相互リンク先の更新情報!

【職場】乱れた職場  (一)【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


私の勤めている会社は従業員200人くらいの中部地方の中小企業である。

ご多分に漏れず、昨今の不景気で四苦八苦している。そこで私は総務課長をしていた。

ある日、私は、会社の地下の二十坪ほどの広さの書庫の奥の方で業務の精算書を捜していたら、人が入って来た。

最初は一人かなと思っていたら、二人だった。

ひそひそと話をしていたが、こちらには全然気付いていない。

「ここなら、大丈夫だよ。入り口からは見えないし、もし入ってきてもすぐには見つからないから。」

「えー、でもう、万一ってこともあるしー。」

「大丈夫、大丈夫。もし見つかったら、書類を捜していたことにすればいいじゃん。」

私のいる所とは書架を一つ隔てただけの距離だ。書類の隙間から二人が見えた。

丁度向こうは照明の真下で、こちらは多少薄暗くて、向こうからは気付き辛い位置になる。

営業のBと、社長のMが中途採用した営業事務のAだった。

Bは背が高い甘い顔立ち。

Aは二十代半ばでクールな感じの、社内でも有名な美人である。

 

因みに、社長のMは会長の娘でバツイチ34才。




ちょっと見は清楚な若奥様風。

みんなこれでだまされる。

だが見た目と実物は大違いで、勝気でわがままな性格。

で、私と同じ大学の六年後輩で、ここ半年ほど私と関係を持っている。

そして、偶然にも私の妻の小学校時代の同級生でもある。

二人がキスを始めた。

なかなかディープで濃厚なキス。

真昼間に社内でとは大胆なやつらだ、こちらは固まってしまった。

こちらは足場が悪く、少しでも身動きをすれば気付かれそう。

キスを始める前だったら、出ていけたかもしれないが、間が悪すぎて今更出ては行けない。キスだけで終わるかと思っていたら、Bがそばにあった折りたたみイスを広げて座り、Aを後ろ向きに膝の上に座らせた。

そして後ろからAに覆いかぶさるようにしてキスを再開した。

そして、空いている手で、Aのジャケットを脱がし、ブラウスのネクタイを外し、ブラウスのボタンを外して広げると、黒のブラジャーが曝け出された。

Aは色白なので、黒のブラはセクシーに見えた。

更にBがブラを押し上げ、Aの乳房を出し、左の胸を弄り始めた。

Aの乳房は小ぶりで、乳輪と乳首も小さかったが、意外と色は濃く見えた。

Bが右の乳首を含み、左の乳首を指先で摘む。

Aは目を瞑り、首を後ろに軽く仰け反らせるようにして喘ぎ声を出した。

書庫でセックスすることをAも承知でいたのかもしれない。

暫くするとAが「ねえ、触って。」と言う。

するとBがAの黒のタイトスカートを腰まで捲り上げた。

パンスト越しに極小の黒いショーツが見えた。

BがAの股間に手を当てて、軽く擦り上げる。

その瞬間、Aが軽く喘ぐ。

「ねえ、もっと強くして。」

それを聞いてBが少し強めに擦り始めた。

Aの体がビクビクとする。

Aは少し腰を浮かせ、股間をBの手に擦り付けるような動作を繰り返している。

「ねえ、もう私我慢できないよう。」

とAが言うと、

AはBの膝の上から降りると、こちらを向いたまま、黒のタイトスカートのジッパーを降ろし、足元にスカートを落とすと、ストッキングとショーツを一緒に脱ぎ、ハイールと一緒に脱いだ。

こちらの真正面で脱いだので、丸見えだった。

一方、Bもズボンのベルトを外し、ブリーフになっていた。

AはBの方に向くと、Bの足の間に跪くと顔を寄せていった。

どうやらBのをブリーフから引っ張り出した。

そこはAの体の陰になっているのでよく分らなかった。

「あら、Bさんのって意外とかわいらしいのね。」

と、Aはとんでもないことを言っている。

「そうかなあ、普通のサイズだと思うけどなあ。Aは誰と比べて言ってるんだ?」

とB。

「誰と比べてと言うんじゃなくて、ただ何となく、勢いが思っていたのと違うの。



「それって、やっぱ比べてんじゃん。A、お前何本ぐらい知ってんだよ。」

「ええ、何本って嫌な聞き方ねえ。

私、そんなに知らないよ。大した経験があるわけじゃないし。」

「正直に言えよ。誰にも言わないからサー。でないと入れてやんないぞ。」

「えーと、4人くらいだよ。」

「その言い方は嘘っぽいなあ。ほんとはもっと多いんだろ。」

「失礼ね。」

「じゃあ、俺を入れて何本目?正直に言えよ。」

「んーと、2…3…4…5…6人目。」

「もっと、多いだろう。」

「そんなことなーい。それにこれぐらいの人数は普通だよ。そんなことより早くしよっ。でないと誰か来ちゃうよ。」

「分ったよ。じゃあ、まず口で勢いをつけてくれよ。」

AがBのを含んだようだ。

その内にAの頭が上下し出した。

Bは顔を上に向けて、気持よさそうにしていたが、すぐに我慢し切れなくなったようで、Aの頭を手で離すようにした。

「A、お前上手いなあ。危うくいっちゃいそうになったよ。」

Bは手でAを立たせると、また後ろ向きにさせて自分の膝の上に乗せた。

Aは手でBのものを掴むと自分の性器にあてがい、(確かにBのはAの言ったように小ぶりだった。)腰を降ろした。

BのがAに入っていくのが見える。

Aは両脚を大きく開いてBの膝の上に乗っているので、結合部が丸見えになっている。

Aの大陰唇はぼってりとしていて、小陰唇も結構飛び出した感じに見える。

一番驚いたのはクリトリスの大きさだった。

小指の先ほどもあったのだ。

Mのクリトリスの4倍はある。

それとAのお腹には、はっきりとした妊娠線があった。

確か、Aは未婚で子供もいなかったはずだが?

Aの中にBの男根が出入りするのが見える。

Bのには重量感のある白い液がネットリと絡み付いている。

挿入してから3分もしないうちにBが

「Aもう、持たない」

「えー?もう少し持ちこたえて。私まだだよー。」

「でも、あかんよ。」

「えーっ!だめえ。中に出したらだめだよー」

「うん、もう少し頑張ってみるからお前も早くいけよ」

するとAが左手で自分の乳首を指で挟み、右手の人差指と中指を口でしゃぶるようにしてから、クリトリスを回すような感じで擦り始めた。

すぐにAの喘ぎ声が大きくなり、体も大きくくねり出した。

漸くAが徐々に上り詰めていくかと思った矢先「うっ!」とBが声を漏らす。

途端にAが

「やだあ。ひどーい、中に出しちゃうなんてー。」

と抗議の声を上げながら、跳ねるようにしてBの膝の上から降り、慌てた様子でジャケットのポケットを探り、ティシューを取り出すと股間にあてがった。

Aはティシューで拭きながら、少し怒ったような顔をして

「もし、できちゃったらBさんに責任を取って貰いますからね。」

と冗談とも本気ともつかない調子で言った。

「ごめん、でも、そんなに脅かすなよ。」

といいながらさっさと身繕いをし、

「二人で出ると怪しまれちゃうから、俺、一足先に出るよ。Aは、後からゆっくり出てきてよ。」

といいながら逃げるようにして書庫を出て行った。

「もう、勝手なんだから。まいっちゃったなー。」

とぶつぶつ言いながらAも身繕いを始めた。

Aが黒いショーツを拾って、左足を入れ、右足を上げたところでバランスを崩し、咄嗟に左手で書庫の書類に手を突いたが、書類2束がAに押されてこちらの方に落ちてきた。

そして空っぽになった空間のせいでAがこちらの存在に気付いた。

大きく目を見開いたまま、Aが固まった。

Aは呆然として自分の体を隠すことも忘れていた。

私は

「後ろを向いているから、早く服を着なさい。」

と言って背を向けた。

漸くAが身繕いを再開した。

衣擦れの音がしていた。それもノロノロと。

やがて音がしなくなったと思ったら、Aが書庫の横を回り、やって来た。

蒼白な顔をしていた。

「あのー、課長はずっとここにいらしたんですか?」

と幾分震える声で恐る恐る聞いてきた。

「ああ、昼過ぎから精算書のチェックをずっとしていたよ。」

「じゃあ、私達のしていたことをご覧になっていたんですか。」

「出るに出られないタイミングで始まっちゃったからね。」

A下を向いて無言に。

「誰にも言わないし、今回だけは見なかったことにする。

だけど、就業時間中に、しかも社内でするのは止めてくれ。」

「課長、何でもしますから、内緒にして下さい。つい、…」

「だから、僕は今回だけは問題にする気は無いよ。以後、謹んでくれ。」

「ですから、私、何でもしますから。」

「分らないかなあ。

僕は見返りを求める気は全然無いから。誤解しないでくれよ。

分ったらここを出て行って、自然な感じでね。」

Aは項垂れて「分りました。」と泣きそうな声で言って書庫を出て行った。

オリジナル


告白体験談関連タグ

||||||||

【職場】乱れた職場  (一)【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月21日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ