても、

「もしかしたら、気がつかないだけでほっそーいのが生えてるかもよ。」

って言って見たがる。



「私も最初気づかなかったから。」

萌ちゃんはすでに生えてるから、僕が大人になる瞬間が見たいらしい。



それともうひとつは初めての射精。

「ねえ、出そうになったら教えて。」

って言ってくる。



でも、こればっかりはいつ来るのか見当もつかない。

萌ちゃんは生理が来てるからこれも先を越されてた。

たまーにだけどオナニーっぽい話を聞いたことがあるから、萌ちゃんは体験済み

だったのかもしれない。



5月に入って気候がよくなってくると、萌ちゃんのテンションもあがりっぱなし。

学校が休みの日は半日くらい部屋で全裸で過ごすこともあったらしい。

たまーに親がいない時はそのままのカッコで階段降りてリビングに行くこともあったそうだ。

こんな話をクラスでしたらみんなビックリするだろうと思う。



6年生でこんなことしてるの私だけかなあって言うけど

僕にもそんな願望はあった。だから何となくわかる。

女の子ってエッチなんだなあって思う。



GWに入ったばかりの休みの日。

僕は萌ちゃんに呼ばれて家に行った。

「スカートめくりして。」

って言うのでめくってやったら白い尻が見えた。



「あれ?お尻?」

「うん。」



「もしかして、パンツはいてないの?」

「うん。」

目の前にはノーパンのエッチな美少女。今考えるとたまらない。



「僕が来るから脱いだの?」

「ううん、朝からずっとはいてないよ。」



「どんな気持ちなの?」

「何かねえ...すごいエッチな気持ち。」



「ふーん。」

「雄太君はやったことないの?」



「ないよ。うちはいつも親と兄弟がいるし、自分の部屋ないし。」

「そっかあ。すごく楽しいよ。」



「それで外出たりするの?」

「それはないけど...でも出てみたい時も...ある...かな。」



「へー、すごおい。」

「私、変なのかなあ。」

萌ちゃんは赤くなって笑った。可愛かった。



「ねえ、今家の中には私と雄太君のふたりきりなんだよ。」

「お父さんとお母さんは?」



「出かけちゃった。」

「何かするの?」



「雄太君も下脱いでよお。」

「え?脱ぐの?何で?」



「私と同じことしてよ。」

「うーん、恥かしいなあ。」



「毛のチェックもしてあげるから。」

「まだ生えてないってば。」

萌ちゃんに押し切られて僕は下半身だけ裸になった。



「やっぱり恥かしいよ。」

「ねえ、手どけてよ。見せてってばあ。」

無理やり手をどけさせられ、チンチンを見られてしまった。



「まだ生えて来ないね。」

「そんな急に生えないって。」



「どうせだったら萌ちゃんもスカート脱いでよ。不公平だよ。」

「あ、そうか。そうだよね。」

萌ちゃんはスカートを脱いでくれた。

みるみる僕のチンチンが大きくなってしまった。



「キャー、これって勃起って言うんだよね。」

「ぼっきい?」



「ぼっき。立つこと。」

「へえー。」

萌ちゃんのプリプリしたお尻とわれめが見放題になったせいでビクビク脈を打っている。



「今日は帰るまでこのカッコでいてね。」

「え?これでずっといるの?」



「うん。」

「トイレは?」



「このままで行くの。雄太君がしたくなったら私がさせてあげるから。」

「え?どうやって?」



「持ってあげる。」

「何か変な感じだなあ。萌ちゃんがトイレ行きたくなったら僕もいっしょに行っていいの?」



「うーん、それはさすがに恥かしいけど...いいよ。」

「じゃあ萌ちゃんもしたくなったら教えて。」



もし大人がこんなことやってたらものすごいエロい構図だと思う。

その時はそんなことわからずに遊びの延長みたいな気持ちでいた。



萌ちゃんは大きくなった僕のチンチンを隅々までチェックしている。

「萌ちゃんってホントにチンチンが好きなんだね。」

「みんなに言っちゃダメだよ。絶対に内緒にしてね。」



「ねえ、僕も萌ちゃんのちゃんと見てみたい。」

「え?私の?」



「うん、足開いて見せて。」

「え?足開くの?」



「ダメ?」

「いいよ。雄太君が見たいんなら。どうすればいいの?」



「立ったままで足開いて。」

「こう?」

萌ちゃんは肩幅の広さで足を開いた。



「何かよく見えないなあ。」

「どうすればいいの?」



「ベッドに座って足開いてくれる?」

「こう?」

萌ちゃんはベッドに腰をかけてM字開脚してくれた。



!!!



ものすごい萌ちゃんのいやらしい姿。

まだ射精すらしたことなかった僕はどうすることもできず鼻息だけが荒くなった。

ぷっくらしたピンク色の萌ちゃんのアソコ。

われめの上に少し毛が生えてて、われめの間にちょっとだけ肉っぽいものが見えてて

そのあたりが少し濡れている。



「このカッコ、すごく恥かしいね。」

「でもすごいよく見えるよ。」

僕は萌ちゃんの間にしゃがんで目の前にアソコが来るようにしてじっくり見た。



「ちょっとだけさわってみてもいい?」

「え?さわるの?」



「ダメ?」

「やさしくさわってくれるならいいよ。」

僕は萌ちゃんのわれめに指をはわせてみた。萌ちゃんの腰が動いた。

僕はビックリした。



「大丈夫?どうしたの?痛かった?」

「違うの。気にしないでやさしくさわって。」

僕は小陰唇、クリトリス、少し生えた毛などいろんなところをさわった。

手がベトベトになってイヤになってきてさわるのをやめた。



「もういいや。」

「もうやめちゃうの?」



「うん。手がベトベトしてるからもういい。」

「そう...雄太君がイヤならしょうがないね...」



萌ちゃんはティッシュで僕の手を拭いてくれたあと、アソコを拭いていた。

今考えると萌ちゃんはもっとさわってほしかったのかもしれない。



結局、下半身裸のままのカッコで夕方まで萌ちゃんの部屋で過ごした。

僕が家に帰る時、突然萌ちゃんは僕のホッペにキスをした。

ビックリして家に帰っても胸のドキドキが止まらなかった。





出典:org

リンク:org


告白体験談関連タグ

|||||||

【彼女・彼氏】萌ちゃん 3 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月15日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

このページの先頭へ