相互リンク先の更新情報!

【レイプ】自慢の姉が同級生に犯された 【告白体験談】

カテゴリー:レイプ告白体験談
tag:


僕の姉は、僕の同級生にレイプされた。

犯った奴等の主犯格は、高木・柿崎の2人。

僕は私立の男子高校普通科の2年生だが、その2人は工業機械科。

工業機械科は学校の中でもガラの悪い生徒が群れなしており、僕ら普通科の

生徒はかなり虐げられていた。



高木と柿崎の2人は特にガラの悪い中心グループの主要格で、工業科の3年

生と仲が良く1年生に慕われていた。

主犯格の高木・柿崎は許せないが、もっと最悪に許せないのが、僕と同じ

中学校出身で、友達だと思っていた前川。

前川は中学校時代、僕の家にたまに遊びに来ては、僕の姉に勉強を教えても

らったりしていた。

前川はいつも「美人なお姉さんがいていいなぁ・・」と、僕を羨ましがり、

僕をいい気分にさせてくれていた。

前川が言っていた様に、僕の姉は大人しく真面目で優しい。近所の人からも




「綺麗なお姉さんだね。」としょっちゅう言われて、僕の自慢でもあった。

そんな姉の人生に、高木や柿崎など必要無く、出会う事などありえないはず

だった。

ある日、僕は高木と柿崎と他数名に、何の前触れも無く、急に呼び出さ

れ、テニス部でもないのにテニス部の部室に連れ込まれた。

奴等は無抵抗の僕の髪を鷲掴みにして引っ張り、壁に押し付けて腹に膝蹴り

をした。

僕は恐怖で逃げる事も助けを呼ぶ事もできず、ただ苦痛に耐えるしかなかっ

た。



ある程度痛めつけられた時に、高木が笑いながら「お前、明日、姉貴の裸を

デジカメで撮って来い。」と、要求された。

僕は奴等の言っている意味が咄嗟には理解できなかったが、姉を辱め、嬲り

者にする気だと気がつくと、「無理です。」と、高木達の要求をキッパリ断

った。

その瞬間、僕の呼吸ができなくなった。

高木の強烈な膝蹴りが、僕の腹に突き刺さり、僕は我慢できずにその場に倒

れこんで「オエェェッ」と、口から胃を吐き出しそうな激痛にのた打ち回っ

た。

苦悶の表情の僕の髪を鷲掴みにして、「もう一発、いくか?」と聞かれ、僕

は大きく首を振って助けを求めた。

「お前の姉ちゃんの裸が無理ならエロいパンティでも持って来い!いい

な!」と、高木に再度言われた。

僕はうなずくしか出来なかった。



つづき





出典:きくりん

リンク:


告白体験談関連タグ

||

【レイプ】自慢の姉が同級生に犯された 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月22日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ告白体験談

このページの先頭へ