相互リンク先の更新情報!

【フェラチオ】服を脱がずお口でララバイ 【告白体験談】

カテゴリー:フェラチオ告白体験談
tag:


ブス専集合掲示板で受験旅行にきてた女の子と知り合って、相手のホテルへあげてもらった。

ベッドで軽くイチャつきながらその子の手をオレの股間へと誘導。



地元にいい大学がないからこっちにきたらしい。

ズボンの上からなでさせた。

「おっきくなってきたねぇ。ズボンきつそう。脱ぐ?」

彼女にうながされ脱がせてもらうことに。

なぜか上も。いわゆる全裸です。

彼女は服着たままだった。

ベッドに腰掛けた状態で彼女が股の間に座り手コキ開始。

「うわっ。すっごいかたくなってる」

彼女の細い指がオレのに絡み付いている。

そのまま上下に動き始め、思わず声が出た。

「ん?気持ちいいの?」

「ね、フェラして。」




と頼んでみたが、

「ダーメ」

と笑われた。そのまま手コキ地獄が続く。

だんだん座ってるのがつらくなってきたので彼女に伝えた。

「いいよ。じゃあ、横になって」

許可をもらい横になる。

彼女もベッドにあがりまた手コキを始める。

「もう、やばいかも。口でして」

と、頼むが取り合ってくれない。

オレは目を閉じてイカないように必死に耐えていた。

次の瞬間、あたたかいものに包まれるような感じがした。

驚いて顔をあげると、彼女がオレのものをくわえていた。

起き上がろうとしたが彼女に制された。

部屋にジュプジュプと音が響く。

手で散々焦らされていたので限界が近かった。

「イキそうなんだけど」

そう伝えると、彼女は目でほほ笑み動きを早くした。

♪♪♪

ここで彼女の携帯が鳴った。

「電話出なくていいの?…」

オレが聞くと、彼女は口をいったん離して

「このまま。」

と言った。

再び彼女がオレのものをくわえる。

限界はすぐにきた。

携帯の着メロが鳴り響く部屋でそのまま口に射精。

彼女は全部吸い出すと、飲み込んでくれた。

「すごい。たくさん出したのに、まだかたいままだね。」と

彼女が笑った。

そして数分後

そして何故か彼女の部屋から追い出された。

これってなんだったんだろう??



出典:服を脱がずお口でララバイ

リンク:ブス専集合掲示板


告白体験談関連タグ

|||

【フェラチオ】服を脱がずお口でララバイ 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月16日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

このページの先頭へ