相互リンク先の更新情報!

【友達】同じ社宅に住んでいた綾子【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


これは中学生の時、オレと同じ社宅に住んでいた綾子という同級生との話。

オレと綾子は近所に年の近い子供がいないということもあり、小さい時からよく二人で遊ぶ仲だった。

さすがに中学生くらいになると頻繁に会うということは無くなったが、月に一度くらいはお互いの家で遊んでいた。

ある時、綾子がオレの部屋へ遊びに来たときの話だ。

いつものようにファミコンで対戦ゲームをして遊んでいたオレたち。

少しするとファミコンに飽きてそれぞれが勝手にマンガを読んだりしていた。

すると突然綾子が「たっちゃん、こんなの見てるの~」とオレに話しかけてきた。

見ると本棚の奥に隠してあった雑誌を見ている綾子。

今とは違って、当時は少年サOデーやマガOンなんかにもエロい内容のマンガが結構載っていた。

綾子が持っていたのは、そんなエロシーンが載っていた一冊だった。

綾子が見ていたマンガは“エッチに興味がある男女がだんだんと性について勉強していく”って感じの内容。

当時のオレは、想像もつかない“セックス”よりも身近な“おっぱい”に対する興味のほうが強かった。

毎月数冊買っていたマンガ雑誌の仲でも“女の子の下着姿や乳首が描かれているシーンが載っていたヤツ”は親に見つからないよう隠してあった。

そのマンガは“不感症を気にした女の子が男におっぱいを触らせる”という内容で、オレの中ではかなりのヒット作。

ヒロインの乳首を男が触るシーンで何度もオナったことがあった。




「なんだよ、綾ちゃんだって興味あるんじゃねーの」

正直、かなり恥ずかしかったが“女の子に弱みを見せたくない”という一心で平静を装っていた。

「そんなことないよ!ホントにたっちゃんエッチだよね」

オレが挑発するように言ったもんだから綾子も少し怒ったように言い返してきた。

「興味が全然ないなんておかしいよ、綾ちゃん不感症なんじゃない?」

今、考えると訳のわからない理屈だが、言われた綾子はとても悔しそうな顔をした。

「不感症!不感症!」

調子に乗ったオレは何度もからかうように綾子に言った。

黙ってしまった綾子、さすがに「言い過ぎたかな?」と思っていると顔を真っ赤にした綾子が「そんなことないもん」と言ってきた。

「じゃあ、証拠を見せてみろよ~」

オレが言うと、「証拠ってどんなのよ」と言い返す綾子。

「やっぱりA地点で確かめるしかないんじゃない?」

マンガの中ではおっぱいとアソコが感度Aの感じる部分って書いてあり、そこを触って不感症かどうかを確かめていた。

「やらしい意味じゃなくてマジメに綾ちゃんのことが心配になってきたよ」

思いがけず女の子の体が触れそうな雰囲気になってきた、オレはマジメに心配をするフリをしながら綾子の様子を伺った。

「じゃあ、少し試してみようかな。たっちゃんなら怖くなさそうだしね」

少し考えるような仕草をした後、恥ずかしそうに綾子は言ってきた。

オレたちはマンガにあるように並んで座った。

二人の前に雑誌を広げてお手本のように見ながら綾子に触れる。

マンガの内容どおりに最初は手を握ったり撫でたりした、改めて触れた綾子の手は汗ばんでいてとても小さかった。

「どぉ、感じる」オレは聞きながらドキドキしていた、ここで「感じる」なんて言われたらおっぱいに触れなくなると内心ハラハラ。

「よくわかんない、くすぐったいだけかも…」

自分の手とマンガを見比べながら綾子は言った。

「じゃあ、やっぱりA地点じゃないとダメかな」

何気なく言ったつもりだが声が擦れるくらい緊張していた。

「う~ん」少しの間、マンガを見ながら悩んでいるような様子の綾子。

「じゃあ、A地点触ってもいいけど…他の人には絶対このこと内緒に出来る?」

綾子も緊張した様子で妙に早口に喋った、ほっぺがリンゴのように真っ赤になっている。

「わかった、ちゃんと調べるから動かないで」

オレはマンガと同じように綾子の胸を服の上から触った、生まれて初めて触る“女の子のおっぱいの感触”はとても柔らかかった。

「どぉ、感じてきた?」

あまりヤラシイ動きにならないように注意しながら撫でるようにおっぱいを触る、ガシガシ強く掴みたい衝動を必死に我慢した。

自分の胸を撫でるオレの手の動きとマンガのページを見比べながら「う~ん」と唸る綾子。

「やっぱり直接の刺激じゃないとダメなんじゃない?服の上から感じてたんじゃ普段から感じてることになっちゃうし」

また、訳のわからないこじつけを説明するオレ。

迷っている綾子を説得する為に脳ミソをフル回転させて“いかにもそれらしいコト”を並べ立てた。

我慢できなくなったオレはそーっと綾子のTシャツの裾に手をかけた。

「イヤになったら言ってね、スグにやめるから」

そう言うと綾子も納得したように「絶対だよ」と言ってオレにシャツをめくらせた。

首のあたりまでTシャツをまくった綾子のカラダは少し日に焼けた色をしていた。

Tシャツの上から触った感触でわかっていたが、綾子はしっかりブラジャーを着けていた。

ブラジャーといえば“自分の母親”のドンブリみたいな格好のヤツかマンガのエロシーンでくらいしかお目にかかったことのないオレ。

学校の女子の背中に透けてるブラ線を見るだけで興奮していた中坊のオレにはメッチャ刺激的な光景だった。

水色のレースに縁取られた白いブラジャー、肩紐と胸の真ん中にピンクのリボンが付いていてヨットのイラストが描かれていた。

その下に隠れているおっぱいはホントに小さくてブラの上からじゃ少し盛り上がってることくらいしかわからない程度。

オレがブラジャーをまじまじと見ていると「可愛いやつじゃないからあんまり見ないで」と恥ずかしそうに綾子は言った。

指で摘まむようにブラに触ってみる、生地の内側に綿でも入っているような柔らかい感触。

自分の手指がブラジャー越しに綾子のおっぱいを撫でるのを見ながら緊張を紛らわすようにオレは色々な質問をした。

オレ「ブラジャーっていつから着けるようになったの」 

綾子「小5くらいからかな」

オレ「ブラジャーって自分で買いに行ったりするの?」

綾子「お母さんと一緒に買いに行くかな」

同級生のブラジャー事情に興味津々だったオレは変な質問ばかりしたが、なぜか綾子は普通に答えてくれた。

よく見ると、目を閉じて少しうっとりとしたような表情をしている綾子。

オレは移動して綾子を後ろから抱きかかえるような格好に、そのまま今度は両手でおっぱいを揉んでやった。

ここまで来てオレは戸惑っていた。

マンガではいつのまにか勝手にブラジャーがずれてヒロインの乳首が見えてしまうのだが、そんな風になる気配は全くない。

さっきまではブラジャーが見られただけで満足していたのに、今度はどうしても生のおっぱいや乳首が見たくてしょうがなくなっていた。

優しく揉むフリをしながら指で乳首がありそうなトコロを集中的に擦ってみたが反応は特にナシ…。

思い切ったオレは偶然を装ってブラの下乳のほうに親指を突っ込んだ、思ったより隙間があったみたいで指の根元までスルッと入る。

「あっ…」指が差し込まれた瞬間、綾子が驚いたような声を出した。

声を出した以外は特に嫌がっている様子もない、オレは指を突っ込んだままの手に力を入れてグイッと押し上げた。

小さなおっぱいは引っ掛かりもなく、あっけなくブラジャーは捲り上げられた。

後ろから綾子の肩越しにおっぱいを覗き込む、捲くられてシワシワになったブラの下に白いおっぱいとその先っぽのピンク色の先端が見えた。

マンガのヒロインと同じように片パイ丸出しになった綾子、オレもマンガの主人公をマネて乳首を摘まんでみた。

「ん、んんぅ…」乳首に触ると綾子は不思議な呻き声を出した。

柔らかい、もっとコリコリと固い感触を想像していたオレ、綾子の乳首は“つきたてのお餅でつくった豆”のような感触だった。

最初は興奮で訳がわからなかったが、何度か指を動かすと指の間で潰れる乳首の感触がリアルに感じられるようになってきた。

「ヤバイ、オレ本当に女の乳首触ってるよ!」と妙に感動したのを覚えている。

こうなるとおっぱいを正面から見てみたい、オレが体を入れ替えようと動くと寄りかかっていた綾子は後ろ側に倒れてしまった。

「痛った~い」後頭部を床にモロぶつけた綾子は頭をおさえながら言った。

「大丈夫かぁ」オレが聞くと、「コブができたかも」と恥ずかしそうに言いながら笑う綾子。

なぜか、急に気分が楽になった。

それまでの妙に張りつめた緊張感のようなものから開放されたような気がした。

オレは倒れた綾子の横に一緒に寝転んだ、目が合うとなんだか照れくさい。

「感度チェックを続けるぞ」、オレがからかうように言うと「ぅん」と小さく答えて綾子は手で顔を隠した。

剥き出しになったままの右乳に顔を近づける、小さなおっぱいが綾子の呼吸に合わせて上下しているのが見えた。

ほんのりと膨らんだ小さな乳房、近くで見た綾子の肌は驚くほど白くてキレイだった。

先っぽの乳首はまるでお菓子でできたような鮮やかなピンク色、乳輪はほとんど肌の色と見分けがつかないくらいの薄い桃色だった。

観察するように顔を近づけてから目の前で乳首を摘まんだ。

オモチャみたいな小さなピンクの塊を指で何度も繰り返し摘まむ、指先でペチペチと弾いたりもした。

乳首の固さは変わらなかったが乳輪を含めた先っぽ全体がプックリと膨らんできているようだった。

「どぉ、感じてきた?」オレが聞くと、「…わかんない」と小さく答える綾子。

オレは反対側のおっぱいも弄ることにした、まだ捲られていないブラジャーをゆっくりと押し上げてゆく。

ブラジャーからジワジワと顔を出す左乳、水色のレースから覗いたそれはまだ乳首が勃っていない陥没気味のモノだった。

それを見たオレは「こっち側、先っぽがないよ」と綾子に言うと、「そんなの見たことないからわかんないよぉ」と少し怒ったような声で答えた。

右側と同じように色の薄い乳輪、乳首はホントに小さくて真ん中にスジのようなくぼみがあった。

指で乳輪ごと摘まむと一瞬だけくぼみからプクッと乳頭部分が顔を出すが、指を離したとたんにまたへこんでしまう。

そんな様子を見ていると自然と口の中にツバが溢れてきた、オレは無意識のうちに綾子の乳首に吸い付いていた。

「あぅ、ダメ!ちょっと待ってよ」驚いた綾子は体をよじって逃げようとしたが、オレは力任せに押さえつけておっぱいを吸い続けた。

小さな綾子のおっぱいはオレの口一杯に頬張られた、ベロを動かすと汗だか何だかわからない不思議な味がした。

しゃぶりつきながらおっぱいを揉むと強く握ったときだけピョコンと胸の先の乳首が飛び出しているのがわかった。

オレは乳搾りようにおっぱいを手で圧迫しながら繰り返し飛び出した乳首を舐めた。

いつのまにか綾子は抵抗するのを止め、溜息だか鼻息だかわからない荒い呼吸音だけが聞こえていた。

口を離して見ると、くぼんでいた乳輪の真ん中にはしっかりと大きくなった乳首が顔を出している。

オレは体を起こして見下ろすような格好で綾子を眺めた。

首の辺りまでTシャツと一緒にずらされたブラジャーからハミ出た剥き出しのおっぱいは乳輪や乳首ばかり目立って大きいように見えた。

「もう少し刺激してみようか?」と言ったオレ、両手を使って綾子のおっぱいを揉みまくった。

腫れたような乳輪の丸い膨らみを親指と人差し指で挟むようにして揉む、力を入れるたびに乳首が乳輪からピョコピョコと浮かび上がった。

少しすると綾子は何度もおなかの辺りをさするようなった。

「綾ちゃん、おなか痛いの?」と聞くと、「うん…、トイレに行ってくるね」と言って部屋を出て行ってしまった。

オレは綾子のいなくなった部屋の中でさっきまでの出来事を思い出し興奮していた。

気がつくと股間が冷たい…、いつのまかオレは自分でも気がつかにうちにパンツの中に射精していた。

ティッシュで拭き取ろうかどうか迷っているうちに綾子が戻ってきた。

戻ってきた綾子はしっかりと服を着なおしていた。

なんとなく「続きをしたい」とも言い出せず、オレたちは無言になってしまった。

その後、綾子は少しのあいだゲームをしたりマンガを読んだりしてから自分の家へ帰っていった。

気まずくなった綾子とのことを心配になったが、それ以上にエロくて刺激的なその日の出来事のことで頭が一杯だったオレ。

その日から“ちんこが痛くてヒリヒリする”くらい毎日のように綾子とのことを思い出してはオナった。

自分の中での“綾子を見る目”も変わっていった、学校で見かけるたびにドキドキして目で追ってしまう。

今まで“ただの近所に住んでいる同級生”くらいにしか思っていなかったが、やたらと可愛く見える。

もちろん、制服の下に隠された綾子のおっぱいを猛烈に意識していたのだが…。

そして一ヶ月くらいが過ぎた頃、オレは綾子の家に遊びに行く約束をすることに成功した。

あんなことがあったから“二度と綾子と二人で遊ぶことはないかもしれない”と思っていたオレには大チャンス!

今度も“エロいパプニング”が起こることを期待しながら綾子の部屋に遊びに行った。

その日はなんとなく最初からギクシャクした雰囲気だった。

二人で遊びながら“少しでもエロいムード”になるように努力したのだが、綾子の様子は全然変わらない。

オレは思いきって「この前の感度チェックはどうだった?」と聞いてみた。

すると綾子は照れたように「あんなことするなんて思わなかったよ、あの後ヒリヒリして痛かったんだから」と言った。

“なんとなくイイ雰囲気かも…”オレはさらにエロトークを続けた。

「普通のA地点なら気持ちよくなるハズなんだけどなぁ、綾ちゃんやっぱり不感症なんじゃない?」オレが言うと、少しドキッとした様子の綾子。

「将来赤ちゃんができても先っぽがへこんでたら吸うところがなくて困るんじゃない?」いかにも綾子のことを心配しているような言い方をしてみる。

不安そうな表情になる綾子、オレは“エロ目的ではなく、あくまで綾子のことが心配なんだ”ってことを強調しながら話し続けた。

作戦は大成功!綾子はふたたびオレの“感度チェック”を受けることになった。

まずは“乳首がへこんでいる原因”を探すということになった。

オレの目の前で綾子の部屋のタンスが開けられ何枚ものブラジャーが目の前に並べられた。

ほとんどが白だったがピンクや水色などの色付きのものも何枚かあり、このあいだお目にかかったヨット柄ブラも混ざっていた。

「この中に先っぽを押し込んでしまうようなつくりの悪いブラジャーがあるかもしれない」そう話しながらオレは綾子のブラを一枚づつイジリまわした。

“これが女の子のおっぱいを包んでいる”と思うとブラジャー自体がすごいエロいものに思えてくる。

一枚一枚念入りに縫い目やレースの縁取りまで細かく観察、どれも柔らかい生地で出来ていて洗剤のイイ匂いがした。

その中に一枚、フリルがいっぱい付いたスゴイ可愛いデザインの白いブラジャーが混じってた。

もちろん、サイズは子供用の小さなものだったがリボンやレースも白一色で統一された大人っぽいデザインに興奮した。

「これを綾子が着けている姿が見たい!」と思ったオレ、何とかコレを着させるために綾子を説得し始めた。

結局、「全部のブラを実際に着けてみてチェックする」ということでOKが出た。

オレが興奮を隠しつつ見ている前で綾子が着ていたシャツを脱いだ、その日の綾子はリスみたいな動物のイラストが描いてあるブラを着けていた。

恥ずかしそうに目を閉じている綾子に「チェックを始めるから動かないでね」と言うと小さく頷いて目を閉じた。

背中のホック部分から順にじっくりと観察、白いブラの生地からほんのりと透けて見える綾子の肌の色がエロい。

正面までくると「少し中を見るよ」と言って上からブラを少し捲った、覗き込むとおっぱいの先の部分がブラの生地に埋もれるように隠れていた。

「少し締め付けがキツイみたいだから調節してみよう」とオレは言って肩紐やホックを動かして緩めた。

少しブカブカになったように見える綾子のブラジャー、もう一度覗き込むと薄ピンクの乳輪や先端の小さなポッチまで丸見えだった。

「これくらい余裕があれば大丈夫じゃない」とオレが言うと「うーん、ちょっと緩い気がするけど楽になったかも」とまんざらでもない様子の綾子。

そんな風にしてオレたちは次々とブラのチェックを続けた。

まずオレが隅々までブラジャーを検査、それが終るとチェック済みのブラを綾子が着けてみて実際に一つ一つ調整をする。

オレがブラを手渡すたびに綾子は後ろを向いてモゾモゾとブラを着け替えた、目の前で女の子が下着を着ける仕草に興奮した。

どのブラも少しづつ違った形をしていて、その中のおっぱいを覗き込むたびに違ったドキドキ感があった。

ラストはもちろん最初から目をつけていた白のフリルブラ、それを着けた綾子はまるで“大人の女”ってカンジの色気があった。

今までと同じように細かくチェックしながら調整をしてやる、何度か捲って中を覗き込むんでいるうちにオレは我慢が出来なくなった。

中を覗き込むようにブラを捲りながら「ちゃんと大きくなっている状態で先っぽが潰れていないかも確認しよっか」と言いながら下までズリ下ろした。

丸出しになった綾子のおっぱいの先は両方ともくぼんでいた、フリフリの白いフリルから覗いたピンクの乳首は予想したよりもすっとエロかった。

「…たっちゃん」最初から予想していたのか?綾子は小さくオレの名前を呟いただけでおっぱいを隠そうともしなかった。

乳首を指で摘まむ、忘れもしない小さな肉豆の温かくて柔らかい感触がオレの指に伝わってきた。

何度か繰り返し摘まんでいると乳輪の真ん中のくぼみからピョコンと小さな乳頭部が顔を出した。

オレは膨らんだそれに吸い付いた、唇をすぼめてチュウチュウと吸ったり舌でペロペロと舐めてやる。

その間中、綾子は「…たっちゃん…たっちゃん」と何度もオレの名前を呟いていた。

一時間以上は綾子のおっぱいを弄っていた、最後の方は吸ったり舐めたりするのにも飽きて勃起した乳首を押し込んだり乳輪を指で広げたりして遊んだ。

オレのおっぱい弄りが一段落すると、綾子は胸を隠すように腕を組んで丸まってしまった。

そのまま何も言えずにオレは綾子の部屋を出て行った。

その後、オレと綾子が二人で会うことはなかった。

あんなことをさせてくれた綾子、もしかしたらオレのことが好きだったのかもしれない…。

あの頃はそんなことを想像もしないで、毎日のように綾子の下着姿や勃起した乳首のことを思い出してオナってばかりいた。

その後、住んでいた社宅は取り壊されて住宅街になりオレや綾子もそれぞれに引っ越して行った。


告白体験談関連タグ

|||||||||

【友達】同じ社宅に住んでいた綾子【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月18日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ