相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】お向かいの影絵の人妻 3【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


明美の車に乗り旦那が仕事から帰ってきた。

少し飲んでいるようで明美がシャワ−を使うように言いながら家に入った。

故意か偶然なのかレ−スだけ閉めた部屋の常夜灯とテレビと枕元のスタンドの灯りの下で蠢く2人の裸体が見えた。

急ぎ小型双眼鏡を探して・・・影絵ではなくモロ見えである。

仰向けの旦那に明美が指を沿え頭を上下に動かしながら一心不乱でフェラを始めていた。

旦那のそそり起った陰茎から明美が淫唇を離しゴムを用意した時、旦那は明美を仰向けにしM字開脚させて生膣に顔を近づけた。

旦那に生膣を舐められながら張りのある乳房を揉まれ明美は口を開け艶声を出し始めているようだ。

上体を起こした旦那が生膣に腰を押し付けると明美が胸板を押し何か言っているようでだが旦那が強引に明美の腕を取り払い

覆い被さると腰を明美に押し付け動かし始めた。

旦那は生で明美に挿入したようだ。

明美が正常位で足を広げ旦那を生膣深く奥に受け入れやすくすると旦那の腰の動きが激しくなった。

旦那が仰向けになると明美は旦那を跨ぎ陰茎を握り生膣に全てを咥え込むように腰をしずめていった。

旦那の胸板に手をつき明美が腰を動かすと僅かに乳房も揺れていた。

旦那が明美の腰を掴み下から生膣を突き上げ始めた。明美は口を開けそして旦那の上に倒れこんだ。

仰向けになった明美の両脚を持ち広げ旦那が屈曲位で明美の生膣を突き始めた。




薄明かりの中生の陰茎で旦那が明美の生膣深く突いている様子が見えた。

旦那の腰の動きが激しくなると口を開け艶声を出しているような明美がこちらに視線を向けた。明らかにイク時の顔である。

旦那が明美に覆い被さり両脚を広げ旦那にしがみつく明美の生膣への腰の動きが激しくなると明美は仰け反り始めた。

と同時に旦那の腰は大きく押し込むように数回動きそして動かなくなった。明美が生中だしされた瞬間であろう。

旦那が離れ仰向けになると明美は枕もとのティッシュを取り生膣から流れ出てくる精液を拭きながら旦那の後始末を始めた。

無声モロ無修正素人AVであった。

「見えたでしょう」明美から連絡が来た。

「レ−スだけでまる見えだったから驚いたよ」

「旦那が閉めようとしないから 少し恥ずかしかったわ」

「旦那に中だしされて仰け反っていたね」

「そんなこと言わないで 会えないかしら」

パチンコ屋近くの駐車場で明美の車に乗り込んだ。

「旦那と明美が好きなバックでセックスしないの」

「体位は旦那に任せているから」

運転している明美の太ももに触れた。「アッ だめっ 我慢して」

太ももから奥へ指を進めパンストとパンティ−を掻き分け生膣を弄んだ。

「アッ 運転ができなくなっちゃう ダメッ ねっ やっ止めて」

ラブホの部屋に入ると

「もうっ~ イタズラばかりするんだから」と明美が抱きついてきた。

ディ−プキスしながらスカートを脱がしブラのホックを外しブラウスをたくし上げ張りのある乳房にむしゃぶりついた。

「アアッ アッ~」

明美は艶声を出しながら力が抜けたように寄りかかってきた。

ソファ−に浅く座らせパンストとパンティ−を脱がし片足首に掛けたまま明美の両足を開かせ生膣に顔を近づけた。

「この中に旦那が生で中だししたんだね」

「アッ だめよ シャワ−使わなきゃ だめったら~ アッアアッ~」濡れ輝き始めた生膣と淫核に吸い付き舐めまわした。

「アッアアッ~ ダメッ~ アウッ アッアアッ~ イッイイッ~」

ソファ−の上で明美は仰け反りながら大きな艶声を出した。

「明美 美味しいよ」

明美の艶声を聞きながらしばらく生膣の淫汁を舐め味わった。

「明美 フェラして」

ソファ−の浅く座ると気だるそうに体をずらし明美がベルトを緩めズボンとパンツを脱がしてくれた。「元気なやんちゃさん」

硬くなってきた陰茎に指を沿え明美は亀頭を淫唇で包むと舌先で舐め始めた。

「もっと硬くして」

明美は深く浅く淫唇を巧みに動かし陰茎を気持ちよく舐めてくれた。

「おいで」

明美は跨ぐとそそり起つ陰茎に手を添え生膣に亀頭をあてがい腰を沈めてきた。対面座位である。

生膣を押し開くように陰茎を奥深くまで突き刺すと

「アッアアッ~ アウッ アッ イッイイッ~ アウッ~」

素直に歓喜の艶声を出し始めたので明美の腰を掴み下から突き上げ深く浅く明美の生膣を味わった。

屈曲位になりたくし上げたブラの下の乳房を揉みながら激しく深く突き捲ると

「アアッ~ ダメッ~ イクッ イクッ~ いきそうっ~」

覆い被さりしがみついてきた明美の耳元で「いっていいよ」と囁き奥まで突くと

「イクッ~ イクッイクッ イクッ~ アアッ~」

生膣が締まり始めピクッピクッと陰茎を包み込んでくれた。

「明美 気持ちいいよ」

「アッア~  アッ いっちゃったわ」明美が力強く抱きついてきた。

「バックしよう」

ソファ−に手をつかせ腰を高く持ち上げた立ちバックで明美の生膣に陰茎を挿入し突き始めた。

「アウッ 奥まできてるぅ~ イッイイッ~ アウッ アアッ~ イイッ~」

明美の大きな艶声と肉のぶつかる音を聞きながら激しく生膣を突き捲った。

「アッ アアッ あたってるぅ~ アアッ~ そんなに こわれちゃう~」

ブラウスからこぼれている乳房を揉み上げ明美の片足をソファ−に掛け足を大きく開かせ生膣深く届くように激しく突き上げると

「アウッ アウッ あたってるぅ~ あたるぅ~ アアッ イッ イクッイクッ~ アウッ アッ 中が 中がイイっ~ 

アッ イクッイクッ~」

明美の生膣が締り痙攣し始めた。

「明美 いくぞ」

明美の生膣深く挿入したまま締りを堪能しドクッドクッドックンドックンと陰茎を脈動させ精液を勢い良く浴びせかけた。

明美は陰茎の脈動に合わせて歓喜の艶声を放った。

腰を突き上げたままの明美の生膣から陰茎を引き抜いた。

「もうっ すごいんだから」

奥深く注ぎ込んだ精液が生膣から流れ出してこない。

「明美 お腹に力をいれて」

明美の生膣から溢れた精液がボタッボタッ床に落ち始めた。

勢い良く放出した精液を受け止めた明美の生膣は最高である。

明美はゆっくりとお掃除フェラをしてくれた。

「すごいっ いっぱい出たわ 」

「シャワ−にいっしょに行こう」

シャワ−を先に使いバスタブの湯に浸かりながら明美がソープの泡を流している様子を眺めていた。

張りのある乳房とくびれたウェストは男心をくすぐるには十分である。

旦那が乗りかかる気持ちも分かるような気がする。

バスタブに入ってきた明美に後ろから抱きつき乳房と生膣に触れキスを楽しんだ。

「明美 旦那よりいいか」

「知らない おかしくなってしまうわ」

「生でそのまま中に出すのは最高だね」

「でもできちゃうから気をつけなくては」

「できにくいと言うかできない体質だよ」

「えっ それって もしかして カットしてるとか」

返事をせずに明美の耳元で

「危険日に明美の中に出しても 大丈夫だよ」

「本当なの」

ベッドに移り続きを始めた。

69でさかりのついたオスとメスのように陰部を舐め吸い合うと

「アアッ~ アッ イッ すごくイイッ~ イッアッアアッ~」

いつ聞いても明美の艶声は艶っぽく興奮する。

「明美 入れるよ」

M字開脚させた明美の生膣に生の亀頭をあてがい腰を進めた。

「アッ アウッ アッ イイッ~」

明美の覆い被さり生膣深く陰茎を挿入し腰を打ちつけながら明美の耳元で

「明美 気持ちいい」

「アアッ アウッ イッ イクッイクッ~ アヒィ~ イクッ~」

明美の歓喜に震えるような艶声を聞きながら

屈曲位、側位と明美の生膣の締りと痙攣を堪能し明美が淫乱さを現すバックで明美の生膣を突き捲った。

2度目の余裕で明美を味わうと「もうっ イクッ 奥にあたって おかしくなる~」

明美の腰を掴み引き寄せながら生膣深く届けとばかりに突き捲り時には深く挿入したまま腰をのの字に動かし明美の生膣を弄んだ。

「明美 いくぞ いっしょに」

「イクッ 中に出して いっぱい奥に~ アッイクッイクッ イクッ~」

明美の生膣深く気持ちよくドクッドクッドックンドックンドクドクッと射精を始めると陰茎の脈動に合わせ明美は艶声を出し

しがみついてきた。

「明美 中に出したよ」

生膣から流れ出てくる精液をティッシュで拭きながら明美が抱きついてきた。

「明美 相性が合うね」

「うれしいわ」

帰りの車の中で明美が

「ねぇ 泊まりで温泉に行かない 招待券が手に入ったの」

パチンコ屋の接客サ−ビスの景品らしい。

追い金を打てばグレ−ドは変更できるらしい。

「源泉垂れ流しがいいけど 旦那は大丈夫」

「友達と行っておいでと言ってるから 連絡するわ」

待ち合わせた場所で明美の車から降りた。

美味な明美の体を堪能し少し腰が抜けそうであった。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

【人妻・熟女】お向かいの影絵の人妻 3【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月17日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ