相互リンク先の更新情報!

【友達】学研の先生 【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


僕は中三のDです。

英語の成績が上がらず、国際大学をでた近所の学研の先生に逆家庭教師をしてもらうことになりました。

中学校からは塾に移りましたが、小学校の頃には通っていたので懐かしい感じでした。

ゆみこ(Y)先生は42の割にはとても若くみえて35くらいに見えます。

小学校の頃にはなんとも思っていなかったのに、久しぶりにみるととても美人にみえました。

夏だったのでY先生は薄着で、ぼくは授業中も胸元が気になって仕方ありませんでした。

するとY先生が

Y−こら、D君。どこみてるの 笑。ちょっと前までは子供やったのにねぇ 笑。

正直ばれていたことにあせりましたが、普通だったのであんしんしました。だから

D−だって先生が美人なんやもん 笑

Y−ありがとう。

D−先生今日は家族は?

Y−お父さんは福岡に出張、お姉ちゃんは大学、お兄ちゃんは友達の家に泊まりにいってる。

僕はおかしたくてたまらなくなりました。そしてせんせいに飛び掛りました。

Y−ちょっと何するの!やめなさい。




D−せんせいのこと好きやねん!

先生はびっくりしていました。

正直ぼくも心臓がドキドキしてきて後悔するきもちがでてきました。

でも後には引けずくちびるを重ねにいきました。

でも口を開かないのでおっぱいをもんでみると、

Y−あッ

声をだしたすきに舌をからませました。

するとせんせいは顔はそらしつつも、舌をからませてきました。

D−先生、いいやろ?

Y−でも・・・こんなおばさんやし・・・

D−ぜんぜんかまわへんって

ぼくはスカートのなかに手を忍ばせました。

Y−待って!せめてシャワーだけでも。

  外にもでたし汚ないから・・・

D−そんなんまたれへんって!

Y−じゃあやめにしましょ

D−・・・わかった・・

そしてせんせいがバスタオルをまいてでてきました。

Y−D君。ほんまに今日限りやで。

D−わかってるって

そして先生をダブルベッドに押し倒しバスタオルをとりました。

シャンプーの香りがいい感じににおいます。

唇を重ね、おっぱいをさわりはじめました。

次回はSEX初体験編です。

なにしろ今は期末の真っ最中なもんで・・・笑


告白体験談関連タグ

|||||

【友達】学研の先生 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月16日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ