相互リンク先の更新情報!

【彼女・彼氏】二か月で結婚した話 【告白体験談】

カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
tag:


1:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)21:47:42.75ID:nIznyxZF0

初めて書き込むし駄文だけど暇でした見てってください。







2:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)21:48:19.06ID:nIznyxZF0

スペック

1

22歳 フツメン 非童貞

旅館勤務 大学中退

中肉中背 COOLGAY



千明

24歳 黒髪ロングストレートの三拍子を持つ美人

栗山千明に似ている












3:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)21:49:52.65ID:Fp5PjIJh0

ほう





4:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)21:51:14.57ID:nIznyxZF0

見てくれてるwww

書き溜めたから。



千明と出会ったのは俺が18歳の時でした。

俺は東京で生まれて育って、東京の大学に進学した。

大学進学直後は友達が多く出来たしコンパもしていたし

お前らが嫌うリア充だった。



だけど大学1年の夏休みを前にはもうそんな生活にも飽きていた。



そんな俺に人生を大きく変えてしまうバイトの紹介が大学の友人

Yから来た。



Y「夏休み暇だろ?」



俺「暇でしゅ。」



Y「じゃあ俺の地元の旅館街でリゾートバイト募集してるから行っ

て来い。」



俺「把握」



こんな流れで俺は人生を変えるバイトをしにK県に向かった。









6:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)21:53:53.61ID:nIznyxZF0



K県には高校生の頃に家族旅行で行ったことがあり、良い印象があっ

た。



旅館街の最寄駅に着いたら旅館街の会長さんに電話しろとYに言わ

れていたので電話をした。



俺「もしもし。Y君に紹介してもらった俺ですが。」



会長「おう!!駅に着いたんだな!!今から迎えに行く!!」



俺「ありがとうございます。」



うるさいおっさんだと思いながら5分ほど待っていると軽トラが来

た。









8:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)21:56:01.40ID:nIznyxZF0



会長

「おう!!俺君だな!!これから二か月頑張ってもらうぞ!!」





「あ。はい。よろしくお願いします。」



こんなあいさつを交わして会長さんが経営している旅館に行って

契約書にサインをした。



俺がやるバイトは会長さんの旅館と会長さんの友人が経営してい

る旅館の二つで仲居をやるというバイトだった。



住むところは会長さんの旅館の寮になり翌日から実際に働くこと

になった









9:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)21:58:14.50ID:nIznyxZF0



翌日午前5時に起床し会長さんの旅館に出勤し従業員の方々にあい

さつをし、研修が始まった。



研修は二つの旅館で二日間。合計四日間行い礼儀や作法。ゴミ捨

て場とかを確認したりした。



従業員の方々は親切で優しい方々ばかりで仕事はきつかったけど

楽しかった。



四日間の研修期間が終わると、その日の夜に二つの旅館合同の俺

に対する歓迎会があった。



そこで俺の人生は変わった。









10:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)22:00:55.90ID:nIznyxZF0



歓迎会は両旅館の従業員と近隣の旅館の人合わせて25人くらい

いた。歓迎会は盛り上がり会長が「ぬ#12316;ぎぬぎしちゃうぞ#9825;」とか

言っているのを横目に飲みすぎた俺は会場の中庭にあるベンチで

携帯をいじりながら休息をしていると「主役がなにやってるの?」

という女性の声が聞こえた。



俺は「見つかったか。」と思いながら声の方を向くと黒髪ロング

ストレートの超絶美人の和服女性が立っていた。



それが千明だった。



俺「いや、ちょっと飲みすぎて休憩してました。」



千明「そうなんだぁ。君東京から来たんでしょ。」



俺「はい。東京から来ました。」



千明「東京の話聞かせて。」



こんな感じで東京の話をしてあげたり、逆に俺がこの町について

聞いたりした。そして酒の勢いがあった俺は千明と連絡先を交換

した。この時点で俺は千明に心の底から惚れていた。









11:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)22:01:46.47ID:eJj3Cnsq0

つ支援





12:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)22:04:38.89ID:nIznyxZF0

支援うれしいです。



千明はこの旅館街で生まれ、短大を出た後にこの旅館街に戻りと

ある旅館で働いていた。



千明とは仕事の合間や終業後にメールや電話を毎日していた。



初めて千明から電話が来たときは嬉しすぎて寝れないくらいだった。









13:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)22:06:51.70ID:nIznyxZF0





しかし、俺はこの人を好きになってはいけないのではないかと思っ

ていた。



なぜなら俺は二か月しかここにいない。

だけど千明はこの旅館街に暮らしている。



もし付き合ったとしてもすぐに離れ離れになってしまう。

千明を振り回してしまうのは惚れているからこそ嫌だった。









14:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)22:08:29.84ID:nIznyxZF0



だけど男ってのは正直でそう考えていても千明と付き合いたいと

思わずにはいられず毎日のメールや電話はやめられなかった。



そして旅館街に来て一か月が経ったときに千明と休みが被った日

が出来た。









16:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)22:12:08.97ID:nIznyxZF0

もちろん俺は千明を誘って遊びに行きたいと思った。

だけど上記の通りの気持ちがあり、

誘おうか渋っていた。だけどその時電話が鳴った。

千明からだった。



千明「デート行こ!!」



俺は遊びではなくデートに行った。









18:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)22:13:43.01ID:WOIbaPVF0

いいなー・・・





19:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)22:14:39.65ID:nIznyxZF0

17ありがとう。



デートは楽しかった。千明の笑顔を見れて、一緒の空間にいるだ

けで幸せだった。

市街地に行ったあと夜景スポットに行った。



夜景を見ていると千明が寄りかかって、手を繋いできた。

そして・・・









20:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)22:19:43.21ID:nIznyxZF0

キスされた。続けて



千明「好きです。」



俺「俺も好き。だけど付き合えない。」



千明「なんで・・・」



俺「俺はあと一か月で東京に帰っちゃうから付き合っても千明を

すぐに傷つける。」



千明「私は・・・」



俺「帰ろ。」



千明「・・・」



その日を境にメールも電話もしなくなった。









22:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)22:22:36.70ID:nIznyxZF0



千明と連絡を取らなくなってから楽しかった仕事も楽しくなくなった。



早く東京に帰って遊びたいと思った。







24:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)22:26:48.69ID:nIznyxZF0

会長から呼び出された。

会長のそして東京に帰る予定の前日。

いる事務所に行くと知らないおじ様と会長が居た。

おじ様は千明の父親だった。









25:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)22:29:58.49ID:nIznyxZF0

あんまし見てないのかな。

だが続行します。



「話がる。」

会長は事務所を出て行った。

事務所には俺と千明の父親だけになった。



千明父「今でも千明のことは好きか。」



俺「はい。」



千明父「では今日仕事が終わったら家に来てくれ。」



そう言うと千明の父親は旅館の名前をメモした紙を置いて帰って

いった。









26:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)22:30:34.87ID:m3iv1lET0

私はしっかり見ているよ





27:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)22:32:17.80ID:nIznyxZF0

26ありがとう。



薄々は感づいていたが、千明は旅館街のとある旅館の娘だった。



着ている和服や洋服も高そうなのばかりだったし、田舎の娘とし

ても品があり過ぎた。









29:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)22:36:20.65ID:nIznyxZF0

26ありがとう。



千明の父親が帰った後は憂鬱だった。

千明の旅館に行けば怒られる。

それしか頭になかった。



そして仕事後に従業員の方々にあいさつを終えた後に千明の旅館

に向かった。旅館に着くと従業員の方が出迎えて下さり、千明の

父親の下に案内してくれた。









31:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)22:39:23.05ID:nIznyxZF0

千明の父親は俺と目を合わすと



千明父

「千明の事を考えてくれてありがとう。君は正しい判断をした。」



そんな感じのことを言われた。

そして









33:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)22:40:45.24ID:nIznyxZF0

「千明と結婚してくれないか。」

千明父はとんでもないことを言った。









35:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)22:41:12.66ID:98NRBtP00

はいっ?!





36:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)22:41:35.83ID:ZaHfCPnE0

結婚…だ…と?





37:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)22:42:41.31ID:m3iv1lET0

展開はええよwww





38:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)22:43:53.03ID:nIznyxZF0



千明の父いわく千明は今まで旅館の一人娘ということで多くの男

に小さいころから

言い寄られてきたことによって男性不信になったらしい。







41:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)22:47:05.52ID:nIznyxZF0

しかしここ二か月千明がイキイキしていると思った千明の父親は

千明に「何か良いことでもあったのか。」と聞くと、

千明は「好きな人ができた。」といったらしい。

千明の父親は喜んだ。



しかし、一か月もすると千明は暗くなった。。



千明の父親が「どうした。」と聞くと、



千明は「振られた。」と言った。けど千明自身は「まだ俺のこと

が好き」と言った。それで千明の父親は俺と千明に寄りを戻して

ほしいと思い今日俺のことを尋ねたらしい。









42:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)22:49:19.94ID:nIznyxZF0



俺は展開が早すぎて頭が真っ白になったまま千明父の話を聞いて

いた。

そして、取りあえず千明さんと話をさせてくださいといった。









43:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)22:50:28.40ID:7EcR2cTp0



+   +

 ∧_∧ +

 (0゚・∀・)   ワクワクテカテカ

 (0゚∪∪+

 と__)__) +







45:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)22:51:56.84ID:98NRBtP00

真っ白になるわな、トンデモ展開すぎるわw





46:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)22:54:33.04ID:nIznyxZF0

溜め終わってしまったのでカメさんになります。

すみません。



千明父は千明を呼んだら俺と千明を二人にして部屋から出て行った。



俺「千明はおれと結婚したい?」



千明「したいです。」



はっきり言って俺は結婚したかった。

なぜかというと俺には家族がいなかったからだ。









48:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)22:59:55.28ID:nIznyxZF0

俺の両親は俺が15歳の時に離婚した。

母に引き取られた俺は母が嫌いだったため

近所の祖母の家に入り浸って

学校も祖母の家から通っていた。







47:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)22:59:17.60ID:uO0f/qQt0

なんで千明は男性不信やのに、そんなに1に惚れたん?





51:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)23:04:44.92ID:nIznyxZF0

47

地元の人じゃ無かったから安心できたみたい。



しかし、16の時に親権を持つ母死亡。

17の時に父事故死。

そして祖母も俺が高校卒業してすぐ死んでしまった。

大学の授業料は奨学金と高校時代のバイト貯金と

遺産で払っていたが苦しかった。









52:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)23:05:41.21ID:WzMe7PmT0

>K県には高校生の頃に家族旅行で行ったことがあり



あれ?





57:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)23:13:56.83ID:z7A8oWdr0

52

確かに…

1にとっては祖母が家族なのかな?





58:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)23:15:12.17ID:TZmUHDi70

52

52





53:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)23:09:03.49ID:nIznyxZF0



だからはっきり言って大学に通うのも金がかかって嫌だったし早

く働いて社会人になって



家族が欲しいと思っていた。







59:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)23:16:19.00ID:nIznyxZF0



52

高1の春だね。3月生まれだから。離婚前に思い出作って欲しかっ

たんだと思う。



今思えば安易な考えだったけど結婚したら社会人になるっていう

ことと家族ができるっていう嬉しさがあった。



そういうわけで俺は大学を中退し、18歳で結婚して今若旦那とし

て働いている。



なにか質問ありますか?







63:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)23:17:57.88ID:oSG7b9gJ0

59

ちあき家に婿入りするってこと?





62:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)23:17:55.19ID:fU4/5IXu0

え?終わり?





66:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)23:21:11.73ID:nIznyxZF0

62

この話し合いの次の日に東京に帰って大学辞めてすぐに千明のも

とに帰ったぐらいだからwww



63

YES婿入り!!







67:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)23:22:41.01ID:z7A8oWdr0

出会いはどうあれ結婚したなら嫁絶対泣かすなよー!がんがれ若旦那っ





68:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)23:23:06.59ID:fU4/5IXu0

SEXする前に結婚を決意って

迷わなかったの?





65:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)23:19:28.15ID:98NRBtP00

1と千秋との寄りを戻した経過を少しkwsk





69:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)23:25:18.51ID:nIznyxZF0

65

千明と俺はお互い嫌いになったわけではなかったし、

むしろ相思相愛だったから

千明が結婚したいって言った瞬間に寄りが戻った感じなのかな?



結婚後のことも書いたほうがいい?











70:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)23:27:12.39ID:nIznyxZF0

67

嫁に泣かされてる若旦那ですが頑張ります。

68

全然迷わなかったよ。







72:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)23:29:09.35ID:zTjcH7210

結婚までの詳しい話と結婚後の両方所望





77:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)23:34:32.96ID:nIznyxZF0

72

結婚まではほんとになにも無くて

取りあえず旅館街のみなさんや千明の親戚に

挨拶して回って9月末に婚姻届だしたぐらい

スピードに乗ってた。



結婚後の話

1息子出産

2アメ公大暴れ

3初の夫婦げんか

どれにしますか



73:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)23:29:45.26ID:z7A8oWdr0



男性不信なのにデートで積極的だったり、すぐ結婚決めちゃう事

とかがどうも引っかかるわ…



教えてエロい人!







74:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)23:30:31.72ID:oSG7b9gJ0

すげーな。

そんな度胸ねーやww

旅行とかも二人でしたことないんでしょ?どっか行けば??







76:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)23:33:03.07ID:98NRBtP00



千明さんが興味の無い周囲の男を寄ってこさせないために、わざ

と男性不信とでも言ってたんかねえ



で、千明さんのストライクな1が現れたと





85:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)23:39:47.79ID:nIznyxZF0

74一応新婚旅行で長崎いった。

78確かにそういう見方もあるけど聞く勇気がない。







87:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)23:44:09.03ID:zTjcH7210

確かにそういう見方も

ん?千明は非処女だったってこと?





88:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)23:47:02.49ID:ZvDbrzC00

短大行っていたみたいだから

そのときに・・





94:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)23:58:03.99ID:nIznyxZF0

88

処女だったよ。

多分傷物って意味は男性不信のことだと。





アメ公大暴れ



これは3.11の時の話なんだけど講演会に来てたアメリカ人夫婦

が三泊でいらっしゃいました。

それで地震発生。

幸い家の方は何ともなかったんだ。

この時はアメ公も冷静だったんだよ。



しかし原発のことが放映されだすとアメ公発狂。

英語でまくしたてられて俺茫然。

すると千明登場。

千明英語ペラペラwww

初めて知ったよ英語話せるの。

それでもアメ公暴れて千明を突き飛ばす。



俺怒る。

警察呼ぶ。

アメ公連行。

俺勝利。







90:名も無き被検体774号:2012/02/16(木)23:48:26.53ID:nIznyxZF0

息子出産



妊娠が分かったのは結婚二年目でした。

凄くうれしくて千明に土下座しながら

ありがとう言ってたwww

千明はつわりもひどくなくて順調にいっていた。

しかし臨月になったとき俺に異常事態が。



子供ができるというプレッシャーから胃に穴が開いた。

そして手術をし入院をすることに。



そしたら入院翌日見舞いに来ていた千明が破水し二時間後に息子

誕生。



三人仲良く同じ病院で入院しましたとさ。







91:名も無き被検体774号+:2012/02/16(木)23:50:18.88ID:z7A8oWdr0

90

なんかわろたw





97:名も無き被検体774号+:2012/02/17(金)00:11:57.69ID:lOB2A7mB0

千明訳あり疑惑に加担した分考えてみた



娘を誑かさない誠実さ

仕事ぶりで人柄は知ってる

天涯孤独で婿入り障害なし

なにより娘が愛してる



これ、親からすれば超優良物件だね

天涯孤独は千明に話してたとしても興信所使ってる可能性あり

結婚急いだのも逃がさないためだと思う







99:名も無き被検体774号:2012/02/17(金)00:17:11.85ID:JceL+h7h0

97

確かに超優良物件だったと自分でも思う。性格的な意味でねwww







103:名も無き被検体774号+:2012/02/17(金)00:22:13.58ID:lOB2A7mB0

99

まあ旅館は女将が一番だからねぇ

草食系で前に出ない1なら亭主にもってこいだわなww





105:名も無き被検体774号:2012/02/17(金)00:28:35.35ID:JceL+h7h0

103

最高の女将よ!!







98:名も無き被検体774号:2012/02/17(金)00:14:11.27ID:JceL+h7h0

初の夫婦喧嘩



初の夫婦喧嘩は子供を寝かしつけるときでした。

息子をベビーベットに寝かしつけるときハンマーみたいなカラカ

ラなるやつを使うのですが

誤って俺が息子に落としてしまい息子大号泣。

千明たんは僕を攻めました。



僕はすみませんでしたを繰り返したんですが千明たんは許してく

れずカラカラハンマーで僕の頭を殴りました。



僕は泣き初の夫婦喧嘩はそこで終わりました。







100:名も無き被検体774号:2012/02/17(金)00:19:57.76ID:EleKFSOrO



箱根をイメージしてるんだが、おまいらはどうよ







105:名も無き被検体774号:2012/02/17(金)00:28:35.35ID:JceL+h7h0



100



お好きな旅館街で想像してください。







101:名も無き被検体774号:2012/02/17(金)00:20:44.01ID:FpZgeQ4J0



えっ、金沢じゃないの?







102:名も無き被検体774号:2012/02/17(金)00:21:27.85ID:rcQ43pzu0



1と千明たんとがきんちょに末永く幸あれ







105:名も無き被検体774号:2012/02/17(金)00:28:35.35ID:JceL+h7h0



102



ありがと。







108:名も無き被検体774号:2012/02/17(金)00:35:18.15ID:JceL+h7h0



それじゃあ落ちますね。







110:名も無き被検体774号+:2012/02/17(金)00:41:18.67ID:S12rfv3w0

おつかれさま。

末永く幸せに。ちなみに第二子は??w















出典: 

リンク: 


告白体験談関連タグ

||||||||

【彼女・彼氏】二か月で結婚した話 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月19日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

このページの先頭へ