相互リンク先の更新情報!

【友達】バカ女にネバネバ粘液を【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


この前、名古屋の金山に在る「A熱帯」ってマンキで働いている女とオマンコしてやった。

顔はまあまあだが、仕事中に他の店員と下らない話をくっちゃべっているバカ女だ。

俺はこいつを都合のいい便所女にしてやっているのだ。

一発目は正常位でチンボをハメて、頭をわしづかみにしてベロベロと舌を絡ませてドスケベなディープキスをしながらマッハピストンしてやった。

「どうだ俺のチンボは?気持ちいいか?」と聞くと、「チンボいい!チンボいい!」とか言って、簡単に一回いってしまった。

それから女を四つんばいにしてバックからチンボをぶち込んで、腐れマンコをドスバスに犯しまくってやった。

女は俺のマッハピストンのリズムに合わせて、狂ったように「チンボチンボチンボチンボ!」と何べんも叫びまくっていた。

一発目の顔射は、ものすごい勢いでものすごい量の精子をドピュッてやった。

バカ女の顔はあっという間に、俺のヌルヌルの粘液でドロドロになっていった。

バカ女は両方の鼻の穴からネバネバの汁をヌッチャァァァ〜ッと垂れ流して、顔の上には幅1センチくらいの太さの白い粘液の筋が七本もできていた。

満足のいくナイスな顔射だった。

俺はニヤニヤ笑いながら、バカ女のクソマヌケなハナタレヅラをデジカメで撮りまくってやった。

そんでバカ女に「どうよ今日の顔射は?どんな気持ちだい?どんな気分だい?」と聞くと、女は精子で鼻を詰まらせて鼻声で「気が狂いそう・・・」と言った。

それから俺はバカ女の顔にケツをブチャッ!と押し付けてウンコ座りして、ケツの穴をたっぷりねぶらせてやった。

バカ女は「アハア〜アハア〜」と切なげな溜め息を漏らしながら、俺のケツの穴に舌をズブズブ挿し込んできた。




俺も興奮して、バカ女の顔の上でケツをプリプリ振って屁をこいてやった。

それからバカ女は一発射精するたびに、チンボがボッキするまで俺のケツの穴を舐め回してきた。

二発目と三発目はバカ女の顔面にネバネバ精子をぶっ放して、四発目はゴムを付けてマンコに中出し。

俺はバカ女のスケベマンコをデカマラチンボでズボズボほじくってやって、女は合計20回くらいイキまくっていた。

俺は仁王立ちになって女のアヘ顔を見下ろしながら、「カスが」と吐き捨ててやった。

五発目もゴム付けてバカ女のケツマンコをチンボで思う存分ほじくり回して中出ししてやった。

バカ女は満足した様子だったが、「まだお尻に違和感が有る」とか言ってマンキへ出かけて行った。

ま、俺様完全勝利ってことで!


告白体験談関連タグ

||||||||

【友達】バカ女にネバネバ粘液を【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月20日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ