相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】2つの事件と後日談【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


私は現在42歳で妻は37歳です、結婚して15年に成りました夫婦仲は普通でSEXは月に1度位です。

妻は身長165cmでバスト98cmのFカップで少々ポチャですが太くは無くて色気が有ります。

顔も体系も熟女のAV女優「風間ゆみ」さんによく似ています何人かの友人にも妻がよく似ていると指摘された事が過去に有りました。

つい3時間程前の出来事を書きます!



私の同級で親友で幼馴染のI(バツ1独身男)がいます。

IがGW最後の土曜日なので飲みに行こうと6時ごろ家に私の家に誘いに来ました。

調度子供も私の両親の家にお泊りなので晩御飯は外食にしようと妻と相談していました妻も交えて

3人で居酒屋に行く事にしました。

私はお酒に弱いので余り飲めませんが妻とIは相当飲んでいました。

妻とIはワインをボトルで3本全部飲んでしまいました、Iが酔ったのか勢いで愚痴り始めました。

「やっぱり離婚して寂しい」や「家に一人で居ると辛い」とか言い出しましたので私はIが酔って来てるなめんどくさいなーと思っていました。

私はほろ酔い程度でウーロン茶に切り替えましたが 2人はまだ飲んでいました…

Iが私の妻にお酒を注ぎながら「夜の夫婦生活してんの~?」と私たちに質問して来たので私は「当然やLOVE・LOVEやで」

と言うとIは「羨ましいなこんなベッピンな奥さんと…」と本当に羨ましそうに妻の方を見ています。




Iのその視線の先はどうも妻の胸の辺りばかり見ていました。

昨日は熱かったので妻はTシャツに軽く薄手の白い透け透けの上着で下は生脚で膝上5cm位の白のミニスカートです。

パンティとブラはセクシーな黒の細身の物でした妻の豊満な胸の谷間がモロ見えでした屈むと乳輪が見えそうでした妻を見慣れた私もドキドキする程です。

「ちなみに調度生理が終わったばかりで本当は昨日の夜は子供も家に居ないので妻と月一の夫婦LOVEする日でした。

私はIの視線が妻の胸と生脚を追っているのを見て何だか異様な嫉妬心というのか興奮しているというのか理解出来ない感情が溢れてきてました。

Iとは昔からの親友ですので男同士のHな話しで、妻と交際中の時からSEXの事など何したこれしたとかアレコレお互い報告し合える仲でした。

Iも元の奥さんの不倫も教えてくれたりしてお互い妄想したりして色々興奮していました。

妻はIの視線に気が付いていない様子でした。Iが酔っ払ったのか、興奮したのか解からないですが妻を褒めまくりました「久しぶりに会うけどホンマ綺麗なあ」

「年取ってから良い艶が出てるなー」「そのも胸たまらんわ~」「脚もホンマ綺麗なあ…ちょっと触らしてー」とか平気で言い出しました。

僕は妻が怒るんじゃ無いかと心配しましたが妻もなんだか「のりのり状態」でした。

妻は「料金高いで~」とIに言い返しました、妻も満更でも無い様子で2人の会話は下ネタのオンパレードでした仕舞いには酔っているのか

妻が「私が早漏で夜の夫婦生活に満足してい無い」や「サオが短小で奥の奥まで届かない」

とか「私にテクニック無い」とか「元彼の方が大きい」とか「男の経験人数まだ10人だとか」そう言う事までIに平気で話していました。

Iが「俺の名刀は良い仕事すんでー」とか妻に猛アピールしていました。

散々盛り上がってた妻でしたが気分が悪いと言い出してから壁にもたれ掛かる様にグッタリしています。

店員さんがラストオーダーを聞きに来た後1つ目の事件は起こりました。

私がトイレに行って戻る時見てしまいました。

Iは妻の横に座り介抱しているフリをしながら泥酔状態の妻の胸や太ももを触っている様子?

でした私はその様子を伺っていました…遠めで見ると服の上から胸を揉みながら片方の手は股間に挿し込まれている様子でした。

妻は「う~ん・う~ん」と唸っている様子で抵抗していませんでした、よほど気分が悪い様子です。

私が戻るとIは焦った感じで、妻の背中を擦りながら「奥さん吐きそう言うてるでー」

と誤魔化しました上着の釦が2つ程外されていました。

居酒屋の帰り道は最悪です2人の酔っ払いを安全に連れ帰れなければいけないからです。

Iは道路の真ん中で車が来て危ないのに酔拳?みたいな踊りをし始めるし。

妻は道端で座り込み何度もゲロ吐いているし私には大変な時間でしたが何とか私の家に着きました。

妻が「ああー気持ち悪ぅシャワー入る」とか言うので私は「今日はもう入らんで良いから早く寝たら?」と言うと

妻は私がIのためにリビングの床に敷いた布団に倒れこむように 寝てしまいました。

其れも酔っ払いのおっさんが寝るような格好です妻は布団の上で大の字に成り更に大股開きで寝ています。

Vゾーンが細目のパンティのせいでモロ見えでアソコの部分をおっぴろげ状態で陰唇の肉ビラと陰毛が肌と布の隙間から出ています。

Iが横で妻の股間を凝視しながら固まってしまいました。

「うわー奥さん大胆でんなーたまらんわー具まで出して…」と殆ど酔いが覚めた様子でしたので、私は「携帯で写真撮って良いで」

と言うと喜んで当然の用に撮っています。

「…まあ親友ですから以前から妻のアソコの写真くらいは見せた事が有ります」

私も酔ったのか興奮したのかその時は妻が知らなければ良いやと思い、ついIに「アソコ触っても良いで…」と言ってしまいました。

Iは「ホンマにエエの?」と喜んでいました。

私は妻が起きないようにそっとパンティを脱がしました。

まだ薄型のナプキンが張り付いていましたが、其れには血は付いていませんでした。

Iが大股開きで寝ている妻の股間の前に座り込みました。

当たり前ですが写真じゃなくて女性器をIに生で見せるのは初めてです。

熟女のアソコですから其れなりに使い込んで有りますのでグロいですが、Iが指マンしながら言っていました。

「気持ち良さそうなオマンコやな」と更に「締りもまあまあエエ感じや名器の部類に入る」と指2本で膣肉を「ズコズコ」掻き回しながら言っていました。

「ニチャ・ニチャ」といやらしい音が聞こえて来ました。

私がIに「さっきも胸と脚触ってたやろ?」と軽く言うとIは笑いながら「御免・御免」と言うので「俺の嫁はんの巨乳良かった?」と聞くと

Iが笑顔で「たまらんわ~メッチャ羨ましい」と素直に言うから私は勝ったような気持ちと離婚したIが何だか可哀想に成りました。

私は麦茶を取りに台所に行きましたリビングに戻ると2つ目の事件が起こりました、Iが何時の間にかズボンを脱ぎ肉棒を妻の股間に当てています。

私が声を出そうとした瞬間Iは「お願い一回で良いから挿れさしてくれもう我慢でけへん」と懇願してきたのでまあこうなると思っていたし妻も全然起きる様子が無いし。

妻も私と知り合った時既にヤリマンらしくて処女じゃ無かった女なので私は「ええよ」とIに言ってしまいました。

Iのチンポは中学校の修学旅行で見たことは有りましたが大人に成ってから見るの初めてでした…黒光りして少し右曲がりでした私の物より亀頭のエラが凄く大きいです。

其れが妻の中に「ズブブッ」と簡単に打ち込まれました。

私は携帯で撮影しまくりました、Iの太い肉棒が妻のオマンコを「…グチョ・グチョと遠慮ガチに掻き回しています」妻のアソコの具合が良いのかIは1分位のピストンで

で妻の恥丘辺りに射精してしまいました。「メッチャ出た…御免少し中に漏れたかも」と言いました。

まあ時期的に妊娠しないとは思いますが妻は相変らず大股を開いている格好で「爆睡・昏睡状態」です。

Iに右曲がりチンポを嵌められ中に精液出された事実も知らず寝ています。

妻の恥丘の陰毛にIの精液がベッタリ付いていましたが拭かずにそのままにしていました。

妻のオマンコを見てみると小陰唇の「ビラビラ」が左右に開いた状態のままでした膣口も完全に閉じなくて空洞形を作っています。

無意識状態で私よりも大きなIのチンポを受け入れたのですから筋肉が緩んだままなのでしょうか?

妻の汁かIの精液かはわかりませんが白透明な液体が膣口からドロリと少量流れ出て来ていました。

私はIに「本当は中で殆ど射精したやろ?」と言うとIは頭を掻きながら笑顔で「実は抜く瞬間ドクドク来て出てもうたねん御免」

と相変らず悪びれなく言うIには怒れずに私が「俺の嫁ハンのオマンコ如何やった?」と聞いてみるとIは「メッチャ気持ち良い又挿れたいわ~」

と言うから私は、Iが可愛くて「後でもう一回な」と言いましたIは目をパチクリして「ええの?」と驚いた様子でした。

私は「多分安全日やから大丈夫やから」と言うとIは「やったー今度は頑張るぞー」と喜んでいました。

次は私が挿入しようとしました。

私が「穴兄弟に成るの23年前の美和以来やな」と言うとIが「懐かしいな美和はHで誰でもさせてくれたな」と言いました。

19歳の時に私を童貞じゃ無くしてくれたのが同級生の美和です。

Iは当時付き合っていた彼女の美和にお願いして私に紹介して初体験までさせてくれたのです。

Iが言うには美和は浮気性でサセ子だから構わないと言ってくれました。

HでSEX大好き美和とは、アナルSEXもした事が有りました。

「Iのお下がり品なのでオマンコは相当緩かった記憶が有ります」

Iが言うには、その後美和は別の男と結婚して3人の子供を産み幸せに暮らしているそうです。

話しは戻りますが今度は私が妻に挿入しようとしましたが

興奮と妻が起きるかも知れないという緊張で中々硬く成らずにいましたが仕方無しに半勃起状態で妻に挿入しましたが結構すんなりと挿入出来ました。

私は「…うわっIの後やから昔と一緒でズボズボや」と冗談交じりで言いましたIは「そんなにしてへんでー美和の時はガバガバにしてたけど」とIも返してきました。

何か昔に戻ったみたいに興奮して私も1分持たない内に妻のオマンコの奥深く射精しました。

まだ妻は一向に起きる様子も無いので私はIと2人で妻のオマンコにキュウリや携帯電話などを挿入して遊んでいました。

Iが「そろそろチンチン勃って来たまた挿入したい」と言うので

私は「今度はもっとメチャ・クチャに掻き回してええで」と言いました。

Iは「そんなんしてもええの?起きひんかなー?」

私は「大丈夫好きなようにしてええで」私は妻が起きた時の事はもう考えませんでした。

今度はデジカメで動画撮影しました妻のアソコがIの肉棒で「グッチャ・グチャ」に音をたてながら激しく出入りしていました。

先ほど私が中出しした精液が外に掻き出されているのが見えました、妻のオマンコは膨張して赤く充血しています。

ネットで亀頭の形は女性の中に溜められた他人の男の精液を効率よく掻き出し自分の種を確実に受精させる為に

そんな形をしていると書いてあるのを読んだた事が有りますまさに目の前の行為がそれでした。

大きなIの亀頭が妻の肉壁を擦り上げています私の細身の亀頭で慣れていた妻の肉壷は私の物より一回りは完全に大きいIの亀頭に

掻き混ぜられて妻のアソコは完全に拡張されていました。

近くて見ているのですから分かります穴が違いが分かる位に拡げられてしまい大穴に成ってるのが確認できます。

Iが「奥さんのオマンコめっちゃくちゃ気持ち良い、奥まで咥え込んで」と興奮しながら言っています

私は「奥に子宮口のにコリコリが有るのが解かるやろ?」と言いました。

Iも「解かる亀頭ガンガンあたってるわ」と返しました私は「其の奥に更に突っ込んでみ?」と説明すると

Iが「まだまだ挿入出来るなー奥さん身長高いから奥深いなおもろいなー」とグイグイ押し付けるように根元まで挿入していると

妻が「ウーン・ウーン」とうなってきたのでIはあわてて妻から離れましたがまだ起きる様子も無く大丈夫でした。

大股開きの妻の太股に「肉便器・中出し専用」と書きました又Iが挿入しました激しく腰を振っています。



Iが「そろそろ出そう中に出すで?」と聞くので私は「奥に射精してええで」と言うとIは「オリャー」と叫びながら「パンパンパンパン」と激しくピストンして

肉棒が根元まで 挿った所でIの動きが止まりますIが「奥さん中で出すよイクッ」言いながら最後は妻の奥深くで射精しました。

Iが妻のオマンコに肉棒を思い切り根元まで挿れたまま「一杯出てる気持ちいいわー」と言っていました。

凄く興奮した私も妻に又挿入しましたがさっきよりも簡単になんの抵抗も無く「ヌルッ」と挿入出来てしまいました。

私が「うわっ…さっきよりもガバガバやん美和と一緒位やん」Iが「今度は遠慮せんと掻き回したからなあ~」

妻の大穴を見ていると興奮してしまい写真を撮りながらIに「俺の嫁ハン肉便器にしよ」と言いました。

其のあと2人で朝まで交代での膣内に射精しました。

合計すると6発分の精液です妻の大穴マンコは精液で「タプタプ」でした…

妻のアソコの精液も拭いてパンティも履かして落書きも消してから毛布をかけてからIと二人で「今日の事は秘蜜と言う事で」と握手をしました。

満足したIは朝6時頃に電車で自宅に帰って行きました。

10時頃妻が起き出して来ました「Iさんは?」と聞くので帰ったと言うと妻が「なんかアソコ痛いわー何かした?」と言いましたが

私は「知らんで凄い酔っていたでー直寝てたやん」と 誤魔化しましたが妻も自分のアソコに指を挿入した後

匂いを嗅いでいましたが、妻はそれ以上何も言いませんでした、本当は気が付いていたかも?この後数日たって無事に生理が来ました。

動画も撮影しましたIの肉棒が根元まで妻に挿入されている写真も撮影しました水性マジックで妻の太股に「肉便器。中出し専用」と書いて有るのも撮影もしました。

最後に精液タンク状態に成って大きな膣口から精液を垂れ流している妻のグロいオマンコ写真も撮りましたいまそれでオナニーするのが日課に成っています!

後日談

最近妻とはSEXしていません妻はなぜか私との月イチSEXも拒むように成りました。

理由が判明しました妻は本当は泥酔昏睡ハメ事件を知っていた様子でしたIに聞くと「妻からIに「Iさんの名刀満足でした」とメールしてきたらしく

更に私に内緒でホテルで何回か密会していたそうですそれも妻が誘惑したらしく…Iが私に土下座して来て謝罪しました。

私は怒りよりむしろ興奮して「ええよもっと続けて美和の時の貸しも有るし俺興奮するし」Iが驚いた様子で「ホンマにエエの?」と聞き返して

来たので私は「ハメ撮りとかして欲しいしもっと「メチャクチャ」にしてオマンコ壊してもエエで~」と言ってしまいました。

数日後IからDVDを受け取りました内容は妻がIの上に乗り騎乗位で腰を振り乱していました。

妻は「Iさんのオチンチン凄い~オチンチン凄い」とイキながら喚いていました…私は妻のイキ顔が愛おしく感じました。

去年の夏から半年程Iに妻を貸出ししていましたがIも元の奥さんと復縁してしまい妻は飽きられたのか?捨てられた形に成りました。

私にはIを攻める資格は有りませんむしろDVDなどで興奮さして貰ったのでしから…後でIに「半年で何回位嵌めた?」と聞くと

Iは「100回以上嵌めたから「ガバガバやで~」何でも挿入出来るグーも挿ったし大根とかで遊んだ」俺の名刀でも緩いゴメンと言いました。

私は「かまへんで俺内臓フェチやから大穴やったら子宮観察出来るし嬉しい」と返すとIも「見えるで~奥さん簡単に子宮口見えるで今度見てみ」

と笑いながらIに言われました。

昨日妻に久しぶりに求めました妻も受け入れてくれましたが本当に緩かったですこれは自業自得ですが…でも内臓も見えて楽しめました!


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

【人妻・熟女】2つの事件と後日談【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月23日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ