相互リンク先の更新情報!

【友達】フェラテク最高のプス【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


今日、メル友20歳♀と面接してきました。事前に写メはもらっていて、ちょいブスぐらいかな?と思いながら行きました。

駅で待ち合わせたところ、いくら待っても来ない。帰ろうとする→メールが来る。の繰り返しでなんと三時間経過…。

それだけ飢えていた自分なんですが、やっとのことでご対面。徐々に近づいてみると…

ん??なんか変じゃねーか?



例えるなら…松井秀喜を上から潰して、肉を付けた感じ。肌は荒れ荒れでした。

で、一瞬どうやって帰ろうか考えました。しかし、すでに逃げれる距離でもなく、そのままご対面。

むこうはものスゴい乗り気らしく、テンション高め。ホ

テルまでの道のり「私、ブスでしょ~?」とそんな気持ち微塵もない感じで何回も聞いてくる。

ブス過ぎて言葉出ない自分(*_*)

ホント~に逃げたかったんだが、慣れた感じでゴジ子の行きつけのホテルに到着。そのまま入室…。

部屋は年末ってこともあり、高め。しかも急に金ないとか言って、九割こっち持ち(–;)

部屋に入ると、とりあえずテレビ見る。

いろいろ個人情報を探ってくるゴジ子。

テレビがん見でシカトしまくる自分…。




我慢できなくなったのか、目の前で挑発してくるゴジ子。自称巨乳という話どうり、確かにデカい。腹もたっぷん②。



最初は気持ち悪い…と思っていた自分だが、三時間も待った性欲がだんだんと復活してくる。

もう顔は見ないことにした自分。

そのゴジ子の胸を揉みまくり、ブラを強引に取る。その間ゴジ子はあえぎ続ける。声だけは意外と良い。

胸が感じるらしく、すぐに乳首が堅くなる。

早く入れたいので、そのまま手マン。すでにゴジ子は洪水状態。

1、2分手マンしたあと、フェラを命じると、喜んでくわえるゴジ子。

そこで異常発生

異常発生…なんと超絶のテク!!

これまで10数人にフェラされてきたが、ものスゴい上手い…。

不覚にもイキそうになり、やめさせようとしたが、勝手にパイズリに移行するゴジ子(・・;)

もうモードに入っているので、

「イキそうなんだけど…」と言うと、

ゴジ子「えっ?じゃあ顔にかけて」

という信じられない答え…。

そのまま3日溜めたおれのをゴジ子の顔面にぶちまけてやった。

ブスに顔射すると、かなりスッキリする。

ゴジ子は顔に付いた精子を舐めながら、自分の股をさわりながら、「こっちにも頂戴」と言い出す。



「えっ?(゜Д゜)」という状態になりながら、即復活するおれ。

会う前の約束どおり、生で挿入。

中は…意外と締まりがあり、生だけあって気持ち良い。

股を開かせようと、足を持つとすね毛を剃って一週間ぐらい放置したのか、ジョリジョリ…そこで若干萎える自分(=_=;)

相変わらずゴジ子はあえいでいる。胸と腹がタプタプ揺れると、またまた萎える。

しかも、キスを求めてくるゴジ子……。

それをかわしながら、バックに移る。

ゴジ子はバック初らしく、照れた顔を見せるが、顔をガン見すると萎えるので、シカト。



バックにしたのはいいが、ケツが…ケツがデカいし汚い(*_*)

これ以上萎えると本当に萎えるので、自分の頭の中で好きなAVのシーンを妄想しながら突きまくる。

ケツを叩くと「痛いよぉ」と言いながら喜ぶゴジ子。

もはや限界が近づき、「どこに出して欲しい」と聞くと

ゴジ「口…中でもいいよ」

おれ「マジで?出しちゃうよ?」

ゴジ「いっぱい出して」

というやり取りした後、思いっきり中出し(・∀・)



当時俺は童貞で、とにかくセックスしたかった。

某メル友募集掲示板で、彼氏を募集している女(たしか23)と知り合う。

写メ交換したら、モンスター。でもとにかくセックスがしたかった。

徹夜で「セックスさせて」メールを送る。ゴムつけることを条件に、相手なぜか折れる。

メールのやりとりをはじめて24時間もしないうちに相手の最寄駅で待ち合わせ。

写メよりはすこしマシだったけどやはりモンスター。

パンク系?な格好でオーバーニソックスだったのが救い。



27 えっちな18禁さん sage New! 2009/01/01(木) 14:30:08 ID:6AcaLY1QO

中出しした瞬間、我に帰った…(=_=;)

ホテルの時間はまだ一時間以上残っていたが、用事があると言って帰ってきた。

中出しは…できてないことを祈る

ちなみにその子はぽっちゃりです。

いくら相手がモンスターとはいえ、俺は俺で童貞。

完全に性欲にのまれていて、家に向かって歩いてるときから勃起しまくってた。

通行人の視線を気にしながら駅から徒歩数分到着。

女はこれからする行為に対して恥ずかしい思いからか「暑い、暑い」と扇風機の前で汗を拭いている。

俺、女の後ろからCカップの乳を揉みながらベッドに誘導。

おっぱいもんで、フェラしてもらってスマタ。

生で入れたかったのでスマタから偶然を装って挿入を試みる。

普通に入る。気持ちよすぎる。

続いて正常位。女のあそこの気持ちよさと腰を振ることの難しさ、そしてすこしでも油断すると出ちゃうということを学ぶ。

中だしはさすがに怖かったので、フェラでごっくんさせた。



冷静になっていくつか思うことがあった。

まず刺激への弱さ、腰を振ることの難しさなどから自分のセックスに自信がなくなった。

とんだ不細工とやってしまったことに後悔、絶望。すさまじい自己嫌悪。

修羅場を経験してなんとか帰りました。

ただそれからメル友を作ってセックスするということに異常な興奮を覚えるようになりました。

その女とはそれっきりですが、今思えばセフレにしとけばよかった。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||

【友達】フェラテク最高のプス【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年12月25日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ