相互リンク先の更新情報!

【友達】10歳年上の女性 2【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


シャワーを先に浴びて僕はベッドに腰掛けて、かずみさんが来るのを待っていた。

シャワーの音が聞こえた。

しばらくしてシャワーの音がやんだ。

バスタオル姿のかずみさんが出てきた。僕を見るとちょっとだけ笑って、でもまっすぐに歩いてきて僕の隣に腰掛けた。

シャンプーの香りがまだ乾ききっていない髪から香る。

かずみさんは僕の手を取って、自分の腰にまわさせる。

そしてキスをしてきた。

僕は、かずみさんのバスタオルをはぎとった。

形の良いおっぱいが目の前に。

かずみさんは僕の手を引くようにしてベッドに倒れ込んだ。

「いらっしゃい」

僕はかずみさんのおっぱいにむしゃぶりついた。やわらかいかずみさんの体。

無我夢中だった。と、思う。体中をなめ回していた。

「はやく、だいの入れて。。。ここよ。そう、あん。」

かずみさんが導いてくれた。夢中で僕は腰を振った。




狭いワンルームのなかで、かずみさんの声とベッドのきしむ音が響く。

かずみさんに締め上げられてる気がして、僕も急にこみ上げてきた。

「ああ。。。かずみさん、だめだ。僕。。。」

「いいの?気持ちいいの?だい、いいわよ」

かろうじて僕はかずみさんのお腹にぶちまけていた。

「うれしい。だい、気持ちよかったのね。」

「。。。うん。」

そのあと、僕は仰向けにされて、今度はかずみさんに体中をなめまわされた。

そのままかずみさんが上から僕のモノを受け入れて、自分で腰を動かして喘いでいた。

「あああ、かずみさん。だめ。気持ちいいです。」

「だめ。。。まだよ。我慢して。。。。もう少し。。」

そうはいっても駄目だった。僕は思わずそのまま射精してしまった。

ベッドの中でじゃれ合ったり、そのまま二人で抱き合って眠ったり。すごくいい思い出でした。


告白体験談関連タグ

||||||

【友達】10歳年上の女性 2【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月25日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ